廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第372弾

昨日の「廊下のむし探検」の続きです。この日は蛾が多かったです。それも大型のオオミズアオやスズメガがいました。

イメージ 1

地下駐車場の壁に止まっていました。オオミズアオはヤママユガ科に属する大型蛾ですが、ヤママユなどと比べると優雅な感じのする蛾です。似た種にオナガミズアオという種類がいて、外横線、後翅の眼状紋などで見分けられるのですが、私は見たことがありません。幼虫は多食性で、バラ科、ブナ科、カバノキ科などの樹木につくそうです。これまで私のマンションでは、4月から9月にかけて見ていますが、今年は数がずいぶん少なかった気がします。

イメージ 2

モモスズメというスズメガも廊下にいました。どうも大きな蛾は苦手です。

イメージ 3

これもやや大きな蛾です。ハグルマトモエとオスグロトモエというそっくりな蛾がいますが、大きさからなんとなくハグルマトモエの方かなと思っています。

イメージ 4

これはモンクロギンシャチホコという蛾です。最近、よく見ます。

イメージ 5

ウンモンクチバとニセウンモンクチバという2種がいて、これもほとんど区別が付きません。外横線の形から、ウンモンクチバの方かなと思うのですが、自信はありません。

イメージ 6

木の葉に色も形もそっくりですが、アカエグリバという蛾の仲間です。越冬するので、冬によく見ます。

イメージ 7

これは普通のトビモンアツバだと思います。

イメージ 13

これはウスキコヤガです。この間から見ています。

イメージ 8

そして、これはキノカワガですね。

イメージ 9

これもやや大きな蛾ですが、ヨモギエダシャクです。

イメージ 10

オレクギエダシャクとニセオレクギエダシャクというそっくりな蛾がいます。事実上、外見では区別がつかないので、私はいつもニセオレクギエダシャクといっています。

イメージ 11

緑がかって見えたので、普通のヒメシャクとは違うかなと思ったのですが、図鑑を見るといつものオイワケヒメシャクのようです。もう少し検討が必要かもしれません。

イメージ 12

今頃は、マンションにたくさんのキオビベニヒメシャクがいます。たまたま、窓ガラスに止まっているところを、フラッシュをたいて写したら、こんなに背景が黒くなってしまいました。


この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

オオミズアオはボロのオス1匹しか見ませんでしたね。
今年は天気も悪く、可愛そうなくらいでした。

ウンモンクチバとニセウンモンクチバは、外見で判断するには大きさや後翅と総合的に判断するしかなさそうですね。

ニセオレクギエダシャクとおぼしきものですが、これは何時もニセオレクギエダシャクとして処理しています(笑) 削除

2014/9/3(水) 午後 10:10 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、お早うございます。

区別のつきにくい蛾が続きました。何となくもやもやとした気持ちになりますね。典型的なオレクギではないものは皆、ニセオレクギとしていますが、本当のところはよく分かりません。

綺麗なオオミズアオに会えましたが、この夏はヤママユといい、オオミズアオといい、ヤママユガ科が本当に少なかったです。天候に関係しているのでしょうか。いつも、地下駐車場に置いてある車のところに行く時、もし、ドアに止まっていたらどうしようなんて思いながら行くので、少ないということはいいことはいいのですが・・・。

2014/9/4(木) 午前 5:27 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事