廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第347弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。この日は久々に虫がいっぱいいました。中でも、カメムシが多かったようです。

イメージ 1

最初はこのフタテンカメムシです。。一見すると、よくいるクサギカメムシのような気がするのですが、何となく長細いのでおやっと思ったら、このカメムシでした。この日は2匹いました。三角形状の小盾板の両端に白い点が二つあるのでこの名前がついたのでしょう。「日本原色カメムシ図鑑第1巻」によると、海岸のススキなどで生活し、個体数は少ないとありますが、マンションでは時々見ます。

イメージ 2

次はこの緑色のカメムシです。色彩変化の激しいアオクサカメムシの仲間です。よく似た種にミナミアオカメムシがいます。後者は熱帯系のカメムシで、地球温暖化とともに徐々に北上を続けているカメムシで、近畿地方では大阪、兵庫あたりでも確認されています。ともに、いろいろな植物に寄生し、特に、稲の穂に加害するので害虫として知られています。見分け方は、触角第3,4,5節の後半が黒いのがアオクサ、褐色なのがミナミアオだとされています。この写真では黒いのでおそらくアオクサカメムシでしょう。

イメージ 3

この細長い虫もカメムシの仲間でクモヘリカメムシといいます。やはりイネ科に寄生し、イネの穂を吸収加害する害虫として知られています。

イメージ 4

これも似たような形ですが、これはハネナガマキバサシガメというカメムシです。こちらは小さい昆虫の体液を吸います。

イメージ 5

マンションの外壁にたくさんついていますが、これはヨコヅナサシガメという大型のカメムシの若齢幼虫です。

次からはカメムシ以外です。

イメージ 6

変わった形の甲虫ですが、どうやら死んでいるようです。頭部が突き出していて真ん中に凹みがあります。このあたりを手がかりに図鑑を調べてみると、どうやらダイコクコガネの仲間のようです。その中でも、ゴホンダイコクコガネ♀かなと思っています。♂は頭部に長い角があるのですが、♀はちょっと飛び出るだけのようです。この写真をよく見ると頭部に小さい突起があります。

イメージ 7

これはセンチコガネです。フラッシュをたいて撮影すると、いつもこんなえんじ色になってしまうのですが、実物はもう少し綺麗です。

イメージ 8

これはアオドウガネだと思われます。これもフラッシュをたいて撮影するとこんな茶色になるのですが、実物は緑色です。

イメージ 9

こちらはオオゾウムシです。この日は2匹いました。

イメージ 10

この淡い色の虫はハゴロモの仲間で、おそらくアオバハゴロモだと思われます。実はハゴロモもカメムシの仲間です。

イメージ 11

キイロカワカゲロウです。翅が不透明なので、亜成虫ですね。

イメージ 12

こちらは眼の模様に特徴がありますね。シロタニガワカゲロウです。翅が不透明なので、これも亜成虫です。キイロカワカゲロウもシロタニガワカゲロウもともに「少し汚い水」に住む生き物です。昔はあまり見なかったのですが、最近はこの2種をよく見るようになりました。川の水が汚れてきているのかもしれません。

イメージ 13

地下駐車場の天井にいましたが、クビキリギスです。

イメージ 14

それにウシアブです。(追記2018/03/05:検索表が♀用しかないので、♂の場合はTabanus sp.としておきます

イメージ 15

それとクロオオアリです。

イメージ 16

最後はこのクモです。「日本のクモ」をずっと見ていったのですが、そのものずばりの種は見つかりませんでした。ナミハグモの仲間かもしれません。

虫の数が多くなったので、蛾は次回に回します。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ダイコク様はオスを見たいですね。
こちらは糞虫は見られなくなってしまったので、ツノ有りのものは三十数年は見てません。

色や艶のある甲虫は、綺麗に撮るのが難しいものが多いですよね。
自然光で撮るのが難しい時や場所もあるし、体形も丸っこくて意外に難しい仲間ですよね。 削除

2014/8/8(金) 午後 11:23 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

ダイコクコガネ、実は初めてみました。過去に見ていたのかも知れませんが、まったく認識していませんでした。♂に角があるというのは興味ありますね。今度、出てこないか楽しみに待っています。

廊下は暗いのと、接写で絞りを絞っているので、必然的に内蔵フラッシュになってしまうのですが、甲虫は色がでないのと、蛾は翅が反射して光ってしまうので、なかなか思うように撮れません。内蔵ではなくて、手持ちのフラッシュを反対側からたくようにした方がよいかもしれません。一度、標本で試してみます。機材がどんどん重くなっていきますが・・・。

2014/8/9(土) 午前 9:21 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事