廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第431弾

秋も深まってきましたが、今日はいろいろと面白い虫がいました。

イメージ 1

まず、今日の最初はこのクサカゲロウです。翅に黒い点が2つあって、これまでのクサカゲロウとは明らかに違います。千葉大のページの写真と比べると、クサカゲロウ族ではなくて、ヒロバクサカゲロウ族のようです。まだ、検索表を使った同定はしていないのですが、どうやらマツムラクサカゲロウのようです。それにしても、マンションにはいろいろなクサカゲロウが来ますね。

イメージ 2

次はヒメツチハンミョウです。今日は♀がいました。今シーズン初めてです。♀の触角には瘤のようなものがないので、♂か♀かはすぐに分かります。

イメージ 3

こちらは♂の方です。今日は結局、3♂1♀がいました。ほとんど毎日見ることができますね。

イメージ 4

変わった模様のハエがいました。何だろうと思って撮ったのですが、同じ模様のハエは図鑑には載っていません。さらに、翅脈を調べると、イエバエ科に似ています。そういえば、頭、胸辺りは普通のハエみたいです。

イメージ 5

横から撮ってみました。縞模様のように見えるのは、どうも何かの分泌物のような感じです。一体何なのでしょう。(追記:星谷 仁さんから、「ハエカビのようなものに寄生されているではないでしょうか」というコメントを頂きました。ハエカビというのは全く知らなかったのですが、ネットで調べるとよく似た写真がいっぱい出てきました。おそらく、そうですね。ハエカビは接合菌綱ハエカビ目に属するカビだそうです。ハエの体に胞子がつくと、内部に入って増殖し、分節菌糸体という菌糸の短いかたまりのような状態になります。体表面には胞子を作って、やがて、母体であるハエを殺してしまうという寄生菌の一種だそうです。つまり、外から見えている白い部分は胞子なのですね。コメント、どうも有難うございました

イメージ 15

これはクロヒラタアブでしょうね。フラッシュをたいて撮影したら、いきなりカメラにつけた「影とり」に止まってしまって撮影できませんでした。

イメージ 6

ハエ目の虫です。名前は分からないのですが、一応、撮影してみました。(追記2018/02/20:ヒゲナガケバエ科のクロヒゲナガケバエではないかと思います

イメージ 7

天井からガガンボがぶら下がっていたのですが、どうも翅が逆を向いている感じです。

イメージ 8

横から撮ってみました。やっぱりよく分かりません。

イメージ 9

後はカメムシです。これはオオホシカメムシですね。

イメージ 10

これはミナミトゲヘリカメムシですね。棘が尖っているのでうっかり触ると刺さると図鑑に書いてありました。

イメージ 11

これも横から撮ってみました。白い体に黒い点が点々とついています。これは気門でしょうね。南方系のカメムシで南西諸島だけに分布していたものが、最近では関東あたりまで分布を広げたようです。

イメージ 12

これはホソヘリカメムシですね。

イメージ 13

それに、たぶんフタモンホシカメムシの5齢幼虫です。

イメージ 14

最後はこのハンゲツオスナキグモです。今頃はよく見ますね。

蛾は次回に回します。

この記事に

閉じる コメント(4)

いつも興味深く拝見しています。
風変わりなハエは、もしかするとハエカビのようなものに寄生されているではないでしょうか。

2014/11/11(火) 午後 1:06 [ 星谷 仁 ] 返信する

顔アイコン

星谷 仁さん、コメント有難うございました。

ハエカビというのは聞いたことがなかったのですが、検索すると似たような写真がいっぱい出てきました。どうやらそのようですね。驚きました。ハエカビ目というカビがあるのですね。いい勉強になりました。どうも有難うございました。

2014/11/11(火) 午後 4:10 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

ヒロバクサカゲロウ族は見付けてみたいですねえ。
クサカゲロウの仲間は、撮ってみる様になると身近に何種も居ることに気付く虫ですが、この族は見たことが無いので羨ましいです。

ハエカビ目は、去年タラノキの花でミドリバエに寄生したものを見付けましたが、まさにこんな感じでしたね。

ミナミトゲヘリカメムシは去年の1月に千葉で見付けました。
茨城までは定着している様ですが、九州上陸から30年ほどで関東まで広まったそうです。 削除

2014/11/12(水) 午後 9:34 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、こんばんは。コメント有難うございました。

ヒロバクサカゲロウ族は観察してみると、クサカゲロウ族とはかなり違うみたいです。これまで、単にクサカゲロウと呼んでいたものが、実は、何種類もいるので正直驚いています。

ハエカビは初めて見ました。こんなカビがいるのですね。ハエもたまりませんね。

ミナミトゲヘリカメムシはよく見ます。広がるのにずいぶん長い時間かかったのですね。外来種と南方系とは広がり方がだいぶ違うみたいですね。

2014/11/13(木) 午後 8:03 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事