廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第489弾

昨日の「廊下のむし探検」で見つけた「むし」のうち、甲虫以外の「むし」です。この日はフユシャクの♀も見られました。

イメージ 1

節の隙間が黄緑色になっています。こんな色のフユシャク♀は見たことがないなと思っていたら、

イメージ 2

もう1匹いました。色はだいぶ白っぽいのですが、やはり節の隙間は黄緑色になっています。

イメージ 3

これはちょっと横から写したものです。体長は14mm。ちょっと大き目の♀です。小さい翅が出ているのでエダシャク亜科でしょうね。時期からいって、シロトゲエダシャクかなと思うのですが、どうでしょうね。

春キリガもいました。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

今日は4匹いたのですが、亜外縁線が前縁近くで段をなし、後縁近くで内側に小さく曲がるというのがホソバキリガなので、上から3つはホソバキリガ、一番下がクロテンキリガかなと思うのですが・・・。

イメージ 8

今頃いっぱいいるハエはこの写真の種です。嘴のような口器が見えていますね。以前捕まえて調べた時には、オドリバエ科Rhamphomyia属になりました。この日は、小さなハエがいるなと思ってカメラを向けると、いつもこのハエでした。

イメージ 9

その他にはこんなハエもいました。ミバエの仲間で、たぶん、クロホソスジハマダラミバエだと思われます。

イメージ 10

あぁ、いつものノミバエもいました。カメラで追いかけていると、ちょこちょこと素早く歩いた後、ぴょんと近くの場所に飛び移ります。その姿がノミに見えたのでしょうね。トゲナシアシノミバエ亜科のMegaselia属と思われる種です。

イメージ 11

イメージ 12

こちらはもう少し大型のノミバエです。この日は採集してきました。後脚脛節基部から2/3までに剛毛がないし、また、小さな刺毛列も見られないので、田中氏の「屋内害虫の同定法 : (3) 双翅目の主な屋内害虫」の検索表で検索した結果、トゲナシアシノミバエ亜科のWoodiphora属になりました。この属は初めて見ました。

イメージ 13

ちょっとピントがずれてしまったのですが、これも採集してきました。一応、検索をしてみると、ニセケバエ科になりました。実体顕微鏡で拡大してみて、びっくり。ダニがいっぱいついていました。

イメージ 14

カメムシもいろいろと出てきました。この日多かったのはこのムラサキナガカメムシです。昨年、3月7日の記事にいっぱい出てきたと書いてありました。それから見ると、やはり10日前後早く出てきているみたいです。

イメージ 15

もちろん、クサギカメムシもいました。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

クモはどれも小さくて、名前調べはなかなか進みません。

例年だと、ハエの写真を撮るのは冬だけで、春になるとハエは無視していたのですが、今年はハエも少し分かってきたので、写真も撮りたいし・・・。でも、このままやっていたら、本当にパンクしそうです。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

最近はハエでも(デモです)、よく見るようにしているのですが、
ランプシェードのようなきれいな羽根のハエ、まだ見ていません

2015/2/24(火) 午後 6:55 [ あおやまはるま ] 返信する

顔アイコン

ハエはなかなか奥深い世界ですね。けれど、少しずつでも分かってくると、結構、面白いことが分かりました。派手さはないですけど(笑)。

2015/2/24(火) 午後 8:58 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

今年はシモフリトゲエダシャクを見ていなかったのに、もうシロトゲエダシャクですか。
夜に見に行くと、フェロモン嚢を出してコーリングする姿が見られそうですね。

キリガは多分その通りでしょう。
翅形が違うといっても、クロテンは意外と難しいですよね。 削除

2015/2/25(水) 午前 10:37 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

シロトゲ♀は初めて見たので、その色に驚きました。そうですか、夜も見に行けばよかったのですね。今日もいるかなと思って同じ時間頃に見に行ったのですが、今日はいませんでした。

2015/2/25(水) 午後 8:25 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

トゲナシアシノミバエ亜科のWoodiphora属ですか。初見です。特徴は確かにそれっぽいですが、ノミバエにしては顔つきがノミバエでないような、あと「ノミ」バエなのに後脚があんまり発達して無いような…でも、翅脈はノミバエ特有の中室を作らない並行する脈ですし、属が変われば顔が変わるのかもしれませんし、何とも言えません。(この属の分類には明るくないので断言はできません)

海外のサイトのWoodiphoraの写真のURLを貼っておくので比較して頂ければと思います。 http://phorid.net/family/phoridae/page/2/

2015/2/27(金) 午後 5:02 [ - ] 返信する

顔アイコン

Ziramさん、こんにちは。

おそらく、Ziramさんが何かコメントされるのではないかと思っていました。翅脈は確かにノミバエ風なのですが、後脚脛節に剛毛がなくてちょっと不思議な感じでした。教えていただいたサイトの写真ともだいぶ違う感じですね。採集してあるので、もう一度、調べてみます。また、顕微鏡で撮影してブログに載せてみます。その時はどうぞよろしくお願い致します。

2015/2/27(金) 午後 5:25 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事