廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第265弾

毛虫を見たい人はあまりいないでしょうが、記録のためにこの一週間にマンションで見つけた毛虫を紹介します。毛虫の嫌いな人は見ないで下さいね。

5月に入ってから、急にマンションの外壁を歩く毛虫の姿が目につくようになりました。初めは小さな毛虫だったのですが、一週間で徐々に大きくなり、そのうち、廊下の床や壁でも見かけるようになりました。昨年まではこんなに多かったという記憶がありません。手元に某市の2月の鳥一斉調査の結果がありますが、今年は例年に比べ鳥の数が半減しているようです。特にスズメが1/4以下になっているということらしいです。こんなことが関係しているのかもしれません。

それでは、毛虫の写真です。名前については、手元に「原色日本蛾幼虫図鑑(上下)」と「日本産幼虫図鑑」があるので、その範囲内での判断です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

こんな毛虫は実は今年初めて見たのですが、これはオカモトトゲエダシャクの幼虫のようです。ほとんど毎日のように見かけます。ピンク色の模様の入り方にだいぶバリエーションがあります。オカモトトゲエダシャクは2月末から3月にかけて成虫が発生します。翅を折りたたんだ変わった止まり方が特徴です。幼虫はやや毒々しい感じです。(追記:通りすがりさんから、これは鳥の糞に擬態しているとのコメントをいただきました

イメージ 4

イメージ 5

これも3月ごろに発生する早春の蛾、ヒロバトガリエダシャクの幼虫です。成虫はやや地味なのですが、幼虫は結構派手な色合いをしています。顔が何となくユーモラスですね。

イメージ 6

これも早春の蛾、ホシボシトガリバの幼虫です。マユミトガリバの幼虫に似ていて、どっちだと言われると自信がありません。(追記:通りすがりさんから、肛上板で見分けるというコメントを頂きました。肛上板とは末端の上側の部分です。図鑑をみると、ホシボシでは肛上板と尾脚が黄褐色で目立つとあります。この個体はあまり目立たないので、ひょっとするとマユミの方かもしれません。今度、もう少しよく見てみます

イメージ 7

こちらは晩秋の蛾、ニトベエダシャクの幼虫です。成虫は目立つ模様なのですが、幼虫は意外に地味です。成虫は毎年11月ごろに、マンションの廊下を賑わせますが、幼虫の姿は初めて見ました。

イメージ 8

これも晩秋の蛾、チャエダシャクの幼虫です。成虫はほぼ11月に発生します。この頃発生する蛾の中では大きいので、目立った存在です。成虫の翅の色は灰褐色の地味な色ですが、幼虫もそんな感じです。幼虫はお茶の害虫ですが、そのほかにもバラ科、クルミ科、ミカン科などいろいろなものを食べます。

イメージ 9

越冬組のキバラモクメキリガの幼虫だと思われます。胴体の模様は図鑑と違うのですが、頭のところにある台形の黒い模様は独特なので、間違いはないのではと思われます。以前は成虫がたくさんいたのですが、最近は少し減っている感じです。

イメージ 10

もうちょっとで名前が分かりそうなのですが、残念ながら手元の資料では一致する種が見つかりませんでした。
名前の分からない種です。

イメージ 11

これももうちょっとで分かりそうなのですが、残念ながら名前調べを挫折した毛虫です。(追記:通りすがりさんから、シロヘリキリガではというコメントを頂きました。ネットで調べると、まさにその通りでした

イメージ 12

最後のこの毛虫は特徴が少ないので、名前は分からないかもと思っていましたが、やはり分かりませんでした。

こんな毛虫の名前がみな分かって、廊下で見られる成虫と対比できると面白いなと思っています。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

オカモトトゲエダシャクの幼虫は栗の葉裏で鳥糞に擬態して丸くなってるのを見付けたことがあります。
葉裏で鳥糞擬態は騙されません(笑)
終齢になると緑と白の幼虫になって目立たなくなってましたね。

マユミトガリバとホシボシトガリバの幼虫は肛上板で見分けられた様な…

不明の2枚目はシロヘリキリガ?

今年は鳥が少ないという話をよく目にしますが、確かに少ないという実感が早春からありますし、大雪の後にカワラヒワやヒヨドリなどの死体を目にしていました。
今年の冬が厳しかった影響で死んでしまったものや、別の場所を求めて移動していったのか、今年は見られなかった鳥がいくつかありますね。 削除

2014/5/12(月) 午前 0:55 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

昨日、公園にいったら、ツツジの葉にいろいろな種類の毛虫がいて、猛烈な勢いで葉を食べていました。その中で、ひときわ大きかったのがオカモトトゲエダシャクでした。あの色は鳥の糞に擬態しているのですか。

ホシボシトガリバ、図鑑には「肛上板と尾脚は黄色で目立つ」とありますね。写真をみるとあまり目立たないような。すると、マユミの方なのでしょうか。

シロヘリキリガで良さそうですね。私は図鑑に載っていたアカバキリガあたりが近いなと思っていました。どうも有難うございました。

2014/5/12(月) 午後 2:20 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事