廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

5月27日に、マンションの廊下の手すりの外壁部分にトックリバチ(ミカドトックリバチ)が巣を作っていました。

イメージ 1

イメージ 2
(2014年5月27日撮影)

翌々日見るとその巣はすっかり出来上がっていました。

イメージ 3

イメージ 4
(2014年5月29日撮影)

まるで弥生式土器を思わせるような見事なできばえです。

そして、さらに翌々日見たときにはこの巣は完全に塞がれていました。

イメージ 5
(2014年5月31日撮影)

入り口はおろか、全体が完全に隠れるように土で覆われ、しかも緑色のコケ?でカムフラージュまで!この中には蛾の幼虫がつまっていて、トックリバチの卵があるのでしょうね。

その後、廊下を歩くたびにどうなったのかと、楽しみに見ていました。およそ1ヶ月近くたった昨日、穴が開いているのを見つけました。

イメージ 6
(2014年6月25日撮影)

向かって右側にかなり大きな穴が開いています。中で蛹になり、羽化してこの穴から成虫が出ていったのでしょう。前日11時ごろは変化がなかったので、これを撮影した翌日の11時との間のことでした。夜だったのかな?ちょうど、穴を開けて顔を出したところを撮影できたらよかったのですが、また、次の機会を楽しみにしましょう。

この記事に

閉じる コメント(2)

こんばんは ☆
始めて見ました!
面白い 巣作りですね。苔までつけて カモフラージュですか ? 凄い!!

トックリの 口の部分は 何故 必要なのでしょうね ?入り口の穴さえ あれば いいと思うのですが・・・・後でふさぐ為の
材料としてかなぁ?入り易いから?

2014/6/26(木) 午後 11:54 [ toko ] 返信する

顔アイコン

tokoさん、お早うございます。

これまで巣は何度も見たことがあったのですが、作っていくところとか、それが塞がれたところとかは見たことがありませんでした。じっくりと一日中観察していたら、きっと面白かったでしょうね。でも、私はせっかちだから、写真を撮ったらさっさと他の場所に移動してしまいました。おそらく、とっくりの口の意味も観察していたら分かったかもしれませんね。これからも観察の機会があると思いますので、今度はしっかり見てみます。

2014/6/27(金) 午前 9:40 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事