廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第482弾

今朝はかなり冷え込んだみたいです。お昼近くなっても廊下のつららが消えていませんでした。

イメージ 1

3本のつららがいつも出来る場所があります。何となく、格好がよいのでつい撮影してしまいます。

イメージ 2

でも、今日はその横にこんな斜めになったつららもできていました。なぜ、こんなに斜めになったのでしょうね。

さて、マンションの廊下は今日も虫が少なかったです。

イメージ 3

でも、廊下の壁に久々に大きな虫が止まっていました。マツヘリカメムシという外来種です。一昨年の秋に初めて見つけたのですが、昨年は廊下でも頻繁に見られました。周辺の松林でかなり発生しているようです。

イメージ 4

廊下に黒い塊があったので、虫かなゴミかなと思って撮影したらこんな虫でした。大きさは2-3mmの小さな虫です。拡大してみると、変わった翅脈をしています。これは間違いなくハチの方ですね。すぐに、以前教えていただいたトビコバチを思い出したのですが、一度、検索をしてみようと思って採集してきました。「絵解きで調べる昆虫」を使って検索をしてみました。コバチ上科にはすぐにたどり着くのですが、それから先の科の検索がなかなか進みません。コバチ上科にもいろいろなコバチの科があるのですね。ハエの検索はだいぶ慣れたつもりだったのですが、ハチはまた別みたいでかなり難しいです。もう少し頑張ってみたいと思います。(追記:今日は朝から、「絵解きで調べる昆虫」を用いて、何度も検索を試みました。その結果、今のところマルハラコバチ科が有力というところです。合っているかどうか分かりませんが・・・。今度は「原色昆虫大図鑑III」の検索表でもやってみます)(追記2015/05/12:「原色昆虫大図鑑III」によると、日本産マルハラコバチ科はルリマルハラコバチ1種だけだということなので、とりあえずこの和名を使っておきます

イメージ 5

これはいつものキモグリバエです。こんな隙間に止まっていました。

イメージ 6

イメージ 7

フユシャクは今日は1匹ずつでした。上はシロフフユエダシャク、下はシモフリトゲエダシャクです。シモフリトゲはこんな蛍光灯の上の隙間に止まっていました。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

カメムシ、こんなに寒いのにえらいこと。
ツララは寒そうですね。
寒いのは苦手で、冬は起床が遅くなります

2015/2/10(火) 午後 11:08 [ あおやまはるま ] 返信する

顔アイコン

斜めの氷柱は、風に吹かれて真下ではないところから水滴が凍り始めたからですね。
上から垂れた水滴が、下で風に流されながら凍っていったので、斜めになったんですが、写真の直ぐ下でちょうど角にでもなっていて風が通るんでしょう。

コバチ上科は殆ど手を出したことも無いので、よくわかりませんね。
綺麗なものや変わった姿のものが多くて魅力的なんですが、アシブトコバチやシリアゲコバチの様な大型のもの以外では科すら分かりません(笑)
アシブトコバチだって小型のものでは肉眼では厳しくなってきましたし… 削除

2015/2/11(水) 午後 2:54 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

あおやまはるまさん、こんにちは。
カメムシ、寒そうでしたよ。じっとして動かなくて・・・。外は寒いのですが、何かいるのではと思って、今日もまた廊下を歩いてみました。ハエとフユシャクくらいでしたが・・・。

2015/2/11(水) 午後 3:34 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、こんにちは。

今日は朝からコバチの検索を試みています。今のところマルハラコバチ科が有力かなというところですが、よくは分かりません。はじめから何度もやり直しているうちに、だんだん要領は分かってきたのですが、なんとも不確かなところもあって、なかなか断言するところまではいきません。もう少し頑張ってみます。

つららの方向は風の道になっているのですね。面白いですね。こんな場所に以前はつららなど出来なかったのですが、どこかから水が漏れてきたのかな。

2015/2/11(水) 午後 3:42 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事