廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第399弾

一昨日の蛾です。慌てて報告します。

イメージ 1

よく見る蛾なのですが、名前が思い出せません。図鑑を調べてみたのですが、それでもなかなか見つかりません。ちょっと苛立たしくなって、標本箱を見に行ったら一発で分かりました。ヤガ科のマエジロアツバです。名前を見ると、そうだなとすぐに理解出来ました。それにしても、変わった色合いの蛾ですね。前翅の下半分と後翅はまるで白い毛が生えているような感じですが、標本の翅を拡大してみると、こんな感じです。

イメージ 2

チョウや蛾は鱗粉一枚が一つの色を受け持って翅の模様を作っているのですが、この蛾の場合、白い鱗粉がほとんどランダムに分布しています。こんな配色をわざわざ設計して作ったとすれば、すごいですね。

その他の蛾についても紹介します。

イメージ 3

これはテンモンシマコヤガという蛾です。

イメージ 4

これはシロシタヨトウです。

イメージ 5

壁にゴマフリドクガが止まっていたので、ちょっと接近して撮りました。ただし、この個体の触角はふさふさしているので、おそらく♂ですね。♂は毒毛を持っていないので大丈夫なはずですが、やはり近づくとちょっとどきどきします。

イメージ 6

この間から、マエグロホソバかヨツボシホソバの♀が来ていますが、この写真では翅脈が分からないので、どちらか分かりません。

イメージ 7

これはウスネズミエダシャクといいます。いつも思うのですが、もう少しいい名前をつけてあげればと思いますね。

イメージ 8

どうも色が良くないのですが、おそらくウラベニエダシャクだと思います。普通は黄色のもう少し綺麗な色なんですが。

イメージ 9

パイプの陰に隠れていますが、尾がつきでているので、ヒメツバメアオシャクだと思います。

イメージ 10

これはこの間もいたヒメクロミスジノメイガだと思います。

イメージ 11

これもこの間いたトビモンコハマキです。

イメージ 12

翅に3つの黒点があるので、ミツボシキバガの仲間だと分かりますが、似た種が多くていつも迷います。今回ももう少し粘ればよかったのですが、ちょっと焦ってしまって・・・。名前はよく分かりません。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

マエジロアツバは確かキノコ食いのヤガですね
蛾は肉食(捕食性)のものもいるし食性も豊かですね 削除

2014/9/29(月) 午後 0:23 [ 山猫 ] 返信する

顔アイコン

山猫さん、こんばんは。コメント、有難うございました。

調べてみると、確かに、「カキ、ヤナギ、サクラなど種々の樹状に生えたカワラタケ類のキノコに発生し、これを外部から食べる」と書かれています。その周辺の種を調べると、同じヤガ科でも地衣類を食べたり、蘚類を食べたり、枯れ葉を食べたり、本当にバラエティがありますね。

2014/9/29(月) 午後 7:30 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

マエジロアツバは1度だけ見付けたことがあるんですが、暗がりで見たので翅の様子までは観察できませんでした。
こんな良い雰囲気を持った蛾だったんですね。

成虫に毒毛のあるドクガは、ハチよりも怖いです(笑) 削除

2014/9/30(火) 午後 6:47 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

マエジロアツバもよく見ると、なかなか面白い蛾ですね。何となく変わっているなとは思っていたのですが。

毒毛を持つドクガは以前、何種類か展翅を強行したので、やや恐怖感が薄くなっています。私はハチの方が遥かに怖いです(笑)。

2014/10/1(水) 午前 5:30 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事