廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第268弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。昨日はなぜか甲虫が多かったです。その中でも特にハムシとカミキリが多い感じでした。

イメージ 1

イメージ 2

綺麗なハムシが2匹いました。名前はヨツモンクロツツハムシと言って、カシワ類、ウワミズザクラを食するようです。色鮮やかなので、廊下にいると遠くからでもよく見えました。

イメージ 3

この間のリンゴコフキハムシと似て、毛がいっぱい生えています。セアカケブカサルハムシではないかと思ったのですが、ちょっと自信はありません。

イメージ 4

そのリンゴコフキハムシですが、この日の個体は毛がなくなってツヤが出ていました。

イメージ 5

これはドウガネサルハムシでしょうか。ツヤがあって綺麗なハムシです。食草はノブドウのようです。

イメージ 6

それから、この間からいるクロボシツツハムシです。これだけハムシがいると、ちょっと採集に行ったような気分になりますね。

イメージ 7

先日見たムネマダラトラカミキリがまたいました。廊下の手すりにはいろいろな虫が止まっているのですが、どこからか飛んできて、ちょうどよい止まり場所があるので止まるのでしょうね。

イメージ 8

これはキバネニセハムシハナカミキリではないかと思います。確かにちょっとハムシに似ていて、初めハムシのところを探しました。

イメージ 9

これは先日もいたホタルカミキリです。

イメージ 10

そして、ベニカミキリです。

イメージ 11

この日、一番分からなかったのはこの虫です。はじめ何の仲間かさっぱり分からなかったので、図鑑を端から見ていき、ようやく辿り着きました。まさかタマムシの仲間だとは思いもよりませんでした。フチトリヒメヒラタタマムシというようです。変わった形ですね。

イメージ 12

やはり廊下の手すりに止まっていました。アシナガオトシブミだと思います。これも変わった形ですね。

イメージ 13

イメージ 14

最後はこのゾウムシです。比較的に大きいし、模様もあるし、名前調べは簡単だなと思ったのですが、似た種があって、意外に手こずりました。触角の先端節とその前の節の形から、リンゴアナアキゾウムシとしたのですが、どうでしょうか。

甲虫以外は、次に回します。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

セアカケブカサルハムシではなくて、カサハラハムシの仲間の様ですね。
ハムシもカミキリも意外と飛び回ってるんですね。

タマムシも小型種を中心に難解なものが多いですが、こんな縁取りのあるものも居るんですね。
来年は時間を作ってチビタマとナガタマを見に行ってみよう。

アナアキゾウはホストに居てくれないと調べるのが面倒ですよね(笑) 削除

2014/5/13(火) 午後 7:51 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

カサハラハムシですか。図鑑では色がずいぶん違ったのですが、ネットで画像検索をすると似たような色の個体もいました。こういうハムシはどの辺を見たら良いのでしょうか。

アナアキゾウムシはやはり難しいのですかぁ。甲虫はどれも皆難しくて弱ってしまいます。

2014/5/13(火) 午後 9:03 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

関東ではニホンケブカサルハムシとカサハラハムシの仲間の見分けだけでほぼ済んでしまうので、胸部の形や色だけで済んでしまいます。
平野部では都市化や宅地化で見られるものが少ないところが多いんですよね。 削除

2014/5/14(水) 午後 7:03 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

そうですか。雑木林の近くのマンションなので、種類も多いかもしれません。それだけ楽しみも多いけれど、苦しみもまた多いですね。

2014/5/15(木) 午前 6:03 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事