廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第454弾

外は雨、何となく鬱陶しい一日でした。午後から雨はやんだものの、いかにも虫はいなさそうな感じでしたが、一応、廊下を歩いてみました。

イメージ 1

イメージ 2

でも、歩いてみて良かったです。今日は今シーズン3種類目のフユシャクを見ることができました。チャバネフユエダシャクです。この日は3匹いました。昨年と一昨年の記録を見てみると、それぞれ、12月17日、12月18日が初見日でした。今年は1週間ほど早い出現です。その代わり、あれほどいたクロスジフユエダシャクを1匹も見なくなりました。今日届いた大阪市立自然史博物館発行の「Nature Study」の表紙がまさにこのチャバネフユエダシャクの♀でした。♂と♀はまったく違う感じですね。一度、♀を見てみたいなと思いました。

イメージ 3

これも廊下の壁に止まっていました。ケブカチビナミシャクだと思います。

イメージ 4

それにナカオビアキナミシャクです。また、チョウチョ止まりです。今年の流行かな。

イメージ 14

だいぶ鱗粉が剥がれていますが、ノコメトガリキリガです。

イメージ 5

イメージ 6

チャタテですが、目が飛び出したような変わった形です。昨年見たイダテンチャタテとよく似ています。ただ、昨年の個体は腹がはるかに大きいでした。ネットで調べてみると、昨年の個体が♀で、これはどうやら♂のようです。

イメージ 7

こちらはいつものクロミャクチャタテですね。

イメージ 8

小さなハエは撮らないとつもりだったのですが、つい撮ってしまいました。で、名前は分かりません。(追記:ノミバエ科みたいです

イメージ 9

これは翅脈からキノコバエ付近の種だと思われますが、何となく両側の複眼が眼橋でつながっているような感じです。それでクロバネキノコバエの方かなと思っています。

イメージ 10

ハチもいたのですが、これも名前は分かりません。早く分かるようになりたいですね。

イメージ 11

これはクロオオアリでしょうか。

イメージ 12

雨に濡れた外にいました。オオトビサシガメですね。

イメージ 13

昆虫だと思って撮影したら、クモの方でした。ネコハグモですね。今頃はこのクモをよく見ます。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ケブカチビナミシャクは見たことが無いと思ったら、やや南方系なんですね。
それにしても小さなナミシャクだなあ。 削除

2014/12/15(月) 午後 9:55 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

こちらでは比較的よく見るのですが、やや南方系なのですね。写真だと大きさが分からないので、できるだけスケールを横に置いて撮るようにはしているのですが、面倒くさくてついそのままアップして撮ってしまいます。模様はよく分かってよいのですが、このままだと大きさの見当がつきませんね。

2014/12/16(火) 午前 6:33 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事