廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

ウツギヒメハナバチ?

マンションの敷地で芝生が植えてあるところがあります。その芝生が切れた部分に、例年、花粉をいっぱい付けたハチがたくさん飛んでいて、穴に出たり入ったりしていました。ちょっと興味が湧いたので、昨年、ちょっと調べてみました

すると、これはウツギヒメハナバチというヒメハナバチ科のハチで、ウツギの花粉を集めてきて、穴の中で団子を作り、それに卵を産んでは埋めるということを繰り返すハチだと分かりました。兵庫県のある寺では境内いっぱいにこのような穴があり、県指定の天然記念物にもなっているそうです。

昨年はこのハチを見つけたのが5月末で、その頃から6月中旬までのウツギの花が咲いている時期に活動するハチであることも分かりました。

ところが、今年、一昨日の5月8日、昨年と同じ場所でハチが2−3匹飛んでいるのを見つけました。

イメージ 1

イメージ 2

こんなハチです。

イメージ 3


イメージ 4

しきりに穴に出たり入ったりして、地面すれすれに飛び回っています。顔の白い部分を頭盾といって、この部分が白いのは♂です。よく見るとどれも皆♂のようです。♂が穴に入るのは♀を探すためですが、♂はちょっと早めに発生しているのでしょうか。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

同時に一斉に羽化するものを除けば、オスが先に羽化してメスを待つのが普通なんだと思いますね。
自分の遺伝子を残そうとすると、メスが羽化するより先に羽化していた方が競争に有利でしょうからね。
メスをめぐって争う様なカブトムシやクワガタなどは、オスが大型化して羽化が遅くなりがちですが、チョウやホタル、セミ、社会性を持たないハチなどはオスが先に羽化している様です。 削除

2014/5/10(土) 午後 11:22 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、いつも教えていただき勉強になります。

やはりそうでしたか。なぜかオスばかりいるので、そうではないかと思っていました。ウツギの花はまだ咲いていないのですが、顔をみるとちょっと花粉が付いています。何か別の花の蜜を吸いにいったのかもしれませんね。メスがいつ頃から出てくるのか待ち遠しいです。

2014/5/11(日) 午前 6:33 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事