廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第291弾

6月に入ってしまいましたが、5月30日の「廊下のむし探検」の結果です。最近はいろいろな虫が大量に発生することが多くなりました。テングチョウが山ほどいたり、ハチがいっぱいだったり、カゲロウが山ほどいたりと。

イメージ 1

この間も廊下の壁に大量に止まっていたのですが、この日も、このアカマダラカゲロウの亜成虫が大量に止まっていました。カゲロウの仲間は水中で幼虫時代を過ごし、その後、脱皮して陸上に上がり、亜成虫という成虫とほとんど同じ格好の時期を経てから、再び、脱皮して成虫になります。亜成虫は翅が透明でないので、すぐに分かります。そして、成虫になると「カゲロウの命」で知られるように、短期間で死んでしまいます。近くに川があるので、マンションにはこのような水辺にいる昆虫がいっぱいやってきます。

カゲロウという名はゆらゆら飛ぶものに対して付けられているので、このカゲロウ目のカゲロウのほか、アミメカゲロウ目のクサカゲロウやウスバカゲロウもそうですし、トンボも蜻蛉と書いて昔はカゲロウと読んでいました。さらに、空気がゆらゆらする陽炎もカゲロウといいますね。でも、このアカマダラカゲロウはあまりに小さいので、飛んでいてもどこにいるのかよく分かりませんが・・・。

イメージ 2

イメージ 3

このウツギヒメハナバチも今時分になると、マンションの廊下でなぜか大量に飛び回ります。でもよく見ると、顔の真ん中にみな黄白色の模様があります。この部分を頭盾といいますが、これが黄白色なのは♂の方です。♂はマンションの廊下に大量にいるのですが、♀はというとマンションの庭の芝生の切れ目に穴を掘ってせっせと花粉を運んでいます。

イメージ 4

イメージ 5

これは♀の方です。花粉をいっぱいにつけています。昨年はこの花粉を顕微鏡で調べ、確かにウツギの花粉であることを確かめました。穴の中で花粉団子を作り、これに産卵して、穴の一部を埋めるのです。また、運んできては別の坑道に花粉団子を埋めることを繰り返します。そのあたりについては昨年のブログに書いてあります。

イメージ 6

ゴキブリもいました。さすがにこれは1匹だけ。前胸に黒い帯が2本見えますが、これが2本平行か、それとも後ろの部分が曲がって接近しているかで、チャバネゴキブリかモリチャバネゴキブリかを見分けるようです。これは曲がっているので、モリチャバネゴキブリですね。

イメージ 7

ヒゲナガカメムシです。似た種にクロスジヒゲナガカメムシがいますが、「原色日本カメムシ図鑑第3巻」には検索表が出ていて、革質部(翅の固い部分)に黒い筋があるかないかで見分けるようです。これはないので、ヒゲナガカメムシでいいみたいです。

次からは甲虫です。

イメージ 8

こんな変わった甲虫がいました。この間も似た種を見つけたのですが、やはり翅が短くて黄色い塊がついていました。その時は、クロコバネジョウカイという種だったのですが、今回は黄色で縁取られて、ちょっと派手な感じです。調べてみると、キベリコバネジョウカイというようです。以前も思ったのですが、この黄色い塊は何なのでしょうね。

イメージ 9

地下駐車場の天井に虹色に光る綺麗な虫がいました。調べてみると、昨年も7-8月に何回か見ていました。ゴミムシダマシ科ニジゴミムシダマシの仲間です。昨年はナガニジゴミムシダマシにしたのですが、調べてみると、そのほかにも、ホソナガ、フトナガ、オオナガという種がいるようです。この4種の区別については、いくつかの論文に出ていました(J. I. Kim and B. H. Jung, Entomol. Res. 34, 163 (2004); K. Masumoto, Jpn. J. Ent. 62, 763 (1994); 63, 1 (1995); 63, 723 (1995)) 大まかには、脚の脛節の形状、腹部の腹板、鞘翅の特徴などで見分けていくようですが、採集しなかったので、今度採集して検索してみたいと思います。ついでに、この虹色の理由についても調べてみたいなと思いました。

イメージ 10

触角のやけに長いカミキリがいました。図鑑にはぴったりと来る種がなかったのですが、ネットで調べてヒメヒゲナガカミキリかなと思いました。この種ですと、地域によっていくつかの亜種が記録されているようです。

イメージ 11

天井に止まっていたので、写真が小さく、また、似た種が多くてよく分かりませんでした。おそらく、ミドリカミキリかなというところです。

イメージ 12

最後はハムシです。あまり特徴がなくて調べようがないのですが、ヨモギハムシかなと思いました。ハムシも分かりやすい種とそうでない種がありますね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事