廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第279弾

昨日、マンションの廊下を歩いていたら、こんな綺麗なカミキリがいました。

イメージ 2

イメージ 1

名前を調べてみると、ヨツキボシカミキリというようです。私は初めて見たのですが、日本全土に分布していて、ヌルデの枯れ木によくいるようです。

こんな変わったカミキリもいました。

イメージ 3

イメージ 4

カミキリのようですが、翅が実に奇妙です。全体の1/3か1/4ほどしかありません。図鑑をぱらぱらとめくっていたら、コバネカミキリという種類のあることが分かりました。翅に白い紋があるので、オオホソコバネカミキリかなと思ったのですが、似た種があってはっきりとはしません。それにしても変わったカミキリがいるものです。(追記:通りすがりさんから、ヤマトチビコバネカミキリでは?というコメントをいただきました。調べてみたのですが、よく分かりませんでした

イメージ 5

こちらはこの間からいるヒメクロトラカミキリです。こういう小さなカミキリは好きです。

イメージ 6

コメツキです。何となく雰囲気から、クシコメツキの仲間かなと思いました。

イメージ 7

こちらはお馴染みのアカハラクロコメツキでしょうね。コメツキも少し違いが分かるようになってきました。

イメージ 8

この変わった虫はサビマダラオオホソカタムシです。昨年は9-10月頃に見たのですが、今年は5月に見たことになります。

イメージ 9

イメージ 10

ヤニサシガメが2匹いました。体がベトベトした感じです。松の樹で生活し、松ヤニを体につけているということです。ネットで調べると、このようにヤニを体につけるのは、小さな虫を捕獲するときに捕まえやすくなり有利だという研究結果がありました。

イメージ 11

一昨日から見始めたヨコヅナサシガメです。近くで見ると、何となく不気味ですね。

イメージ 12

これはオオツマキヘリカメムシです。(追記2015/10/05:これはホオズキカメムシのようです

イメージ 13

こちらはマルツチカメムシだと思います。「日本原色カメムシ図鑑第3巻」には、ツチカメムシ類の検索表がありました。写真だけでもある程度は検索が可能でした。最後のハマベツチカメムシとの区別が微妙だったのですが、浜辺ではないので、おそらくマルツチカメムシかなと思いました。

イメージ 14

小さなカメムシでムラサキナガカメムシといいます。数だけからいうとマンションで一番多い種かもしれません。小さいので目立ちませんが。

蛾とその他の虫については次回に回します。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

初めて投稿させていただきます。
廊下にこんなに色々な虫が来ることに驚いています。
周囲は自然豊かなところなのでしょうね。

2014/5/20(火) 午後 7:22 [ いきともじいさん ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、はじめまして。
私も「廊下のむし探検」をするまでは、これほど多いとは思いませんでした。自然が豊かということは、生活には不便ということで・・・(笑)。これからもよろしくお願いします。

2014/5/20(火) 午後 8:34 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

ヨツキボシカミキリはヌルデ依存で、幼虫はヌルデの枯れ木、成虫はヌルデの葉脈を食べてますね。
綺麗で好きなカミキリです。

変わったカミキリはいわゆるネキではなく、ヤマトチビコバネカミキリでは?

面白いホソカタムシまで飛んでくるなんて本当に羨ましいマンションです。 削除

2014/5/22(木) 午後 7:31 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、コメント有難うございます。

コバネカミキリ、あらためて図鑑を見直しててみると、胸部の格好などはヤマトチビコバネの方が合っていますね。どうも有難うございました。

マンションの自然環境だけは良さそうです。人が住むのに適しているかどうかは別にして。

2014/5/23(金) 午前 6:11 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事