廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

ウスイロギンモンシャチホコというのはこんなシャチホコガ科の蛾です。

イメージ 1

昨日、マンションの廊下の階段の裏に止まっていました。銀紋がずいぶん目立つので、ちょっと調べてみたくなりました。そこで、だいぶ昔に採集した標本を使って調べてみました。

イメージ 2

標本の表と裏を示しています。チョウは裏もよく見えるのですが、蛾はほとんど裏を見ることがないですね。表側は銀紋が複雑に配置されていますが、裏はちょっと手抜きではないかと思われるくらい単純です。

イメージ 3
撮影条件:実体顕微鏡+NIKON D90 シャッター速度1/10s ISO200

実体顕微鏡を使って銀紋のあたりを拡大してみました。銀紋といっても単純な面ではなくて、細かな鱗粉が並んでいることが分かります。どちらかといえば、銀紋の部分は鱗粉が平面的にびっしり並んでいますが、茶色の部分はやや粗雑に並んでいる感じです。

銀色と茶色の部分の境目をさらに拡大してみます。

イメージ 4
撮影条件:生物顕微鏡 対物レンズ10x +NIKON 1 V1 シャッター速度1/20s ISO400
フォーカス位置を変えて29枚撮影し、CombineZPで深度合成

銀紋の部分には白い鱗粉、茶色の部分には茶色の鱗粉があることがよく分かります。このことから銀色の理由は鱗粉に起因していることが分かります。鱗粉の並びは銀紋の部分は上から押し付けられたように平面的に見えますが、茶色の部分はやや乱雑な感じです。

この銀紋、面白い性質があります。

イメージ 5
撮影条件:実体顕微鏡+NIKON D90 シャッター速度1/10s ISO200

これは照明の当てる方向を変えて撮影したものです。翅の上下方向から照らす限りはぎらぎらと光っていますが、翅の左右方向から照らすとまったくと言ってもよいほど光りません。つまり強い方向性があるのです。

イメージ 6
撮影条件:生物顕微鏡 対物レンズ20x +NIKON 1 V1 シャッター速度1/4s ISO400

これは鱗粉の性質によるもので、鱗粉1枚で実験してみても、同じような結果が得られます。上の写真を見ると鱗粉の長い軸に垂直な方向から照明すると、ぎらぎらと光りますが、平行な方向から照らすとほとんど光らなくなります。。

銀色なので、おそらく紫外線も反射しているのだろうなと思って、紫外線写真も撮ってみました。

イメージ 7

イメージ 8
撮影条件:NIKON D70+MicroNikkor 55mm+U360フィルター シャッター速度20s ISO200

これは紫外線写真です。照明にはUV-LED(375nm)を用いて、蛾の上方から照らした場合が上で、右側から照明したものが下の写真です。やはり銀紋のところだけが光っています。可視光と同様、翅の前後方向から照明した場合だけが良く光り、左右から照明した場合にはまったく光らないため、画面が暗くなっています。

この実験をしているとき、銀紋にUV-LEDを当てると、青白く光っているような気がしました。きっと、蛍光が出ているのだと思い、試してみました。照明は上と同じUV-LEDですが、カメラには紫外線に感度を持たないNIKON D7100を用いました。

イメージ 9

イメージ 10
撮影条件:NIKON D7100+AF Micro Nikkor 60mm シャッター速度1/10s ISO6400

暗闇で光る目のように青白く光っていることが分かります。紫外線が反射しているのではないことは、横から照明しても光っていることから分かります。つまり、蛍光は方向性を持っていないことになります。

以上、まとめてみると、

1)銀紋の銀色は鱗粉によるもので、その鱗粉が平面的にびっしりと並んでいることが重要らしい。
2)銀紋での光の反射には方向性があって、鱗粉の長い軸に垂直方向から照らすと良く光るが、平行方向からだとほとんど光らない。これは紫外線領域でも同様。
3)銀紋に紫外線を当てると青白い蛍光を発する。これには方向性はない。

などの結果になりました。

なぜ紫外線で蛍光を出すのかは分かりませんが、ワイシャツを白く見せるときに蛍光増白剤というのを加えることが連想されました。この場合は、蛍光を出すことでより白く見せるのに役立っているのでしょう。ただし、蛾の目は紫外線も見えるので、人間が白く見えることとはまた違った意味があると思いますが・・・。

光の反射に強い方向性があるということは、撮影のときに光がどちらから当たっているかを十分に考えてから撮らないと、銀色が映えないということですね。いい勉強になりました。

この記事に

閉じる コメント(2)

こんばんは ☆
すごいですね !!
私には 人の眼? のように見えます !!
それも かなり怖い ・・・これで 天敵から 身を守るのでしょうか ?
銀色は 何の成分から 出来ているのでしょうね ・・・

2014/6/22(日) 午後 10:32 [ toko ] 返信する

顔アイコン

tokoさん、お早うございます。コメント有難うございました。

銀紋の意味は正直よく分かりません。♂にも♀にもあるので、♂の♀に対するアピールというわけではないようです。捕食者である鳥は光るものを嫌うので、そのためでしょうか。

「銀色は何の成分・・・」、tokoさんの疑問点はいつも鋭いですね。

上の実験でも分かりますが、銀色になる原因は鱗粉にあります。鱗粉はクチクラという硬いたんぱく質でできているので、銀色の成分はたんぱく質ということになりますね。

おそらく、鱗粉に光を強く反射する仕組みがあるのでしょう。このとき、いろいろな色の光をあちこちに反射させてしまうと、小麦粉のような白色になってしまいます。一方、いろいろな色の光を決まった方向にだけ反射させると、金属のように銀色に見えます。この蛾の場合、光はある程度方向性を持って反射されているので、粉の白色とも金属の銀色ともいえないような、中間的な色になっているのではと思っています。

2014/6/23(月) 午前 7:40 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事