廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第420弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。相変わらず、カメムシはぞろぞろいるのですが、常連ばかりなので今日は省略して蛾から始めます。

イメージ 1

ノコメトガリキリガというキリガの仲間です。秋に出てくるので秋キリガと呼んでいます。キリガにはこの他、越冬する越冬キリガ、春に出る春キリガ、そしてこんな言い方をするのかどうか知りませんが、夏に出る夏キリガがあります。

以前、キリガが何を意味するのか、近くにお住まいの先生に尋ねたことがあります。そうしたら、木を食べる幼虫が○○キリムシと呼ばれていたところから付けられた名前だそうです。でも、そのうち分類学的に近いからと、草を食べる種もキリガと呼ばれるようになってしまいました。いずれにしても、食べ物で名前を付けたので、キリガと名の付く種はヨトウガ、セダカモクメ、カラスヨトウなどいろいろな亜科に分かれて入っていました。最近出された「標準図鑑」では、キリガ亜科という亜科が新たにできたので、まとめられたのかなと思ったのですが、ブナキリガなどはヨトウガ亜科なので、相変わらずいろいろな亜科に分かれて入っているようです。

イメージ 2

これはアオバハガタヨトウで、やはり秋に出てくるキリガ亜科の仲間です。例年より一週間ほど早い発生です。

イメージ 3

色が黒っぽいので、よく分からないのですが、おそらくアオアツバかなぁ。

イメージ 4

こちらもちょっと迷ったのですが、ウスチャモンアツバかなと思っています。このほかオオバコヤガはたくさんいたのですが、今日は省略です。

イメージ 5

いかにも枯れ葉のような蛾ですが、これは夏に出てくる蛾で、キバラエダシャクです。

イメージ 6

これは以前教えていただいた、ヤマトエダシャクですね。

イメージ 7

こちらはシロシタトビイロナミシャクです。後翅の白いことがちょっとだけ分かります。

イメージ 8

これはクロモンキノメイガです。

イメージ 9

これはナナホシテントウですが、これから冬にかけてだんだん見る機会が増えてくると思います。

イメージ 10

これはツチバチの仲間ですが、たぶん、ヒメハラナガツチバチではないかと思います。

イメージ 11

最後はこの小さなハエですが、名前は分かりません。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

春キリガは全てヨトウガ亜科に残ってますね。
ヤガ科はまだまだ分類が確定されそうもありませんね。

こちらはキイロキリガ、キトガリキリガ、ナカオビキリガの後はハガタアオヨトウが出ただけで、秋の蛾どころか何も外灯に来てません。 削除

2014/11/1(土) 午後 2:49 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

今度の土曜日に文化祭があるので、その展示の準備で、昨日、今日と「廊下のむし探検」を休んでいました。だいぶ寒くなってきたので、虫がいなくなっているかなと心配ですが・・・。

キイロキリガというのは見たことがありません。ハガタアオヨトウというのも知りません。やはり見られる種類が違いますね。

2014/11/1(土) 午後 9:27 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

アオバハガタヨトウと間違えちゃいました。
ハガタアオヨトウは7月末くらいに見られます。
どちらもキリガ亜科で、出現時期が違うんですが、名前も見た目もややこしいんですよね。 削除

2014/11/3(月) 午後 7:00 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

あぁ、そうですか。アオバハガタヨトウはこちらでも見ますね。そうかなとも思ったのですが、場所が違うとずいぶん違うものだと妙に納得していました。

2014/11/4(火) 午前 5:50 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事