廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

最近は虫がいないので、ハエばかり調べています。今回、調べたのはこんなハエです。

イメージ 1

先日、マンションの廊下を歩いていたら、小さなハエがいたので捕まえてきました。一見何の変哲もないようなハエなのですが、実は、科としては初めてみたハエでした。

イメージ 2

横から見たところです。全体に脚が長いですね。この間見たノミバエと同じで、前脚の基節がずいぶん大きいようです。体長は5.1mm、前翅長は約5mmです。

とりあえずいつもの検索表で調べてみました。まず、初めに試したのは、「原色昆虫大図鑑III」に載っている検索表です。最終的にはトゲハネバエ科あたりになったのですが、あまりにも長い道のりで、途中で迷子になったのではと何度も疑いました。トゲハネバエ科に至る間に調べた項目を列記するとこんな感じになります。

イメージ 3

検索結果にまったく自信がなかったので、「絵解きで調べる昆虫」(文教出版、2013)に載っている検索表でもやってみました。

イメージ 10

これは関連するところを抜粋したものですが、今度はすっきりしています。おそらく、「大図鑑」に載っているような特殊な科は除いて作られているからだと思います。なお、この本では図で示してあるものを適当に言葉に直したので間違っていることがあるかもしれません。とりあえず、今回はこの簡単な検索表に沿って科の検索をしてみたいと思います。いつも言っていますが、全くの素人がやっていますのでそのつもりで見てくださいね。

項目1-2に関連する写真を出します。

イメージ 9

イメージ 4

イメージ 5

まず、項目1の額線(額囊溝)と半月板(半月瘤)についてはFig.2を見るとよく分かります。カッコ内は「大図鑑」に載っている用語ですが、同じものを指しているのだと思います。項目2の無弁翅類については、Fig. 3を見ると、翅の付け根に端覆弁しかなくて、基覆弁の痕跡のようなもの(白矢印)が体側についているだけです。さらに確かな調べ方として、触角梗節背面に縫線があるかないかですが、Fig. 4のようにありません。従って、無弁翅類で間違いないのではと思います。

項目3-6は翅脈に関するものなので、翅を見てみます。

イメージ 6

翅脈は比較的単純です。まず、項目3については、R4+5脈とM1+2脈はほぼ平行に走っています。従って、OKです。項目4のSc切れ目はScと書いた部分の前縁脈(C脈)が少し切れているのが見えます。従って、これもOKです。項目6については、Sc脈は途中で消失することなく、前縁脈まで達しています。従って、これもOKです。

次は鬚刺毛についてです。

イメージ 7

前額の部分を拡大したものです。この写真からでも分かりますが、あまり長くはないものの鬚刺毛はちゃんとあります。従って、これもOKです。最後は後単眼刺毛が交差するかどうかという項目ですが、Fig.2を見ると交差していることが分かります。ついでにこの辺りの刺毛の名称を書いてみました。

イメージ 8

この写真でも後単眼刺毛が交差していることが分かります。こんな毛の向きで種類が決まるというのは何だか面白いですね。次の翅の前縁の棘はFig.5を見るとよく分かります。これでおそらくトゲハネバエ科だということになるのでしょうね。

これから先ですが、「大図鑑」の検索表の最後の項目を見ると、Suilliinae亜科という言葉が2度ほど出てきます。これと今回の個体を比較すると、どうやらSuilliinae亜科ではなさそうです。それでは、トゲハネバエ科にはどんな亜科があるのかと思って、ネットでいろいろと調べると、Suilliinae亜科のほか、Heleomyzinae亜科とHeteromyzinae亜科がありそうですが、それ以外は分かりませんでした。九大の昆虫目録データベースによると、8属20種が載っていますが、これも亜科については記載がありません。ここでストップです。でも、この8属はすべてManual of Nearctic DipteraのHeleomyzidaeの属への検索表には出ていました。従って、ひょっとすると属の検索ができるかもしれません。ただ、日本とは種が違うと思うのでどうなるか分かりませんが・・・。

今回の検索に使わなかった写真も載せておきます。

イメージ 11

頭頂部を生物顕微鏡で写したものです。対物鏡10倍だと頭部の一部がはみ出してしまいました。全体に黄色で意外に綺麗です。

後はいつものように剛毛に名前をつける練習です。

イメージ 12

イメージ 13

例によってだいぶ間違っているかもしれません。剛毛の数が少ないので比較的楽ですが、その分、列をなしていない剛毛もあって、どの剛毛の系列に属するのか分からないものもあります。もう少し剛毛の数の多い種での練習が必要ですね。(追記:翅内刺毛ではなくて、翅背刺毛かもしれませんね。この辺りがいつもあやふやです

トゲハネバエ科らしい種を調べてみました。いろいろ分かったことは分かったのですが、最近は科だけ調べただけでは何となくもの足りなくなってしまいました。せめて属くらいまで調べたり、何か特徴的な構造を見つけたりしないと少々不満です。どの科もみんな似通っているからでしょうね。だんだん大変になってきますね。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

トゲハネバエは冬になるとよく見られるハエですね。
何種か見てるんですが、殆どこんな感じのパッとしないやつばかりで… 削除

2015/1/28(水) 午後 1:00 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

やはりそうですか。一応、ひと通り写真を撮って、検索もして、でもなぜか満足感が得られませんでした。パッとしないからでしょうね。

2015/1/28(水) 午後 1:45 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事