廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第298弾

一昨日の蛾の大発生の翌日はかなり静かでした。蛾も少ないし、甲虫もいないしと、仕方なくだらだらと廊下を歩いていたら、管理人さんにクワガタがいるよと教えていただきました。

イメージ 1

教えていただいたところに行くと、小型ですが、立派なクワガタがいました。今シーズン初めてです。クワガタの種類には詳しくないのですが、おそらくコクワガタでしょうね。ちょっとやる気がでてきました。

マンションの廊下が外とつながっている部分は、雑木林も近くて、廊下の中でも最大の虫観察ポイントです。

イメージ 2

この日はこんな虫が死んでいました。いかにもゴミムシだなと思う姿です。図鑑を調べてみると、確かにゴミムシで、オオホソクビゴミムシというようです。初めて見ました。

イメージ 3

蛾ではこんな蛾がいました。見る限り、エダシャクかなと思って探したのですが、見つかりません。少し探す範囲を広げたら見つかりました。ナミシャク亜科のツマキシロナミシャクでした。そう思って改めて見直すと、翅の前縁が奇妙に湾曲していますね。

イメージ 4

マエキヒメシャクだと思うのですが、ガラスに止まっているところを斜めからフラッシュをたいて撮影したら、背景がこんなに黒くなってしまいました。コントラストを上げるにはいい方法ですね。

イメージ 5

ウスキツバメエダシャクがいました。この間、コガタツバメエダシャクの顔面を撮影したので、これも顔面を撮ってみました。

イメージ 6

先日のコガタツバメエダシャクと比較してみましょう。

イメージ 7

顔面は上では黄褐色なのですが、下は白いことがよく分かりますね。こうやって見分ければよいようです。

イメージ 8

地下駐車場の天井に止まっていました。ヤガ科のウチジロコヤガです。初めて見たのかなと思って、記録を見ると、7月と8月に採集していました。

イメージ 9

シャチホコガもいろいろと出てきますね。この日はツマジロシャチホコが見られました。

イメージ 10

これはキベリトガリメイガです。縁毛と呼ばれる翅の縁の毛のような部分が黄色になっています。だから、「キベリ」です。

イメージ 11

こちらはオオウスベニトガリメイガです。夏にはこのトガリメイガの仲間が増えてきます。

イメージ 12

ウスヅマスジキバガは今頃たくさんいますね。でも、そのすっきりした形、格好のよい下唇鬚(頭の上にまで伸びている毛)、思わず撮ってしまいます。

イメージ 13

アカシジミが駐車場にいました。よほどここが気に入っている様子。

イメージ 14

イメージ 15

駐車場の車止めの裏にはこんな感じで、ナナホシテントウの脱皮殻がいっぱいついていました。ずっと並んでいる車止めの裏がすべてこんな感じです。ずいぶん大量のテントウが脱皮したようです。

イメージ 16

最後に、プライヤキリバクビキリギスのツーショットです。プライヤキリバは新しく羽化した個体、クビキリギスは越冬個体でしょうね。お互い、そっぽを向いていますが・・・。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事