廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第473弾

今日は午後から歩いてみました。朝よりは暖かいので虫がちょっとでもいるかなと思って・・・。

イメージ 1

最初に見つけたのはこの虫でした。たぶんケブカカスミカメだと思います。ケブカというだけあって、翅には毛がいっぱい生えています。図鑑によると成虫越冬するようです。1993年に出された「日本原色カメムシ図鑑第1巻」には、四国、九州に分布とされていましたが、2001年に出された「日本原色カメムシ図鑑第2巻」では、西日本に広く分布と変わっていました。分布を広げているのか、詳細が分かってきたのか、どちらか分かりませんが・・・。マンションの廊下でもこれまで1、2、9、10、12月に見ています。

イメージ 2

次はこれ。小さなハエ目昆虫です。この間捕まえて科を調べてみました。ノミバエ科に属するようです。

イメージ 3

この虫も何度か見ています。同じ種かどうかは分かりませんが・・・。翅の根元の翅脈が急に曲がっているのが見えるのでガガンボダマシ科ですね。

フユシャクも今日は3匹いました。

イメージ 4

まずはこれ。黒っぽいのですが、やはりいつものシロオビフユシャクではないかと思います。

イメージ 5

イメージ 6

悩ましいのはこの2匹。翅の色合いも外横線の外側の白い縁取りなどもほとんどウスバフユシャクなのですが、決め手となる外横線が直線的ではありません。対抗馬としてはクロテンフユシャクになるのですが、私の気持ちではウスバ7:クロテン3くらいかなと思っています。(追記:MSWiさんから、「ウスバにも外横線が軽くカーブするような個体はたまに出ます。なので、少なくとも上の個体は十分ウスバの範疇だと思います。下が少し微妙ですが、これも「クロテンっぽいウスバ」かな、という感じですかね…。ウスバにしてはちょっと白いタイプです(基本的にウスバウスモンは赤っぽく、クロテンは白っぽい奴が多い)。」というコメントをいただきました。とりあえず、どちらもウスバフユシャクとしておきますが、フユシャクも意外に難しいですね。)(追記:通りすがりさんから、「どちらもウスバ(ウスバフユシャク)ですね。横線の濃さや曲がり具合、色には個体差の他にも地域差というか個体群の差なのか分かりませんが、地域によっても見られるタイプに差がありますね。(中略)この横線の形ならば十分にウスバの範囲内です。クロテンなら外横線が折れ曲がるのはM1脈で明確に折れ曲がるので、全体的に緩く曲がるウスバとは区別できますね。」というコメントをいただきました。ウスバの外横線が真っ直ぐだという先入観を早く捨てないといけませんね。直線であったり、連続的にカーブするものあるのですね。今シーズンはいろいろなタイプのウスバが出てきたので、よい勉強になりました

イメージ 7

次はクモです。このクモもこれまで何回か見ているのですが、まだ名前が分かりません。

イメージ 8

それにササグモでした。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

一昨日の夜、ふとカーテンを開けてみると窓にガガンボダマシらしき虫が引っ付いていました。
腹部が黄色っぽかったのですが、そんな種類が居るのですかね。

フユシャクに関して、「外横線が直線的でない」との事ですが、ウスバにも外横線が軽くカーブするような個体はたまに出ます。
なので、少なくとも上の個体は十分ウスバの範疇だと思います。
下が少し微妙ですが、これも「クロテンっぽいウスバ」かな、という感じですかね…。
ウスバにしてはちょっと白いタイプです(基本的にウスバウスモンは赤っぽく、クロテンは白っぽい奴が多い)。 削除

2015/1/21(水) 午後 6:58 [ MSWi ] 返信する

顔アイコン

MSWiさん、こんばんは。いつもコメント有り難うございます。

冬になって虫が少なくなると、ついガガンボダマシみたいな、普段は見向きもしないような虫が目につくようになりますね。私もだんだん小さなハエばかりが気になるようになってしまいました。

フユシャクもなかなか難しいですね。外横線が直線的だと一つ覚えで判断しない方がよさそうですね。上はウスバで決まりで、下は「クロテンっぽいウスバ」ということですね。この間から疑わしいウスバばかり出てきて困ってしまいます。

2015/1/21(水) 午後 8:10 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

ウスバとクロテンの見分け方は難しいですね。
しかしこんな真冬にいろんな方が出てきてうらやましいです。
こちら川崎(横浜市と町田市の境で緑が多い)では林や山の中に入ってもなにもいません。

2015/1/21(水) 午後 8:14 [ - ] 返信する

顔アイコン

too*oo*i*landさん、こんばんは。コメントをどうもありがとうございました。

どうやらマンションに集まってきているみたいですね。私も周りの林を歩くことがあるのですが、外には何もいませんね。やはりマンションは暖かいからか、それとも、白い壁や明かりに惹きつけられるからか。いずれにしても、マンションの廊下を歩くだけでいろいろと見れるで廊下歩きも楽しみになりました。

2015/1/21(水) 午後 8:33 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

どちらもウスバですね。
横線の濃さや曲がり具合、色には個体差の他にも地域差というか個体群の差なのか分かりませんが、地域によっても見られるタイプに差がありますね。
フタスジと紛らわしいものが多い地域や、外横線が緩く曲がるのが普通の地域はあります。
更に色も明るいものから暗いもの、赤みのあるものなど様々ですが、この横線の形ならば十分にウスバの範囲内です。
クロテンなら外横線が折れ曲がるのはM1脈で明確に折れ曲がるので、全体的に緩く曲がるウスバとは区別できますね。 削除

2015/1/25(日) 午後 1:42 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、コメント有り難うございます。

そうですか。両方ともウスバですか。外横線が真っ直ぐという先入観を捨てないといけないですね。クロテンとの区別はお陰でよく分かりました。今年はクロテンをまだ見ていないのですが、これからがちょっと楽しみです。

2015/1/25(日) 午後 9:49 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事