廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第273弾

昨日の「廊下のむし探検」の蛾とカメムシの報告です。最近、虫が多すぎて、2回に分けて出さなくてはいけないくらいなので、ちょっとしんどくなっています。

今日の最初はこの蛾からです。

イメージ 1

緑色が綺麗な蛾です。ヒメカギバアオシャクといいます。アオシャクの緑色はよく抜けて薄茶色になってしまうのですが、「大図鑑」によると、この蛾は退色しにくいと書かれていました。確かに、私の標本箱でも緑が綺麗に残っていました。

イメージ 2

他にもシャクガの仲間がいました。これはフタテンオエダシャクです。

イメージ 3

そして、これは前翅と後翅を離して止まるツマジロエダシャクですね。

イメージ 4

それから数の多いツマキエダシャクです。この蛾もいろいろと色の変異があります。こんな単純な模様の個体もいました。

イメージ 5

それから、おそらくツマキリエダシャクと思われる個体です。

イメージ 6

この蛾は初めて見ました。翅に筋がいっぱい入っています。スジツトガというようです。

イメージ 7

地下駐車場は暗いので、フラッシュをたいてもちょっと薄暗くなってしまいます。これは、チャオビヨトウという蛾です。

イメージ 8

最後の蛾には、似た種が多いのですが、翅の端の中央部にV字が見えるので、ヒメツマキリヨトウだと思います。

次はカメムシです。

イメージ 9

綺麗なカメムシです。図鑑とはだいぶ色が違うのですが、おそらくナガボシカメムシだと思います。

イメージ 10

この間書いたハラビロヘリカメムシとホシハラビロヘリカメムシの違いから、触角第1節が短いので、おそらくハラビロヘリカメムシの方だと思います。

イメージ 11

イメージ 12

ヒラタカメムシの仲間です。上はトビイロオオヒラタカメムシかなと思われる個体、下はイボヒラタカメムシだと思われる個体です。

ヒラタカメムシの検索がなかなかできないので、出てきた時に適当に名前を書いていましたが、今まで撮った写真を整理してみました。どうやらマンションで見ているヒラタカメムシは全部で4種のようです。トビイロオオヒラタ、イボヒラタ、アラゲオオヒラタ、ノコギリヒラタです。今日はマンションの廊下に採集旅行に出かけ、3種を採集してきました。これに手元の1種の標本を加えると全種類が揃ったことになります。今度、頑張って検索をしてみます。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

これは綺麗なアオシャクですね。
緑がある蛾を見付けると嬉しくなりますが、最近はウスアカモンナミシャクとソトシロオビナミシャクしか見てないです…

この時期は種類が豊富な上に、甲虫も蛾もカメムシも多くて大変な時期ですよね。 削除

2014/5/14(水) 午後 7:52 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、いつもコメントをいただいて有難うございます。これだけ多いと、見る方も大変ですよね。廊下を歩くのは面白いのですが、これがいつまで続くのかと考えると憂鬱になります。でも、お陰様で、甲虫が少し分かるようになってきました。

茶色の蛾ばかりを見ていると、大型のアオシャクの緑を見るとどきっとしてしまいます。

2014/5/15(木) 午前 5:52 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事