廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第403弾

一昨日の「廊下のむし探検」の結果です。今回は蛾が中心です。

イメージ 1

地下駐車場の天井にクスサンがまたいました。この間も、廊下でクスサンの翅が落ちていたのを見たので、今年はこれで3匹目。今年はクスサンの当たり年かも。例年、クスサンはよく見る年でも2匹程度だったので・・・。今年はいろいろと変な年でしたね。テングチョウが大量発生して廊下を歩くときも手で払いながらだったし、ヤママユがほとんどいなかったし、・・・。

イメージ 2

色合いは綺麗な蛾ですが、名前調べにはいつも迷う種です。アシベニカギバとオキナワカギバという似た種がいるからです。オキナワカギバは南方系のですが、近畿南部にはいるので、それらしい個体はこれまでも何匹か来ていました。翅の形や、後翅の色合い、「く」の字の白点などを見ていくのですが、正直、よく分かりません。あまり根拠はないのですが、この写真の個体はアシベニカギバの方かなと思っています。

イメージ 3

これは毒毛を持たないドクガの仲間で、スギドクガといいます。名前通り、幼虫はスギやヒノキなどを食します。

イメージ 4

これはウスクロスジチビコケガというヒトリガ科の蛾です。「廊下のむし探検」初登場です。

イメージ 5

そして、これはこの間からよく出ているウスバフタホシコケガです。

イメージ 6

それから、黒点が1個なのでアカホシシロコケガの♀でしたね。そういえば、♂の性標を顕微鏡で見ようと思って、現在2♂を展翅中です。固まるまでもう少しお待ちください。

イメージ 7

これはフタモンクロナミシャクです。

イメージ 8

これはシロモンノメイガです。黒と白がはっきりしていてちょっと惹かれる蛾です。

イメージ 9

こちらはヒメクロミスジノメイガ。似た模様の種がいろいろといるので、あまり惹かれない種です。

イメージ 10

最後はナガハマツトガ。蛾自体よりも、「ナガハマ」という語の響きに惹かれます。あれっ、この名前の由来は何だっけ。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

クスサンは今まで1匹しか見たことが無かったのに、今年は3匹見ました。
今年はこの時期にしては出掛けられているせいかもしれませんが…

シロモンノメイガは確かに惹かれる種ですね。
基本的に白黒の蛾には綺麗なものが多いんで好きです。
そして2〜3本の線があるノメイガは、やはり好きになれません(笑) 削除

2014/10/3(金) 午前 0:24 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

やはり、クスサンが多かったですか。今年は何となく変な年でした。

知らず知らずのうちに、蛾も好き嫌いができますね。模様がはっきりしていて、しかも、余り大きくなくて、それほどいっぱいいない種が何となく好きになっているかな。

2014/10/3(金) 午前 6:35 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事