廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

最近、ハエの科の検索が少しできるようになって喜んでいたのですが、先日、タマバエ科が分からなくてがっかりしてしまいました。やはり、もう少し地道に科を一つ一つ調べていかないといけないなと思って、今日は家の周りにたくさんいるキモグリバエ科について調べてみました。

イメージ 1

家の周りにいるキモグリバエというのはこんなハエです。体長は2.5mmほどの小さなハエですが、これが窓ガラスにビッシリつくとなかなか壮観です。というか、大変です。残念ながら名前は分かりませんが、ハエの勉強のために科の検索をしてみたいと思います。身近なハエなのですが、それなりに難しかったです。

イメージ 10

これは「原色昆虫大図鑑III」のハエ目の検索表のうち、キモグリバエ科に至る道筋を書いたものです。出発点は無弁翅類からです。途中の項目で黒枠で囲ったところは一つの科を排除するためだけに用意された項目です。それに対して、赤枠で囲ったところは一般的な性質で、科の性質を知るには重要な項目だと思われるところです。

そこで、まず、無弁翅類だというところから調べていきます。

イメージ 2

イメージ 3

Fig. 1は実体顕微鏡で撮影した、腹部を除く全体です。また、Fig. 2は翅の付け根を生物顕微鏡(x10)で撮影したものです。翅の根もとには端覆弁という毛の生えた膜状の構造がありますが、その先についているはずの基覆弁は黒矢印で示すように膜状になっていません。無弁翅類というのは基覆弁のないものを指すので、これは無弁翅類ということになります。

黒枠の項目を飛ばして、次は翅脈を見てみましょう。

イメージ 4

翅脈の名称は「大図鑑」風につけているつもりです。間違っているかもしれませんが・・・。R1と書いたところの左側の小さな切れ目がsc切目です。そこに向かって走るSc脈がありそうですが、もう少しこの部分を拡大してみます。(追記:R1をR1+Scと書いている論文がありました。その方がよいような気もします。ただし、Manual of Nearctic Diptera Vol. 2によると、R1のままでした)(追記:「Sc切れ目」と書いていたのですが、「大図鑑」には「sc切目」となっていました。今後、そう書くことにします

イメージ 5

この写真を見るとSc脈はsc切目付近では見あたりません。Sc脈は根もと部分にはありそうな感じですが、h横脈を過ぎた辺りからR1脈と一緒になっているようです。上の項目の中では、「先がR1脈に融合するか、R1脈との間が一様に骨化するために両脈の境界が判然としない」というのに該当するのではないかと思います。

次の項目は額眼縁剛毛に関するもので、額眼縁剛毛とは複眼の縁にある剛毛を指しています。

イメージ 6

これは額の部分を拡大したものですが、複眼の内側に長い剛毛は生えていません。従って、この項目もOKです。それで、いよいよキモグリバエ科になります。少し項目の順番を変えて説明していきます。まず、「CuA脈、cua室を欠き、第2基室と中室は合一する」というのはFig. 4を見ると分かりますが、CuA脈らしいのがどれだか分かりません。従って、cua室もないことになります。第1基室の下にある場所が、第2基室と中室が合体したとされているものです。

次の項目「翅の第2基室+中室の後縁脈は中央付近に微小微弱な彎曲を持つ」はキモグリバエ科を特徴付ける重要な項目です。同じくFig. 4を見ると、黒矢印で示した部分の脈が少し膨らみ、ここから先、脈は少し彎曲しています。このことを指しているのだと思います。ここはおそらく翅が折れる部分に相当するのではないかと思います。また、前縁脈には顕著なsc切目がありますが、その他に切れ目はありません。

次の項目の「単眼瘤は通常大きく拡大した光沢のある三角形の板状になる」は、Fig. 1か5辺りで分かりますが、それほど大きいという印象は受けませんでした。(追記:Fig. 5を見ると、額にある黒い矢印のような形の先端を頂点とする大きな三角形が見えます。これが、「大きく拡大した光沢のある三角形の板状」の単眼瘤かもしれません

最後の項目の「前胸側板の前縁は上下に走る鋭い隆起線を表す」は次の写真を見てください。

イメージ 7

隆起線というのはこの写真の黒矢印の部分を指しているのだと思います。以上、一応、検索表に出てきたキモグリバエ科の性質を調べることができました。このハエはやはりキモグリバエ科で合っているようです。

ついでに撮影した写真も載せておきます。

イメージ 8

これは顔の部分です。額隆起線や半月瘤などが見えていますが、顔面自体は平らです。Fig. 5で半月状に見えた隆起がこの半月瘤なのでしょうね。

イメージ 9

最後は胸部側面の写真です。他のハエに見られるような刺毛がまったく生えていませんね。

これでとりあえずキモグリバエ科の検索は終わりました。ただ、これから先の亜科、属などの検索は文献が手元にないので今のところできません。残念ですが、次の機会にします。

実は、キモグリバエ科を選んだのは、先日採集したハエがケシショウジョウバエかなと思ったからです。キモグリバエ科とケシショウジョウバエ科の検索は全く同じ道をたどり、最後の最後で違うだけなので、ちょっとした練習のつもりでやってみました。それでも、翅脈が「微小微弱に彎曲する」というのがどういうことなのか分かったことは収穫でした。(追記:先日採集したハエは、紆余曲折した挙句、結局、ショウジョウバエ科になりました。ちょっと腑に落ちないところがあるにはあるのですが・・・

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

小さなハエなのに綺麗に撮れてますね。
それにしてもこれが窓にたくさん張り付くとは…
最近は窓に飛んでくる虫も殆ど見られなくなりましたよ。
せいぜい夏にセミが張り付いて鳴くことがある程度です。 削除

2015/2/21(土) 午後 5:23 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

冬になるとどこからかいっぱいやってきます。多い時には窓ガラスにぎっしりついて・・・。どの隙間から入ってくるのか、家の中でも飛んでいます。冬の風物詩になっていますね。それにしても、ハエの科を調べるだけでも大変ですね(ふー)。

2015/2/21(土) 午後 8:17 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

窓とサッシの隙間というのは、意外に虫が通り抜けられる場所なんですよね。
相手は小さな昆虫なんで当然ですけど、単純に数が多い分類群だとそれだけでも大変ですからねえ。
種の検索表を作るより、種よりも上の分類群の検索表を作る方が難しいなんて話も聞きますし、作る方も使う方も表現に苦労するのは共通ですね。 削除

2015/2/22(日) 午後 8:10 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

あまりにキモグリバエが家の中に入ってくるので、何度も窓の隙間を見直したのですが、結局、分かりませんでした。でも、どこかに隙間があるのでしょうね。まったく不思議です。

ハエの検索にもだいぶ慣れてきたのですが、それでも、一箇所分からないところがあるとにっちもさっちも行かなくなるので、困ってしまいます。「大図鑑」の検索表に図がついていると使う方としては大いに助かったと思うのですが・・・。この間捕まえたハエについては「鼻状の突出部」というのがどういうものか分からず、2、3日苦労しました。

2015/2/23(月) 午前 6:58 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事