廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第339弾

7月も終わりになると、マンションの回りでもセミがうるさく鳴き始めます。いつもなら、梅雨明けになると、クマゼミがうるさいほど鳴き始めるのですが、今年は梅雨明けしてもちっとも鳴きません。そんな中、マンションの壁にアブラゼミが止まっていました。いよいよセミの季節だなぁと思って見ていました。

イメージ 1

これから、ニイニイ、ツクツクホウシ、クマゼミなども見られると思います。以前は、9月なるとチッチゼミも止まっていたことがあったのですが、最近では鳴き声は聞かれるものの、姿は見なくなりました。

イメージ 2

セミと同じ仲間のベッコウハゴロモです。壁に止まりながら、右に傾いたり、左に傾いたり、まるでハンググライダーでも楽しんでいるような感じでした。

イメージ 3

そして、これも同じ仲間のカメムシです。チャイロナガカメムシだと思います。「日本原色カメムシ図鑑第3巻」には検索表が出ていて便利です。それによると、白い紋と触角などから似た種から見分けられるようです。

イメージ 4

その図鑑も幼虫になると途端に情報がなくなってしまいます。これは翅が出来かけなので、5齢幼虫でしょうね。たぶん、オオモンシロナガカメムシだと思うのですが・・・。

イメージ 5

革質部に黒い筋がないので、おそらくヒゲナガカメムシでしょうね。

イメージ 6

これはこの間から出ているキベリヒョウタンナガカメムシです。

イメージ 7

チャタテもいました。チャタテは気がつかないと見過ごしてしまうのですが、いったん気がつき始めると、チャタテは本当に多いですね。これは絵合わせから、カバイロチャタテかなと思ったのですが、はっきりとは分かりません。

イメージ 8

これはヒゲナガゾウムシの仲間ですね。

イメージ 9

斜めから見たところです。雰囲気からシロヒゲナガゾウムシに似ているのですが、図鑑の説明にあるような、前胸中央に横に並んだ3個の毛房、上翅第3間室には3-4個の黒毛房が見当たりません。別種かもしれません。(追記:通りすがりさんから、「シロヒゲナガゾウムシ♀のスレ個体」というコメントをいただきました

イメージ 10

クロウリハムシかなと思ったのですが、脚の色が黒くないのが気になります。(追記:通りすがりさんから、「ハムシは奥側で確認できますが、前胸背板の後縁に突起が見えるので、キアシヒゲナガアオハムシだとおもいます。」というコメントをいただきました。確かに、クロウリハムシは中、後胸が黒いので違いますね

イメージ 11

マメコガネです。やっと名前のはっきりした種に出会えました。

イメージ 12

少しつぶれていたのですが、ヨツスジトラカミキリもいました。

イメージ 13

蛾では少し大物がいました。クチバスズメです。スズメガはちょっと怖いので、離れたところからフラッシュの光量を増量して撮っています。

イメージ 14

イメージ 15

アカヒゲドクガが天井と床に止まっていました。翅にある三つほど続いた楕円模様が特徴なのですが、床に止まった個体を見ると胴体にある黒い点も目に付きますね。

イメージ 16

えっ、キリガ?なぜ、今頃?とびっくりしてしまいました。おそらくカシワキボシキリガだと思うのですが、普通は晩秋に出て、翌春まで越冬する種です。間違って発生してしまったのでしょうか。

イメージ 17

ちょっと名前調べに時間がかかってしまいました。おそらくコヤガだろうなと思って大図鑑を見たのですが、どうもピッタリくるものがなくて、クチバやら、コブガやら見てしまいました。最終的に標本箱を見たら、一発で分かりました。ハイイロコヤガでした。標本箱は一番いい図鑑ですね。名前が間違っているかもしれませんが・・・。

イメージ 18

こちらはコネアオフトメイガです。

イメージ 19

最後はアオオビハエトリです。このハエトリも時々見ますね。いつもならアリの巣の近くでうろうろしているのですが、廊下では意外に速く移動します。

8月3日10時から17時まで、マンションの集会室で「廊下のむし探検」と題して昆虫展を開くことにしました。いつもカメラをもって廊下をうろうろしているので、不審者と思われているのではないかと思って・・・。今は、その準備で大わらわです。一応、パネル展示と写真集と標本箱、もしかしたら顕微鏡なども展示しようかなと思っています。場所は大阪北部の辺鄙なところですが、外部の方も見れますので、ちょっとのぞいてみたいと思われる方は、「廊下のむし探検」専用メール r​ouk​ano​mus​hi@​hot​mai​l.c​omの方までご連絡ください。住民と子供向きですので、あまりたいしたものではないですよ。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

アブラゼミは網戸で鳴かれて追い返しました(笑)
可愛いちっちゃゼミ…いや、チッチゼミなら大歓迎なのですが、なかなか近くでは見られないですね。

ベッコウハゴロモ、確かに右へ左へと傾く動きをしますね。
警戒されてるのかと思ってますけど、面白い動きですよね。

ヒゲナガゾウムシはシロヒゲナガゾウムシ♀のスレ個体だと思います。

ハムシは奥側で確認できますが、前胸背板の後縁に突起が見えるので、キアシヒゲナガアオハムシだとおもいます。

謎キリガですが、確かにカシワキボシキリガに見えますけど、カシワキボシキリガ、カタハリキリガ、ハンノキリガ、ケンモンキリガといったこれ系のものは時期が合わないですよね。
時期的にシロクビキリガかオオシラホシヨトウと言いたいですけど、そうとも見えず…う〜ん…

大阪が近ければ行ってみたいですが、千葉からは遠いですね。
夏休みですし、子供たちが来てくれると思いますが、1日だけなのでしっかり宣伝しとかないといけませんね。
好評を祈ってます(^人^) 削除

2014/7/24(木) 午後 11:30 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、詳しい説明有難うございました。

今回は大変よい勉強になりました。特に、ハムシ。突起に気がつかれたのはさすがだと思いました。でも、私がまずクロウリハムシは中・後胸が黒いということに気がつかないといけなかったですね。次に、今回の個体の触角が長いこと。それから、前胸背に横溝がなくて、横と後ろが縁取りされていること、さらに、上翅の側面の縁が黄色くなっていることなどに気がつくと、違う結論になっていたなぁと後悔しきりです。

シロヒゲナガゾウムシでよさそうですか。よく見ると、上翅にも擦れたような感じのところがありますね。しかし、ここまで擦れてしまうものなのですね。

キリガは今のところ謎です。他にもいるのなら、何か異変が起きているのかもしれませんね。

昆虫展のために、先日作った画像リストを利用して、「廊下のむし図鑑」というのを作っているのですが、特に甲虫は今見直すと名前が怪しいものばかりで、作っていて嫌になります。もう少し勉強しないといけないなぁと痛感しました。でも、おそらく専門家は来られないと思うので、名前は怪しいですよと強調しておこうかなと思っています。

2014/7/25(金) 午前 6:58 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事