廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第387弾

これまでいろいろな昆虫の目(もく)がマンションの廊下で見つかったのですが、ナナフシ目が見られなかったので、いまかいまかと待っていました。昨日やっと見ることができました。

イメージ 1

ナナフシはナナフシでも、棘のあるトゲナナフシです。棘があるかどうかはちょっと斜めから見るとよく分かります。

イメージ 2

普通のナナフシはナナフシ科ですが、このナナフシはヒゲボソナナフシ科に入っています。名前の通り触角の細いことが特徴です。

さて、このナナフシはどこが頭でどこが胸、腹なのでしょう。そんな疑問が浮かんだので、ちょっと区切ってみました。

イメージ 3

頭は複眼や触角があるのですぐに分かります。前脚を前に伸ばしているのですが、その付け根のある部分が前胸です。ついで、中脚の生えているところが中胸です。さて、後胸を決めるときにあれっと思いました。というのは、胸と思われる部分は上の写真で後胸と書いたところなのですが、後脚は腹部第1節と思われる部分から生えているのです。おかしいなと思って、図鑑の説明を読んでみると、通常、腹部第1節と後胸は融合していると書かれていました。つまり、後胸と腹部第1節を合わせて後胸に相当することになるのですね。後は腹部の各節が並んでいます。

それでは、ナナフシとはいったいどこが7節なのだろう、そんな疑問が湧いてきました。でも、調べてもよく分かりませんでした。Wikipediaには七は数字ではなくて「たくさん」という意味だということが書かれていますが、真偽のほどははっきりしません。(追記:リンクして良いのかどうか分かりませんが、「ナナフシってどんな昆虫?」でGoogle検索すると、トップで見つかるページでは上記の説明と共に、「千蟲譜」という江戸時代に栗本丹洲により書かれた本について言及しています。この本については、国立国会図書館のデジタルコレクションからフリーで転写本を読むことができます。この下巻の53ページをみると、ナナフシについての図説があります。これによると、ナナフシは竹のフシ、ナナフシトカゲとも呼ばれる大毒虫と書かれています。動きが鈍く、クモの仲間であるそうだが糸は出さず、尾が長くて七節あるのでナナフシの名があるなどと書かれています。千蟲譜については、名和靖氏が動物学雑誌6, 144(1894)に、「最も古く本邦に於て蟲類を圖説せるものは彼の有名なる昆蟲家栗本丹洲の千蟲譜にして・・・」と書いています。このことから、尾(腹部)の節が7つあるからナナフシという名前になったという説が正しいのかもしれません。ただ、実際には、節はもっと多いのですが・・・)

ついでに、上の写真では複眼がはっきりしないので、頭の部分を拡大してみます。

イメージ 4

可愛い目がちらっと見えます。とりあえず、ナナフシが見られてよかったです。(追記:「検索入門 セミ・バッタ」(保育社,1992)によると、トゲナナフシの♂は野外では未知で、♀だけで単為生殖をするそうです

イメージ 5

次はカマキリです。チョウセンとオオの区別は後翅の色ですぐに分かると以前教えてもらったのですが、どうも私はカマキリが苦手です。頭を持ち上げられると怖くて近づけません。頭を持ち上げた時に、ついでに前脚の間の色を調べてみました。

イメージ 6

薄い色なのでオオカマキリの方かなと思ったのですが、もう少し調べてみました。両者の違いを書いてあるサイトがいくつかあるのですが、顔の違いからもある程度は見分けられるようです。前頭の三本の線の中央が細くて一様というところもオオに一致しています。でも、やはり後翅を見てみたいですね。今度、手袋をして捕まえてみようかなと思います。

その他のむしで蛾以外は少なかったです。

イメージ 7

まず、ツヤアオカメムシです。冬が近づいてくるといっぱい見るようになります。

イメージ 8

そして、ホシウスバカゲロウ。

イメージ 9

廊下に細長い貝殻でも落ちているのかなと思って見ていたら、突然動き出したのでびっくりしました。ミノムシなのですね。ミノムシにもいろいろ種類がいますが、これはミノガの幼虫なのでしょうか。

イメージ 10

全般的に蛾以外の虫が少ないので、つい小さいクモも写してしまいました。ネコハグモです。

一方、蛾の方はあまりにも多いので、次回に回します。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ナナフシモドキとエダナナフシ以外のナナフシを見付けてみたいです。
雑木林が近いといろいろ見られて羨ましいです。 削除

2014/9/20(土) 午後 9:00 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

ナナフシは野外では時々見るのですが、マンションでは初めてでした。あまり注目したことがなかったので、これまでに見た種が何なのかさっぱり分かりません。今度見た時には注目してみたいと思います。コメント、どうも有難うございました。

2014/9/21(日) 午前 6:18 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事