廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

また、ハエかと思われるでしょうね。私もいろいろと調べてみたいのですが、とにかくハエぐらいしかいなくて・・・。先日、カスミカメムシのように翅を折って止まるハエを見つけました。ネットで調べた結果、シマバエ科のSteganopsis属らしいことが分かりました。その後、通りすがりさんから、S. melanogasterかS. vittipleuraらしいことを教えていただきました。せっかくだから、少し調べてみようと思って調べてみた結果です。

イメージ 1

ターゲットはこんなハエです。翅が途中で折れていて、まったく変わった姿です。

イメージ 2

採集して毒瓶に入れておいたら、こんな感じになっていました。腹部が曲がり、しかも上側が平らになっていて、先ほどのような格好になりやすくなっていますね。腹部が曲がっているので、体長をどうやって測るのか分かりませんが、頭と腹部の先端を直線で測ると2.6mm、曲がった腹部に沿って測ると3.0mmになりました。いずれにしても小さなハエです。

せっかくなので、「絵解きで調べる昆虫」の検索表で調べてみました。シマバエ科は初めてだったので、ちょっと楽しみです。

イメージ 3

検索表は先日のヤチバエ科の検索とまったく同じものです。最後の項で、1対の後単眼剛毛の先端が離れる方向に曲がっているとヤチバエ科、先端が近づくように曲がっているシマバエ科になります。それでは順番に見ていきましょう。

イメージ 4

頭部の拡大です。写真がとうもうまく撮れなかったのですが、我慢して下さい。この写真から、ヒゲナガヤチバエでははっきりしなかった額線(額囊溝)や半月板が明確に分かります。赤矢印で示したのが、検索表のそれぞれの項目に対応する部分です。今の場合は①で示した赤矢印がそれにあたります。項目2は次の写真を見てください。

イメージ 5

イメージ 6

翅の基部に弁があるかどうかですが、Fig.3を見ると特に弁は見えません。でも、Fig.2で見ると、小さな弁のようなものが見えます。シマバエは無弁類のはずなのにと思って悩んでいたのですが、「原色昆虫大図鑑III」のハエ目の検索表には、無弁類について「基覆弁の発達が悪いかこれを欠く」とあるので、おそらく発達の悪い弁があるのだろうと勝手に解釈しました。(追記:田中和夫氏の「屋内害虫の同定法(2)双翅目の科の検索表」、家屋害虫 22, 95 (2000)(こちらからダウンロード可能)をパラパラ見ていたら、シマバエ科の翅の基部にある小さな覆弁のことを上覆弁と書いてありました。「原色昆虫大図鑑」によると、上覆弁は端覆弁のことのようです。上の図で基覆弁と書いた部分は端覆弁と書くべきでした。つまり、上の文章は覆弁がないという意味ではなく、「基覆弁の発達が悪いかこれを欠く」という意味でした

次の3と4は翅脈に関するものなので、Fig. 3を見ると分かります。まず、R4+5脈とM1+2脈はほぼ平行なので、3はOKです。4はSc脈がC脈とぶつかる点でC脈が切れないということですが、切れていないのでこれもOKです。
次は鬚剛毛ですが、Fig. 1で分かるように、口の周りの剛毛がありません。さらに、6も翅脈に関することなので、すぐに分かります。7は脚の脛節末端の剛毛に関するものです。

イメージ 7

この写真のように脛節の背側に剛毛があります。従って、これもOK。最後の後単眼剛毛は次の写真を見てください。

イメージ 8

頭頂部に単眼があるのですが、その後ろにある1対の剛毛が後単眼剛毛です。ヤチバエではこの1対の剛毛の先端が互いに離れていく方向に曲がっていました。このハエでは逆に近づく方向に曲がっています。これでシマバエ科であることが分かります。「くせ毛の向き」で区別するなんて、何だか微妙な話ですが・・・。

シマバエ科であることが分かったので、次は属の検索を試みてみました。これには株式会社エコリスのホームページにある「日本のシマバエ科 属への検索試案」を使わせていただきました。おそらくSteganopsis属だろうと思い、そこに到達するのに必要な部分のみを抜粋しました。

イメージ 9

この検索表に関係する部分については図に黒矢印で示しています。まず、1の最初の項目はC脈に沿ってある小剛毛列についてですが、Fig. 3でも分かりますが、R2+3を過ぎた辺りで消えてしまっています。そこでこの項目はOKです。次の項目は中脛節の末端の剛毛に関するものですが、おそらく脛節腹側に1本のことかなぁと思って、それならばOKです。次は肩後剛毛に関するものです。Fig. 2には肩後剛毛らしいものを示していますが、これが肩後剛毛ならばOKということになります。

6、7、8には顔面が膨らむとか突出しないとかいう項目が続きます。あまりよくは分からないのですが、一応、横からみた写真も載せてみます。

イメージ 10

確かに、顔面は丸く膨らんでいるのですが、これを「瘤状に大きく膨らむ」と呼ぶべきか、それとも、「突出はしない」というべきかちょっと判断できません。次の額眼縁剛毛はFig. 5に載せていますが、2対ある剛毛の前の方については確かに内側を向いています。最後は8についてです。最初は翅脈に関するものです。Fig. 3を見ると、項目に書いてある通り、R2+3脈が大きく上に湾曲しています。さらに、3項目は「(後)単眼剛毛が短い」というところはFig. 5を見てもすぐに分かりますが、「単眼瘤から生じている」についてはどうもそうではなくて、単眼瘤の後ろから出ているみたいです。4項目の触角については次の図を見てください。

イメージ 11

触角の第3節は長く伸びています。そこに長い刺毛がついています。従って、この項目もOKです。ということで、またしても不安材料を含みながらも、Steganopsis属だろうということになりました。検索はなかなか難しいですね。でも練習ですので、もう少し頑張ってみます。

ついでに、今、剛毛の名付け方の練習をしています。このシマバエも「大図鑑」にならって名称を付けてみました。

イメージ 12

イメージ 13

まだ、翅後刺毛と肩後刺毛あたりは怪しいのですが、それでも少し慣れてきました。

最後の最後はおまけです。

イメージ 14

生物顕微鏡を使って、顔の部分のアップを撮ってみました。これは手前から照明したものですが、半月板をはっきり見せるには後ろ側から照明した方がよいみたいです。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

特徴的な姿とは言え、やはり単体で検索は難しいですね。
それにしても小さなハエでここまで撮るのには頭が下がります。
複眼が綺麗なのが救いかな?(笑) 削除

2015/1/5(月) 午前 0:23 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

ハエの検索は難しいですね。でも、あまりできるとは思っていないので、これからもぼちぼちやっていきます。小さな体でも拡大すると、意外に綺麗だったり、意外に変わった形だったりするのを見つけるのが楽しいです。

2015/1/5(月) 午後 7:35 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事