廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第305弾

昨日の「廊下のむし探検」の続きで、甲虫とその他のむし編です。この日は甲虫も何種類か見られました。

イメージ 1

イメージ 2

この間からキマワリかなと思っていた甲虫が、今日は廊下の手すりのところにいました。そこで、横と前から撮影してみました。脚が赤褐色のところを除けば、触角が複眼に食い込んでいる点だとか、頭盾の形状や点刻のようすなど、顔の特徴はキマワリとよく似ています。やはりキマワリでしょうか。

イメージ 3

これはシロヒゲナガゾウムシですね。これまで何度か見られています。

イメージ 4

イメージ 5

体長が4.3mmの小さなゾウムシです。どうせ名前は分からないだろうなと思ったのですが、いろいろと調べてみると、口の部分が尖っているという特徴からトゲアシゾウムシではないかと思うようになりました。(追記2018/05/29:「日本列島の甲虫全種目録 (2018年)」によると、和名がトゲアシクチブトゾウムシに変更されていたので、訂正しておきます

イメージ 6

これは大型のゾウムシで、オオゾウムシです。

イメージ 7

以前、虫者さんから教えていただいたヒゲブトハムシダマシでしょうね。やっと名前を覚えました。

イメージ 8

コメツキもいました。これはクシコメツキの仲間かなと思って、パスしました。

イメージ 9

こちらはクシコメツキではないなと思って、採集してきました。体長は約15mm。早速、「絵解きで調べる昆虫」で検索をしてみると、コメツキ亜科に入りそうです。ただ、外観からはカネコメツキ亜科のクロツヤハダコメツキあたりに似ているので、現在、検討中です。やはり、コメツキは難しい。(追記:いろいろと検索を行っていると、下はカネコメツキ亜科ツヤハダコメツキ族ツヤハダコメツキ属らしいということが分かりました。したがって、クロツヤハダコメツキの可能性も出てきました

甲虫以外の「むし」です。

イメージ 10

こちらはキイロカワカゲロウです。カゲロウは、何かすっきりした美しさを持っていますね。

イメージ 11

大型のガガンボが天井に止まっていました。ミカドガガンボでしょうね。

イメージ 12

小さなハエも天井に止まっていました。翅の模様を手がかりに「原色昆虫大図鑑III」の図版で探してみたところ、タテジマハマダラミバエと模様がよく似ていました。

イメージ 13

アリですが、名前までは分かりません。

イメージ 14

クモもむしの仲間です。これはササグモの♂ですね。

イメージ 15

そして最後は、小さなハエトリグモです。あまり特徴がないのですが、おそらく、シラホシコゲチャハエトリ♀だと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事