廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第424弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。いったいどうしたのでしょうね。昨日はツチハンミョウが全部で7匹。こんなにいっぱい見たのは初めてです。

イメージ 2

廊下にこんな感じでのそのそと歩いています。

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

触角の途中が太いので、いずれも♂で、しかも、触角第1節が長いので、ヒメツチハンミョウのようです。どれもみな廊下を歩いたり、壁を登ったり、うろうろうろうろ。一体何をしているのでしょうね。

イメージ 5

イメージ 6

天井にコオロギが止まっていました。いつものオカメコオロギかなと思ったのですが、どうも口が長い感じがします。ひょっとすると、クチナガコオロギの♂かもしれません。そうだったら良いのですが・・・。

イメージ 7

この間からオンブバッタをよく見ますね。

イメージ 8

これはモリチャバネゴキブリの幼虫でしょうか。

イメージ 9

ハエの仲間ですが、名前は分かりません。(追記2018/02/20:ヒゲナガケバエ科のクロヒゲナガケバエではないかと思います

イメージ 10

これもハエですが・・・。

イメージ 15

オオトビサシガメですが、上翅が一枚取れているのでしょうか。

イメージ 11

この間もいたシラオビアカガネヨトウです。以前、教えていただいたので、今回は横からも撮ってみました。

イメージ 12

白い模様が翅の前縁まで届いていません。従って、マエグロシラオビアカガネヨトウという長い名前の蛾のようです。

イメージ 13

この蛾の名前調べが大変でした。色々調べた結果、ヤガ科アオイガ亜科のAmyna属であることは間違いなさそうです。ただ、腎状紋の下部と翅端に白い点があると、いつものサビイロヤガなのですが、それがありません。変異なのかもしれませが、ひょっとするとマドバネサビイロヤガ♀かも。これだと、分布が小笠原、奄美で、本州では見つかっていないと思うのですが・・・。いずれにしても「サビイロ」という名前がよく似合う蛾ですね。

イメージ 14

これはギンモンシロウワバです。昨年は11月に見ました。

イメージ 16

それに、この間も見たアオバハガタヨトウです。

イメージ 17

いつものムラサキトガリバのようですが、中央に黒い毛が見えています。これは腹に生えている毛で、これがあるとニッコウトガリバです。今年、ムラサキトガリバがずいぶん多かったのですが、ニッコウトガリバは今回が初めてです。

イメージ 18

最後はウスキツバメエダシャクです。10月も終わりになってきましたが、まだまだ面白い虫が出てきますね。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

居るところには居るんですけど、1度に7匹とは。

それにしても本当に錆色で、止まる場所によっては見事に化けそうですね。 削除

2014/11/1(土) 午後 3:58 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

昨日、今日と見にいっていないので、どうなっているか心配ですが・・・。やはり、♂が先に出てくるのですね。今年、♀をまだ見ていません。

2014/11/1(土) 午後 9:45 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事