廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第358弾

朝の続きで、昨日の「廊下のむし探検」の結果のうち、蛾と蜘蛛についてです。この日は難しい種が多くて名前調べに時間がかかってしまいました。結局、よく分からないものばかりになってしまいましたが・・・。

イメージ 1

初めはこの蛾です。写したときはマダラメイガだとばかり思っていたのですが、写真を見ると翅の先端が尖っていて、縁に毛がいっぱい生えています。これは違うなと思って、「標準図鑑III」を調べていきました。何度か見直したのですが、結論的には、ネマルハキバガ科という聞きなれない科のウスイロネマルハキバガか、コネマルハキバガかなというところにたどり着きました。

イメージ 2

次はこの蛾です。いかにもヨトウガという感じですが、白い点が二つというところで、ヒメサビスジヨトウを連想しました。白点の位置、横線の入り方はかなり似ている感じですが、図鑑で見る翅の色は濃い茶色で、この写真とはだいぶ違います。結局、よく分からずじまいになってしまいました。(追記:通りすがりさんから、「ヒメサビスジヨトウのスレ個体でしょう。」というコメントをいただきました

イメージ 3

これも分かりにくい種です。アオシャチホコかオオアオシャチホコあたりだと思うのですが、よく分かりません。

イメージ 4

難解な蛾が続いた後にヒメシャクだとがっかりしますが、これはおそらくミジンキヒメシャクではないかと思います。

イメージ 5

翅脈が黒くなっています。ヒトリガ科のクロスジホソバだと思われます。

イメージ 6

やっと分かりやすい種が出てきました。廊下の壁にヤママユがいました。今年2回目です。今回は離れたところから写せたので、正面から写せました。今日、廊下を歩いてみると、翅だけになっていました。鳥の仕業でしょうね。スズメがこんな大きな蛾を食べに行くのでしょうか。

イメージ 7

それから、キノカワガです。木の幹に止まっていると保護色でほとんど分かりませんが、壁ではこんなに目立ちます。

イメージ 8

この日はホシミスジもいました。

イメージ 9

クモではアリグモがまたいました。このごろ、よく見ますね。これはヤガタアリグモだと思います。

イメージ 10

最後はこのクモです。何度写してもぼやっとしているなと思ったら、網を張ってその裏側にいたのですね。名前は分かりませんでした。


この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

これはまた見事に分かりにくい蛾ばかりですね(笑)

2枚目はヒメサビスジヨトウのスレ個体でしょう。
白点と横線が合っていれば大丈夫です。 削除

2014/8/23(土) 午前 0:04 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

ヒメサビスジで合っていそうですか。どうも有難うございました。
最近、だんだん蛾の名前調べがしんどくなってきました。甲虫は難しい難しいと思っていたのですが、蛾もやはり難しいですね。このごろ、ヒメシャクは見て見ぬふりをしてしまいます(笑)。

2014/8/23(土) 午後 9:56 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事