廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第290弾

5月もとうとう最終日になってしまいましたね。昨日の「廊下のむし探検」の結果です。印象としては、とにかくテングチョウが多かったですね。テングチョウをかき分けかき分け、廊下を歩いている感じです。ちょっとオーバーですが。

イメージ 1

テングチョウは天井にも壁にもいたるところに止まっていました。でも1mほどのところに近づいたら、みな飛び立ってしまいます。駐車場にはアカシジミも2匹飛び回っていました。こちらは、一旦、床に止まると近づいてもなかなか逃げません。

イメージ 2

イメージ 3

こんなに近づいても逃げませんでした。

テングチョウに誘われたわけでもないでしょうが、蛾も多かったです。

イメージ 4

夏が近づくとシャチホコガが増えてきます。これはセダカシャチホコです。

イメージ 5

真上から撮るとこんな感じです。

イメージ 6

こちらはオオエグリシャチホコです。

イメージ 7

それに、先日もいたヒナシャチホコです。この日は低い場所に降りてきていたので、接近して撮れました。

後はシャクガが多かったですね。

イメージ 8

まずはハグルマエダシャクです。模様の変化が多くて、また、似た種も多くて困る種です。「大図鑑」を見て、スジ、マル、クロという3種があるなと思ってから、今度は「標準図鑑」を見たらびっくり。この他に、アベリヤ、オオツカ、ミナミ、オオの4種が増えていました。見なければよかった!でも、この模様はきっとハグルマエダシャクで合っていると思いますよ。

イメージ 9

これはキエダシャクです。ちょっと綺麗な感じの蛾です。

イメージ 10

なぜこんな隅に止まるのか、蛾の気持ちはよく分かりませんが、模様からホシミスジエダシャクだと思います。

イメージ 11

いかにも蛾という感じの蛾です。チャノウンモンエダシャクです。

イメージ 12

これは、ツマキリウスキエダシャクです。

イメージ 13

やや大き目の蛾ですが、アオシャクの仲間だとそれほど怖いと思いませんね。これは、オオアヤシャクです。

イメージ 14

それに、この間から見ているクスアオシャクです。(追記2015/05/31:MSWiさんに指摘され、以前の写真にも間違いを見つけました。クスアオシャクではなく、キマエアオシャクでした

イメージ 15

これはシロツトガだと思います。真っ白なので遠くからでもよく目立ちます。

イメージ 16

小さい蛾です。でも拡大すると意外に模様がはっきりしていました。白い帯の形からヤガ科のシロホソコヤガではないかと思います。

ハマキガもたくさんいたのですが、だいたいこの間から見ていた種だったので今日はパスです。その他の「むし」は次回に回します。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事