廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第423弾

昨日の午前中の「廊下のむし探検」の結果です。この日は、北側の外壁にツチハンミョウが実に3匹も止まっていました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

3匹とも、触角に塊がついているので♂です。真ん中の写真は以前紹介した、目盛入りのマスキングテープの切れ端を貼ったところです(だいぶ汚れてしまった!)。このテープの切れ端をいつもカメラレンズにくっつけておいて、必要なときに貼り付けて撮影しています。大変便利ですが、時として、貼り付けた途端に虫が落ちたり、飛んで行ったりすることもあります。撮影した後、ImageJというソフトで寸法を測っています。この3匹の体長はそれぞれ12.6mm、15.5mm、13.5mmでした。

この辺りにはキュウシュウとヒメという2種類のツチハンミョウがいて、触角で見分けられるので、今回も触角を拡大してみました。

イメージ 4

触角第1節が長く、第2から第4節までを足したものとほぼ同じ長さです。また、第7節がハート型です。このことから、ヒメツチハンミョウの方ではないかと思いました。どれも地上から50cmから1mくらいのところをゆっくりゆっくりと上に登っています。いったい何をしているのでしょうね。

イメージ 5

これも動きはツチハンミョウに似ているのですが、ヤニサシガメの5齢幼虫だと思います。やはりゆっくりゆっくりと登っていました。

イメージ 6

先日もいたオンブバッタです。今回の個体は小さくて痩せているので、上に乗る♂の方なのでしょうか。

イメージ 7

それに消火栓のところにいたハラビロカマキリです。

イメージ 8

クサカゲロウは2匹いましたが、いずれもスズキクサカゲロウでした。

イメージ 9

また、ヒメノコメエダシャクがいました。しかも今回は床の上。腹を左側に向けていますが、これは明らかに重力の影響ではないですね。やはり、以前、通りすがりさんが言われていたように、右利きとか左利きとかがあるのかもしれませんね。

イメージ 10

前から写してみました。後翅の後縁がめくれ上がっています。腹を曲げた時に後翅に当たらないようにという配慮なのでしょう。心持ち、向かって右側のめくれ方が激しいので、腹を曲げやすい方向と一致しているのかもしれません。それとも曲げた方の後翅をよりめくれ上げるようにするのでしょうか。

イメージ 11

似た種が多いのですが、後翅の模様からフタツメオオシロヒメシャクではないかと思います。銀色の模様がたいへん綺麗です。

イメージ 12

こちらはソトシロオビナミシャクだと思います。

イメージ 13

これも似た種が山のようにいるのですが、外縁に沿った部分の模様と翅の中間辺りの線の曲がり方などから、コガタツマキリヨトウではないかと思いました。ちょっと自信はありませんが・・・。図鑑に載っている出現時期は5-9月になっていて少し合いません。

イメージ 14

これはいつものオオバコヤガでしょうね。今回は比較的模様がはっきりしていました。この日は他にもいたのですが、模様がほとんど消えてしまっていました。

イメージ 15

これはウスチャモンアツバかなと思います。

イメージ 16

この蛾の名前調べに半日以上もかかってしまいました。「大図鑑」と「標準図鑑」を何度見直したかわかりません。うっすらとした模様を手がかりに探したのですが、見つかりません。最後に鋭角な翅端、それに濃い色の直線的な外縁部だけに注目して、模様を見ないようにして図鑑を探してみたら、やっとそれらしい種に行き着きました。タバコガの仲間です。これもオオタバコガとタバコガという似た種があるのですが、翅脈M3以下の亜外縁線が鋸歯状にならず不明瞭というところから、オオタバコガの方かなと思っています。

イメージ 17

だいぶ高いところに止まっていたので、両手を伸ばして撮ったら、こんな姿になってしまいました。クロモンキノメイガですね。

イメージ 18

それに、最後はいつものネコハグモです。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

相変わらずツチハンミョウが多いですね。
こちらで見られたものもヒメツチハンミョウですが、やはり見付けられずにいます。
冬に北側の斜面でも崩せば出ると思うんですが…

オンブバッタはオスですね。
キリギリス類は産卵管で一目瞭然ですが、バッタ類は体格が大きく違うものが多いですね。

ヒメノコメエダシャクは床の凹凸に反応するとか?
平らなところでやったら半々くらいに落ち着きそうな気もしますが。
そう言えば、フユシャクがどちらの翅を上にするかは半々くらいになるそうです。 削除

2014/11/1(土) 午後 3:51 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

ツチハンミョウ、今年は当たり年かもしれません。少し小型の感じがしますが、やたらいっぱいいます。一日中眺めてどういう行動をとるのか見たいのですが、なかなか暇がなくて・・・。

このオンブバッタはちょっと小型だったので、♂かなと思ったのですが、やはりそうですか。

ヒメノコメ、何となく後翅後縁のめくり上がり方の程度で、どちらに曲がりやすいかが分かりそうな気がしてきました。もう少し調べてみたい気がするのですが、もういないかもしれませんね。

2014/11/1(土) 午後 9:42 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事