廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

最近、なんだかんだと忙しくて、「虫を調べる」シリーズの試料は集まっているのですが、なかなかまとめることができません。今日はヨツボシクサカゲロウらしい個体がいたので、早速、試料として捕獲してきました。クサカゲロウは時間が経つと水分が飛んでしまい、ペシャンコになってしまうので、早めに調べることにしました。

イメージ 1

今日の対象はこのクサカゲロウです。遠くから見ると、どれも皆同じように見えますが、顔が少しずつ違います。

イメージ 2

ヨツボシクサカゲロウは顔面に4つの黒紋があることが特徴です。クサカゲロウの特徴については、1919年の岡本半次郎氏の「本邦産草蜻蛉科に関する研究」(こちらからダウンロード可能)が詳しいので、それに従って調べていきたいと思います。この論文に書かれている、ヨツボシクサカゲロウの特徴をまとめてみると次のようになります。

イメージ 3

体色は上の写真でも分かりますね。体長は実測により16.4mm、前翅長は18.8mmでした。体長はやや長く、前翅長はやや短いのですが、まあまあ合っている感じです。全体に、これまで調べた種に比べて大型でした。

イメージ 4

イメージ 5

頭部と胸部はFig. 1-3を見ると大体わかります。顔面の4つの黒紋と共に、触角の間に1紋があります。また、前胸前縁両側に黒い四角紋あり、さらに、前縁の縁も薄く黒くなっています。小腮鬚と下唇肢は共に黄褐色です。

イメージ 6

脚は跗節だけが黄褐色で、他は淡緑色です。

イメージ 7

イメージ 8

前翅と後翅は上の通りです。翅脈の色と毛については写真では分かりにくいのですが、確かに部分的に黒色の部分があり、細かい毛が生えていました。前翅第3中分室(cc)と第1横脈の交わる点については、Fig. 5の左側の矢印で示すように、横脈が第3中分室に直接交わるような格好になっています。これはフタモンクサカゲロウなどと同じです。段横脈については右側の矢印で示してありますが、前翅では上段が8、下段が10なので、これを8/10と書くと、後翅では7/10でした。論文に書かれている値8/11-13/14、7/10-10/12とは前翅で若干違うのですが、おそらく翅の大きさにもよると思うので、このくらいの値は許容範囲の中に入るのではと思っています。(追記:Fig. 5の翅中央部分のMと書いた脈は、発生過程でいくつかの脈が合わさってできているので、Psm(pseudo-media)と書いた方がよいようです。14/10/18のブログを見てください

追記:今年から、毒ビンとしてポリプロピレン製容器を用いて、中に100円ショップで売っている除光液(ノンアセトンタイプで成分に酢酸エチルが含まれるもの)を入れているのですが、これが殺虫作用と共に、乾燥を防ぐにも役立っているみたいです。中に入れておくとなかなか乾燥しないので、観察するときにちょっと取り出し、終わったらまた入れておくと、そのまま2-3日は使えることが分かりました。今使っている除光液の成分は酢酸エチル、エタノール、グリセリン、香料と書いてあります。実際、スライドグラス上に1滴落として風を送り蒸発させてみると、おそらく、香料と思われる油滴がまず析出し全体が白く濁るほか、かなりの量(1/2くらい)が不揮発成分として残ります。この不揮発成分が保湿に役だっているのかもしれません

この記事に

閉じる コメント(2)

先日車に入り込んだカゲロウらしきものをマクロ撮影出来たのですが、やっと本当の名前がわかりました。カゲロウも沢山の種類があるんですね。

2017/11/26(日) 午後 3:22 [ min***** ] 返信する

顔アイコン

コメント有難うございました。名前が分かってよかったですね。クサカゲロウもいろいろ種類が多いので名前調べは結構大変です。

2017/11/26(日) 午後 8:43 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事