廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

先日、ケバエ科3種の検索を行いました。今日はマンションの廊下に大型のケバエ科であるハグロケバエが2匹いました。早速、捕まえてきて、Hardy and Takahashi (1960)の論文に載っている検索表を用いて調べてみました。

イメージ 1

ハグロケバエというのはこんな虫です。これは昨年撮影したものですが、捕まえてきた個体は♂で体長は12mmほどありました。ケバエ科の中では唯一見てすぐに分かる種類だと思います。

検索表では、まず最初に「前脚脛節の外側の刺の先端が丸くなっている」という項目があるのですが、ハグロケバエはまさにそれに該当します。

イメージ 2

これは前脚脛節の刺の写真ですが、外側の刺は大きい方です。この刺を横から見たのが右の写真ですが、先端が丸くなっていることがよく分かります。従って、検索表を使って一発で決定できるので、ちょっと嬉しくなります。

ついでに各部を見ていきます。写真はいずれも実体顕微鏡を用いて、焦点位置を変えて何枚も撮影し、深度合成の方法を使って作成しています。

イメージ 3

翅は薄黒くて、Rsと書いた部分の脈の長さがr-m脈の2倍くらい長くなっています。また、CuA1脈は途中で途切れています(翅脈の名称は正確ではないかもしれません)。

イメージ 4

これは腹部先端を背側から見たところです。ここで見える腹部背板第9節は種によって形が違うことが多いので、識別によく用いられています。ハグロケバエではV字型の切り込みがあります。交尾器の形は重要な決め手なのですが、私はまだ十分に把握していません。

イメージ 5

イメージ 6

ついでに頭部の写真も撮ってみました。♂なので大きな複眼が付いています。後ろ側には単眼3個ついていることが分かります。短い触角と長い口肢が見えています。今度、♀がいたらもう一度調べてみたいなと思っています。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

これだけは分かりやすくて良いですよね(笑)
それにしても翅脈の画像が綺麗で見易いですね。 削除

2014/5/1(木) 午前 1:33 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

名前が分かっていて検索をするのは楽でよいですね。今回、ハグロケバエの前脚の刺の先が丸いというを初めて知りました。面白いですね、種でいろいろ変化するなんて。虫を拡大して見ていると楽しくて仕方ありません。

2014/5/1(木) 午前 7:22 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事