廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第266弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。昨日は蛾が多かったので、後でまとめて出すことにして、それ以外の虫をまず紹介します。

イメージ 1

最初の虫はこのコメツキです。コメツキはどれも似ていて、写真を撮ってもどうせ名前が分からないやと思って、ずっと避けていたのですが、この日は採集して観察してみました。

「絵解きで調べる昆虫」には検索表も出ていたので、とりあえず亜科の検索を行いました。触角が複眼に近いこと、前胸腹板突起が長いことを確認して、中胸基節腔が開いているか、閉じているかという意味がよく分からず、大顎の小歯もよく分からず、ともかく突き進んでいったら、脚の爪が鋸歯状かという項目になりました。それで、爪を見たらびっくり。こんな爪をしていました。

イメージ 2

この項目をYESとすると、クシコメツキ亜科になります。「原色日本甲虫図鑑III」を見てみると、それらしい個体もいて、体長が12.5mmであることを考えると、クロツヤクシコメツキあたりが似ているなと思いました。ただし、クシコメツキ亜科には60種ほどいるようなので、最終的にはよく分かりません。

でも、「絵解きで調べる昆虫」のクシコメツキ亜科の説明を読んだら、ちょっと迷い始めました。爪には櫛歯状と鋸歯状があって、前者はコメツキ亜科アシブトコメツキ族、後者はクシコメツキ亜科になっています。この写真の爪はどちらかといえば櫛歯状に見えるのですが、その他の特徴はクシコメツキ亜科と似ている感じです。

イメージ 3

例えば、前頭横隆線はU字型という項目があるのですが、上の写真とよく合っているように見えるし、クロツヤクシコメツキの説明に書かれていた、触角第3節は第2節より明らかに長く、第2、第3節の和は第4節よりわずかに長いというのも合っているようです。結局、爪が櫛歯状、鋸歯状の差がよく分からないというところで行き詰まってしまいましたが、今まで入れなかったコメツキの世界にも一歩踏み出したという感じです。

イメージ 8

コメツキといえば大型のコメツキもいました。「原色日本甲虫図鑑III」を見ると、オオフタモンウバタマコメツキ(Cryptalas larvatus)の亜種C. l. piniのようです。原名亜種は南方系で、本州にはこちらの亜種が分布しているとのことです。

その他の甲虫は常連たちばかりでした。

イメージ 4

キイロナガツツハムシも2匹いました。

イメージ 5

その他、クリイロコガネもいましたし、

イメージ 6

アオハムシダマシはたくさんいました。

イメージ 7

キラチャイロコガネとした個体はなぜかたくさんいます。

イメージ 9

こんなカメムシもいました。ホシハラビロヘリカメムシかハラビロヘリカメムシというところなのですが、この両者の違いがいつもはっきりしないので、調べてみました。「日本原色カメムシ図鑑第3巻」には検索表が出ていて、ハラビロは「触角第1節が短く、複眼を含む頭部の幅より短い」とあります。この写真をみると、第1節は長いようで、従って、ホシハラビロということになるのですが、過去の写真で第1節が短そうな個体を探してみました。

イメージ 10

この写真は昨年5月12日に撮った個体です。こちらは触角第1節は明らかに短いようです。さらに、ハラビロの方は、触角第2、3節が扁平な三角形状になっているということで、下の写真の個体では上の写真の個体に比べて第2,3節が太く写っています。ということで、上はホシハラビロヘリカメムシ、下はハラビロヘリカメムシだと思われます。

イメージ 11

最後はハチです。今のところ、ハチは手付かずですが、そのうち、ハチの名前も調べてみたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

櫛歯状だと思うんですけど、困ったことにクシコメツキもアシブトコメツキも難しくて分からないことに変わりがありません。
ついでにシモフリコメツキも…
だからこそ少しでも分かりそうなものを見付けると調べては挫折し(笑)、アカコメツキの様な特徴的なものを見付けて喜んでは、やっぱり近似種との見分けに細部を見なければならなかったりと苦労の絶えない仲間ですが、それだけに判った時の喜びが大きいですね。
まあ、年間を通しても一桁しか名前の分かる種なんてないですけどね。 削除

2014/5/12(月) 午前 1:23 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

コメツキは大変な世界なのですね。爪の櫛歯あるいは鋸歯の写真を見つけようと思ってネットを探し回ったのですが、なかなか見つかりません。どの論文も触角と交尾器だけで・・・。一か所、ホームページでぼやぼやとした写真を見つけたのですが、Melanotus属でも今回の写真のような櫛歯状でした。鋸歯、櫛歯という表現がはっきりしませんね。コメツキ、もう少し粘ってみます。きっと挫折するとは思いますが・・・。

2014/5/12(月) 午後 2:07 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事