廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第359弾

先日のヤママユに引き続いて、昨日は大型蛾が地下駐車場にいました。この蛾です。

イメージ 1

オオトモエといいます。ヤママユより一回り小さいのですが、ヤママユはどちらかといえばおっとりした感じで、一方、こちらは機敏な感じがして、蛾の苦手な私にとってはちょっと怖い存在です。かなり遠くから望遠で撮影しました。

イメージ 2

地下駐車場の天井には、こんなスズメガもぶら下がっていました。これはトビイロスズメです。これもかなり大きな蛾ですね。

イメージ 3

こちらはオオエグリシャチホコです。エレベータホールの床に止まっていました。よく見てみると、木目のような模様ですね。

イメージ 4

そして、これはホソバシャチホコです。やはり地下駐車場の天井に止まっていました。マンションの廊下の照明を赤っぽくしてから、廊下にくる蛾は確実に減ったのですが、以前のままの照明の地下駐車場には相変わらず蛾が多い感じですね。

イメージ 5

ちょっと変わった模様の蛾ですが、ヨツメアオシャクです。

イメージ 6

これはウスキクロテンヒメシャクだと思われます。

イメージ 7

こちらも同じだと思うのですが、外縁に沿う黒点がつながって線状になっています。いろいろなバリエーションがあるのかもしれません。

イメージ 8

初め、ハマキガだと思って図鑑を探したのですが、ぴたりとくる蛾がいません。顔や触角の辺りの雰囲気がハマキガとは違うなと思って、コヤガを探したら見つかりました。フタオビコヤガでした。「大図鑑」によると、「著名なイネの害虫で、稲作文化とともに温帯に移入された種であろう。」と、なかなか興味深い記述がありました。

イメージ 9

フラッシュであちこち光ってしまい見にくいのですが、マツノシンマダラメイガだと思われます。マツノマダラメイガとよく似ていますが、内横線内側の帯の色や、外縁線の様子から、マツノシンの方ではないかと思われます。

イメージ 10

最後もマダラメイガですが、図鑑を見てもなかなか名前にたどり着きませんでした。図鑑とはだいぶ色が違うのですが、模様が良く似ているので、おそらくヤマトマダラメイガではないかと思うのですが、自信はありません。

そのほかの虫は次回に回します。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

トモエガ亜科は敏感で、近付くと直ぐ逃げる印象ですね。
尤も、一度しか見付けてませんが…

トビイロスズメは大きなクズの葉を食べる大きな幼虫しか見付けてませんね。
時期的な問題もありますけど、スズメガの仲間は幼虫しか見たことが無いものも多いです。

マダラメイガの仲間はよく似たものが多くて、特徴的なものでないと難しいですよね。
それにしても毎回数多くの虫の名前を調べるのは大変そうです。 削除

2014/8/24(日) 午後 0:39 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、コメント有難うございました。

オオトモエは怖くて近づけないですね。この写真も5mほど離れたところから写しました。フラッシュをたいた途端に飛んだりしたら・・・。スズメガは地下駐車場によく来る印象です。近づいてもそれほど動こうとしないので、やや安心ですが・・・。

マダラメイガはなかなか厄介です。展翅すると結構名前が分かるものが多いのですが、写真判定だと特に難しいですね。

2014/8/24(日) 午後 9:15 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事