廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第257弾

5月になって急に蛾が増えてきました。それもシャクガ科が多い感じです。今日は甲虫や毛虫も多かったのですが、名前調べが終わっていないので、とりあえず、その他の昆虫から報告します。

イメージ 1

まず、この大型の蛾からです。この蛾はクロフオオシロエダシャクといいます。私はこれまで7月に採集していました。

イメージ 2

この蛾は綺麗なのですが、蛾の写真を撮る人が見ると、ちょっと顔をしかめる種です。似た種があまりにも多いからです。とりあえず、前翅に環状紋があり、後翅の外横紋列が一列というところで、少し種が絞れますが、それでもヒメマダラ、ヘリグロマダラ、クロマダラ、ヒトスジマダラという、まだ4種のマダラエダシャクが残っています。交尾器はそれぞれ違うようで、「標準図鑑」にはその図が描かれていました。

イメージ 3

これはウスオエダシャクです。床に止まっていたので、綺麗に写すことができました。

イメージ 4

この間も出てきたツマキリエダシャクです。似た種にツツジツマキリエダシャクがいるのですが、写真ではよく分かりません。

イメージ 5

これはツマキリウスキエダシャクといいます。ちょっと目立たない感じの蛾です。以上がシャクガ科ですが、ナミシャクの多かった4月と比べて、だいぶ様変わりしている感じです。

イメージ 6

これはヤガ科のトビモンアツバです。

イメージ 7

それに、ナカジロアツバです。共に、地下駐車場にいました。一時期、閑散としていた地下駐車場ですが、ちょっと賑やかになってきました。何年か前にマンションの照明を赤っぽい色に変えてしまいました。そのため、虫がずいぶん減ったのですが、地下駐車場だけは以前の青っぽい照明のままなので、ちょっと期待していました。

イメージ 8

これはキシャチホコウスキシャチホコの♂です。この2種で♂の触角が両櫛歯状、歯牙状と全く違うのですが、残念ながらこの写真からは触角が見えません。

イメージ 9

やや大型のハマキガで、チャハマキだと思います。

イメージ 10

これもハマキガだと思うのですが、ほとんど特徴がなくて種が分かりません。かすかに見える模様と翅の形を頼りに探すと、模様変化の多いチャノコカクモンハマキあたりかなと思うのですが、どうでしょう。

イメージ 11

翅の中央に黒っぽい紋があるので、シバツトガかなと思います。

次からは蛾以外の虫です。

イメージ 12

翅を重ねていないので何だろうと思いますが、カスミカメの仲間です。ケブカキベリナガカスミカメです。昨年も4/30と5/2に見ていました。ちょうど同じ頃に見られるのですね。

イメージ 13

これもカスミカメですが、名前調べに少し手こずりました。でも、触角の第1節が黒で、第2節がやや太くて黄色なのを手がかりに探すと、クヌギトビカスミカメに似ています。ただ、「原色日本カメムシ図鑑第2巻」には、分布が四国、九州となっていて、私の住んでいる近畿は入っていません。昨年も実は4/30に見ていて、その時はチャマダラカスミカメだとしていたのですが、触角が全然違っていました。

イメージ 14

イメージ 15

先日、ハグロケバエ♂を調べて、次に♀を調べたいと思っていたので、ちょうどいいと思って喜んで採集しました。しかし、調べてみると何か変です。なぜなら、特徴的な前脚脛節の刺がないからです。また、翅脈も少し違います。さらに、腹部がやけに大きな感じです。そこで、もう一度調べ直してみました。ケバエ科であることが間違いないのですが、翅脈からPlecia属であることが分かりました。ちなみに、ハグロケバエはBibio属です。さらに検索を進めていくと、Plecia hadrosomaという種にたどり着きました。素人がやっている検索なのであまりあてにはなりませんが、詳細はまた今度報告します。(追記:採集してきた個体の体長は約9.5mm、翅長は約10.5mmでした

イメージ 16

フタツメカワゲラ属♂のカワゲラです。先日、♀については「なにこれ生き物探検のブログ」に載せました。廊下で見つけたカワゲラですが、ついでですので「なにこれ生き物探検のブログ」の方に調べた結果を載せたいと思います。結果は、「日本産水生昆虫」にNeoperla sp.と出ている種と♂交尾器が非常によく似ていました。この時はまだ学名がなかったのですが、淡水ベントス研究所のホームページによると、その後、学名と和名が付けられたようです。しかし、詳細が分からないのでこれ以上先へは進めません。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ユウマダラ以外のAbraxasはもう属止まりです(笑)

Pleciaは去年の今頃に初めて見付けたんですが、触角が重要とは知らずにこちらも属止まりでした。 削除

2014/5/2(金) 午後 10:48 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

マダラエダシャクは目立つのでよく撮影するのですが、名前が付けられなくていつも困ってしまいます。せめて似ている種をまとめて呼ぶ正式名があるとよいなと常々思っています。○○の一種とか、○○の仲間というのは如何にも不正確な呼び方のような気がして・・・。

私はてっきりハグロケバエだと思っていたので、Plecia属だと知ってびっくりしました。こんな大型でハグロケバエ以外のケバエがいるなんて・・・。よくご存知ですね。触角の節数を私も数えました(笑)。

2014/5/3(土) 午前 5:34 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事