廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第411弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。この日はちょっと面白い蛾がいました。

イメージ 1

似た種にオオノコメエダシャクという蛾もいるのですが、外縁部の突出が少なく、外横線が翅脈上で点列になっているので、ヒメノコメエダシャクの方かなと思っています。腹を上に持ち上げる格好で止まる蛾は多いのですが、この蛾はなぜか横に曲げます。昔、どちらに曲げるのが多いか調べたことがあったのですが、結果は忘れてしまいました。この写真の蛾の場合は単に重力の方向のような気もするのですが、それなら、なぜあえて斜めに止まる必要があるのでしょうね。(追記:星谷 仁さんから、左右非対称にすることで天敵の目をくらますという、面白い仮説を紹介して頂きました。詳細はコメントを御覧ください

イメージ 2

色が薄いのですが、いつものコヨツメアオシャクです。

イメージ 3

エゾギクトリバがまたいました。いつ見ても変わった格好の蛾ですね。

イメージ 4

ちょっと変わった模様です。あの黒い点はおそらく鱗粉が盛り上がってできているのでしょう。模様がはっきりしているようで、はっきりしないので、だいぶ迷ったのですが、おそらく、ハマキガ科のセウスイロハマキではないかと思います。

イメージ 5

綺麗な蛾ですね。ギンモンシマメイガといいます。これは腹を上に向けて止まっています。

イメージ 6

野外ではよく花に来ているところを見ます。マンションにはそれほど多くはやってこないのですが、シロオビノメイガです。

イメージ 7

これはネグロシマメイガ

イメージ 8

そして、いつものクロテンハイイロコケガ

イメージ 9

それに、ソトウスグロアツバです。虫が減ってくると、普段、あまり写さない蛾も写してしまいますね。

イメージ 10

イメージ 11

最後は一昨日から出始めたムラサキトガリバです。翅にある黒い筋が目立ちますね。個体によっては白い縁取りがあるのもありますが、先日拡大してみたところによれば、先半分が黒い鱗粉が盛り上がっている隣に白い鱗粉が並んでいるのが原因みたいです。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

お腹をどちらに曲げるか、面白いですが、蛾に右利き左利きという様なものはあるんでしょうかね?
フユシャクがどちらの翅を上にして止まるかは、その時によって変わる様ですが、モンヤガや枝の様に細くなるキリガは?とか、カマキリやゴキブリ、カワゲラの翅は?など、疑問に思うといろいろあるものですね。 削除

2014/10/11(土) 午後 10:04 [ 通りすがり ] 返信する

ノコメエダシャク類のとまり方は何か意味があるような気がしますね。個人的には「(左右)対称性をかく乱して(天敵から)見つかりにくくする」ような効果があるのではないかと想像しています。以前、思いついたことを記してみたことがあります。単なる一つの解釈で、当っているかどうかはわかりませんが……。

ノコメエダシャクはなぜ傾いでとまるのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/33745154.html

2014/10/11(土) 午後 10:32 [ 星谷 仁 ] 返信する

顔アイコン

星谷 仁さん、コメント有難うございました。

ブログも拝見致しました。すばらしい発想ですね。左右非対称が天敵の目をあざむくとは。でも、読ませていただいているうちに、そういうこともあるかもしれないという気持ちになってきました。

視覚による認識は、いくつかの基本図形とその組み合わせでできると読んだことがあります。おそらく天敵は蛾を認識するのにいくつかのパターンを持っていて、それに合致するものを見つけるとさっと飛んでいって捕まえるということをしているかもしれません。しかし、蛾は我が国だけでも5000種。すべてのパターンを持つわけにはいきません。そこで、そのパターンからずれた形を持つことで天敵の攻撃から避ける、少なくとも、攻撃の可能性を減少させるということはあるかもと思うようになりました。ノコメエダシャクの左右非対称もそうかもしれませんし、ツマジロエダシャクが前翅と後翅の間の隙間を大きく開けて止まるのもそうかもしれないなと思いました。

大変、面白い仮説ですね。これからは天敵の目になって虫を探してみるとよいかもしれません。うーむ、それではノコメエダシャクを逃してしまうかな。

2014/10/12(日) 午前 7:33 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、コメント有難うございました。

右利きと左利きがあるのかどうか分かりませんが、右と左の翅を重ねるタイプのものは確かにどちらが上になるか気になりますね。案外、その時の翅を閉じる具合で決まるだけかもしれませんが・・・。しかし、人間も外観上では左右対称なのに、右利き、左利きがありますね。内臓レベルではちっとも対称でないので、その意味では虫にもあるのかもしれません。右の翅の筋肉が強くて、どうしても左に旋回してしまう虫なんか・・・。

2014/10/12(日) 午前 7:34 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事