廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第449弾

昨日も「廊下のむし探検」をしたのですが、まだ名前が分かっていない種があるので、今日の分を先に出します。今日は特別に寒くて、虫もほとんどいません。ハエはたくさんいたのですが、じっとしているか、飛んでも20cmほどしか飛べないほどでした。そんな中、フユシャクだけは元気よく飛んでいました。

イメージ 1

イメージ 2

クロスジフユエダシャクです。今日は3匹いました。1匹は飛んでいたので追いかけていったのですが、とうとう止まってくれませんでした。フユシャクを除くと、マンションの廊下は静かで、人を含めて動く姿はほとんど見ませんでした。

イメージ 3

イメージ 4

以前だったら、上の写真はカシワオビキリガ、下はテンスジキリガといっていたのですが、この間、通りすがりさんに教えていただいた特徴や似た蛾の比較図鑑を参考にすると、やはり両方共カシワオビキリガのようです。内横線が共に波打っています。蛾の名前調べもなかなか大変ですね。今度、標本箱も見直してみなければ・・・。

イメージ 5

この間、トキンソウトリバといっていた蛾ですが、これは大丈夫かな。

イメージ 6

後はクサカゲロウが何匹かいました。最近はいつもこんな写真を撮って、種類を見分けています。これはスズキクサカゲロウですね。最近見るクサカゲロウはスズキだけです。

後はハエばかりです。ハエは科が分かるところまでが精一杯なので、名前まではたどり着いていません。

イメージ 7

キモグリバエ科のハエでしょうね。こんな小さいハエが壁にいっぱいついています。

イメージ 8

これは採集してきて検索してみました。小楯板の下に土手状の出っ張りが出ているので、ヤドリバエ科みたいです。腹に刺のような毛がいっぱいあるので、おそらく○○ハリバエでしょうね。

イメージ 9

小さなハエでちょこちょこ動くので、ピントが合いませんでした。これも採集してきて調べたら、先日も見たヒメイエバエ科のようです。翅にあるA1脈という翅脈が曲がっているところから判断しました。

イメージ 10

これは先日から見ていたハエです。前胸背には金属光沢があり、細かい黄色の毛がまばらに生えています。捕まえようとするといつもは逃げてしまうのですが、今日は寒かったせいかじっとしていたので採集しました。検索してみるとクロバエ科になりました。そういえば、キンバエもクロバエ科だったので、それに近い種類だったのですね。

イメージ 11

最後はこの種です。キノコバエの仲間でしょうか。これは採集してこなかったので、科も分かりませんでした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事