廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第413弾

「廊下のむし探検」を始めてから一昨日でちょうど2年になりました。マンションの廊下にどんな「むし」がいるだろうか。ともかく、どんな虫でも調べてやろうと思って、軽い気持ちで始めたブログが、どんどん内容が膨らんでいきました。さらに、皆様の助けをお借りしながら、少しずつですが、知識も深くなっていったような気がします。

1年目もまとめたのですが、この2年間で見られた「むし」についてまとめてみました。これまで見た種で名前がだいたい分かったものは全部で1355種になりました。分類別に主なものをあげると次のようになります。

イメージ 13

一番左の欄は分類の目の名称です(カメムシと蛾・蝶は違います)。2番目の欄はこの2年間に見られた種類数、3番目は初めの1年間に見た数です。この2年目でどれだけ増えたかを示すために1年目との比を次の欄に載せています。蛾はかなり網羅的に調べているので、この数字が基準になると思います。1年目に比べると、2年目はやはり少し数が減り、2倍にはならず、1.6倍になりました。これに比べ、他の目ではだいたいこの数字を越えています。これは、少し名前が分かるようになったことを意味しているのではないかと思っています。特にハエ、クモあたりはかなり増加しています。

一方、これらの種類数が全体としてどのくらいのレベルなのかは、大阪府のデータと比較すると分かります。ちょっと古いですが、大阪府野生生物目録(2000)に載っている数字がその次の欄に載っています。また、それとの比がその次の次の欄に載せています。蛾はだいぶ頑張ったので、大阪府全体の約1/3になりました。カメムシはもっと多くて約1/2です。これに対して、甲虫は約1/6とまだまだの感じです。

ところで、チャタテムシを見ると、比が1になっているので、あれっと思って種名を比べてみると、それほど一致していません。おそらく大阪府でもあまり調べていないのだろうと思って、今度は日本全体の種類数を日本産生物種数調査からとってきました。それが最後の欄です。大阪府のデータは、チョウやトンボは5割に達し、蛾でも4割ほどありますが、チャタテムシでは1割にも満たないことから、調査があまりされていないのだろうと推測がいきます。チョウやトンボはあまりマンションにはやってこないので諦めるとして、甲虫、ハエ、ハチ、クモあたりをもう少し頑張ってみようかなと思っています。

最近の1年間で印象に残った虫を少し集めてみました。

イメージ 1イメージ 2
イメージ 3イメージ 4

まず、蛾です。左上から、オオシモフリスズメ、エゾヨツメ、フシキキシタバ、ナカモンカギバです。オオシモフリスズメやエゾヨツメは久しぶりに見れて嬉しかったです。フシキキシタバやナカモンカギバは珍しい蛾です。

イメージ 5イメージ 6
イメージ 7イメージ 8

左上から、タチバナチビチョッキリ、ナミガタチビタマムシ、ダンダラカッコウムシ、オオシロカミキリです。タチバナチビチョッキリは初めて見ました。チビタマムシは顕微鏡で詳しく調べました。カッコウムシなんて名前の虫がいるのを初めて知りました。オオシロカミキリは立派でした。

イメージ 9イメージ 10
イメージ 11イメージ 12

左上から、オニアシブトコバチ、キボシマルウンカ、ウロコチャタテ、ウスグモスズです。こんな変わったハチがいるなんてちっとも知りませんでした。キボシマルウンカはてっきりテントウムシの仲間だと思いました。ウロコチャタテは顕微鏡で調べ、それからすっかりお馴染みの虫になりました。最後はウスグモスズです。ちょっと面白い話がありました。

さて、ブログを書いていくと、内容がどんどん増えていくのですが、昔のデータをいかに活用したらよいかという点にはいつも悩まされます。今更整理するには記事や写真が多すぎるし・・・。ということで、データベースとして活用できないかと考えました。種名や画像で見て、この時にどんなことを思ったのかとか、どんな資料を調べたのかとか、また、どんなコメントがあったのかなどがすぐに見られるようにして、データベースとして活用すればよいのではと思ったのです。

そこで、「廊下のむし探検」付録のホームページに、種名索引と画像リストをつくり、種名や画像と同時にブログの日付をいれてリンクを貼ることで、Yahooのメモリが壊れない限り、いつでも昔のブログが見れるようになるのではと思っています。でも、Yahooのメモリが壊れない限りというところがちょっと心配ですね。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

印象深いものが集まると壮観ですね。
個人的に今年印象的だったのは、ベニシタバ、オニベニシタバ、エゾベニシタバを続けて見たのと、エゾヨツメの幼虫、クビアカスカシバ、マルモンシロガ、Podagricomela weisei?ですかね。
身近なものだけでも毎年新たな出会いがあって、新たな知識が増えて、どんどんのめり込んじゃいますね(笑) 削除

2014/10/14(火) 午後 8:53 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

マルモンシロガは一度見たことがありましたが、それ以外はどれも見たことがありません。ちょっとうらやましいです。写真で見ると、クビアカスカシバというはすごいですね。本当にスズメバチそっくり。一度、見てみたいものです。

2014/10/15(水) 午前 9:37 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事