廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

顕微鏡撮影の続き

朝の続きで、クチブトゾウムシの体にある鱗片を生物顕微鏡で撮影してみました。

イメージ 1

用いたクチブトゾウムシは体長5-6mmのこんな甲虫ですが、体全体が鱗片という鱗みたいなもので覆われています。昨日から顕微鏡撮影のテストにこの鱗片を撮影しています。朝、ブログに出した結果では、対物鏡の10倍と比較すると20倍や40倍ではどうも解像度がよくない気がしました。そこで、もう一度撮影してみました。今回は、ピントの位置を少しずつ変えて撮影して、深度合成の方法を使って合成をしました。なお、深度合成に用いたソフトはフリーソフトのCombineZPです。

イメージ 2

これは上翅の部分を10倍の対物鏡を使って撮影したものです。写真はトリミングせずに、ただ縮小しただけのものです。また、撮影用のカメラにはNikon 1 V1を使いました。鱗片と毛が生えていることが分かります。鱗片にも白いもの、金色のもの、黒いものがあることが分かります。チョウと同じで、これら色の違う鱗片が配置することで模様を作っているようです。

イメージ 3

上の写真の一部を拡大したものです。鱗片には白いものと黒いものが見えます。各々の鱗片には貝殻のような筋がはっきり見えます。まったく同じ場所を40倍の対物鏡で撮影してみました。

イメージ 4

この写真もトリミングせずに、ただ縮小しただけのものです。40倍の対物鏡では、試料とレンズ間が狭くなり、その分暗くなるので横から強い光を当てました。そのせいであちこち色づいてしまったようです。解像度的には10倍のものとほぼ同じような感じに見えますが、更にこの写真の一部を拡大してみます。

イメージ 5

黒い鱗片にも同じように筋が見えますが、かなり細い筋が何本もあることが分かりました。やはり解像度は上がっていたようです。白い鱗片は内部が白いので光が散乱して表面構造が見えなくなっているのではないかと思います。なお、この鱗片の大きさを対物ミクロを使って測ってみると幅が53μmであることが分かりました。

解像度的には十分そうなので、やはり問題は照明ですね。もうすこし頑張ってみます。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

顕微鏡はすごいですね。背中がエノキダケの束になったり、網にかかった大漁の赤貝になったり、ぼんやり見てると万華鏡ですね

2015/1/25(日) 午前 8:03 [ あおやまはるま ] 返信する

顔アイコン

あおやまはるまさん、お早うございます。コメント有り難うございました。

どんなものでも顕微鏡で拡大すると面白いですね。小さな虫にもこんな構造があるんだといつも感心してしまいます。もう少し鮮明に撮れるといいんですけど・・・。もうちょっと頑張ってみますので、また、見てくださいね。

追伸)赤貝はすぐに分かったのですが、どれがエノキなのかなとしげしげ眺めていたら、今、分かりました。

2015/1/25(日) 午前 9:36 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

10倍の写真がエノキダケの頭がいっぱい並んでいるように見えただけです。たしかに顕微鏡で見ると世界が違って見えますね

2015/1/25(日) 午後 5:09 [ あおやまはるま ] 返信する

顔アイコン

気が付きましたよ。そう言われるとよく似ていますね。今日もちょっと顕微鏡を見てみたら、鱗片は湾曲しているような感じです。ちょうど貝殻のような形です。何だか面白いですね。

2015/1/25(日) 午後 9:52 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事