廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第492弾

テレビを見ていると今年は梅が遅いとのこと。これに対して、私のマンションでは2月だというのに蛾がどんどんでてきて、もう春まっさかりのようになってきました。どうしたのでしょうね。

イメージ 1

今日の最初はこの木切れそっくりの蛾です。でも、いつものキバラモクメキリガに比べると、色が黒っぽくて長細い感じです。これは近縁のヒロバモクメキリガか、ハネナガモクメキリガです。採集して調べてみると♀の方でした。「標準図鑑」で調べると、この2種のどちらかは外見上では難しいとのことです。越冬組で、昨年も1月初めと3月1日に見ていました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

上の2匹はホソバキリガで間違いないですね。一番下は腎状紋、環状紋がはっきりしていていますが、亜外縁線が前縁近くで折れ曲がってるのでやはりホソバキリガでしょうか。

イメージ 2

これは亜外縁線がほぼ連続的なので、ブナキリガでしょうね。

イメージ 6

スモモキリガも2匹いました。

イメージ 7

ちょっと潰れてしまっていますが、これはクロテンキリガでしょうね。

フユシャクもいました。今日はシロフフユエダシャクは10匹くらい。写真は省略しました。


イメージ 8

これはクロテンフユシャクですね。私のマンションではどうもクロテンフユシャクが少ないですね。

イメージ 9

こちらはギフウスキナミシャクだろうと思います。この日は2匹いました。

イメージ 10

そして、カバナミシャクも出ていました。カバナミシャクの仲間は皆よく似ているので名前調べが難しいのですが、これはマエナミカバナミシャクではないかと思います。

それでは蛾以外の「むし」たちです。


イメージ 11

最初はこの甲虫です。図鑑を見ると、ツマベニマグソコガネというのに似ていますが、実は、分布が北海道、本州東北部に限られています。もともと本州北部に入った外来種とのことです。床の模様から推測した体長は4.5mmで、一応、サイズは合っているのですが、おそらく違うでしょうね。
追記:通りすがりさんから、「ミゾムネマグソコガネみたいですね。」というコメントをいただきました。写真を見ると「ミゾムネ」という名前がよく分かりますね。どうも有難うございました

イメージ 12

天井に止まっていました。後で、捕虫網を持って採集してきました。「絵解きで調べる昆虫」の検索表で調べてみると、カバエ科のようです。また、Manual of Nearctic Diptera Vol. 1に載っている属の検索表で調べると、Sylvicola属になりました。さらに、「一寸のハエにも五分の大和魂・改」を調べてみると、Sylvicola属の種の検索が載っていました。明日でも調べてみたいと思います。(追記:検索をしてみると、一か所疑問点があったのですが、最終的にマダラカバエSylvicola japonicus (Matsumura, 1915)になりました追記:疑問点というのは、「後腿節が一様に黄褐色」というところです。写真を見ても、腿節の末端は黒くなっているので、一様にというところにひっかかっていました。通りすがりさんから、「マダラカバエの後腿節も先端部分は黒くなる様ですね。」というコメントをいただきました。「後腿節は先端部を除き一様に黄褐色」ということであれば、理解しやすくなるのですが・・・)

イメージ 13

これはおそらくキノコバエ科の仲間でしょうね。

イメージ 14

これは以前から名前がよく分からなかったカスミカメです。クヌギカスミカメのようでもありますが、今日、「日本原色カメムシ図鑑第2巻」を見直したら、近縁のシイノキクロカスミカメの方ではないかと思うようになりました。

イメージ 15

いかにもオニグモという姿で止まっています。たぶん、オガタオニグモではないかと思います。

イメージ 16

最後はワラジムシでした。以前はダンゴムシばかりだと思っていたのが、気をつけて見てみると、結構、ワラジムシもいそうです。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

ヒロバもハネナガも見たことが無いですけど、キバラの様なタイプも居るので混同してる可能性もあるんですよねえ…
特徴が顕著なもの以外は外見では分からない属なんで、仕方ないですね。

マグソコガネはツマベニにしては胸部が寸詰まりなんで、やはり別種でしょう。
種によっては色彩変異もあるんで、意外と難しいんですよね。

あのカバエの検索で、マダラカバエと後脚の色違いの2種を見付けてますが、非常に悩んだ記憶があります。
後腿節に環状の紋と言って良いのか分からない薄いものがあったりと、ハッキリしないものが見られるんですよね。
その個体は非常に薄い紋で、環状とも言えるか分からない程度だったのでsp.の方になりましたが。 削除

2015/2/28(土) 午後 1:32 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

あ、逆でした(汗)
後腿節の中央から先に環状の紋がある方がsp.でしたね。 削除

2015/2/28(土) 午後 1:37 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

ヒロバかハネナガの標本は溜まってくるのですが、名前がつけられない状態です。交尾器を調べないといけないのでしょうね。

マグソコガネはやはり違いますか。甲虫は難しいですね。

カバエの検索で気になったのが、その後脚の色の違いでした。

後腿節は一様に黄褐色
後腿節は中央ないしやや先の方に幅広い暗色環をもつ

の部分ですよね。この個体は後腿節の末端が黒いので、初め、後者を選択しました。そうすると、未同定種3に行き着くのですが、「第1-3腹節は黄色で,背板中央には暗条を現す」があわなくて悩んでいました。「後腿節の末端を除き、一様に黄褐色」というのであれば、ほかの性質は一致するのでマダラカバエに行き着きます。それで、そのように解釈したのですが、やはり問題でしょうかねぇ。

2015/2/28(土) 午後 2:31 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

確かにもう一度見なおしてみると、後腿節の中央やや前寄りに薄い暗色部分がありますね。これのことですか。

次のサイトにSylvicola属のonline検索があって、翅や交尾器の図が載っていました。

http://www.online-keys.net/infusions/keys/keys_view.php?key_no=1

このサイトの検索では後腿節の色は使っていないのですが、検索をしてみると今回の個体はやはりS. japonicusになりました。ただし、翅の模様がやや違う感じで、♂交尾器の形も少し違うようです(私には見方がよくわかりませんが)。また、「一寸のハエにも・・・」の記事を読むと、「大図鑑」やKrivosheinaの論文も誤同定ということで、何が何だか分からなくなりました。種まで到達しようとするのは、なんと難しいことか・・・。

2015/2/28(土) 午後 6:20 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

甲虫はミゾムネマグソコガネみたいですね。

マダラカバエの後腿節も先端部分は黒くなる様ですね。 削除

2015/3/1(日) 午後 3:24 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、どうも有難うございました。名前が分かりほっとしました。確かに、「ミゾムネ」という特徴が写真でももよく分かりますね。図鑑の同じページに載っていたのに、どうして気が付かなかったのだろう。ちょっと後悔です。

マダラカバエ、やはり腿節先端は黒くなるのですか。昨日、もう一度検索をやり直してみました。やはりマダラカバエになるのですが、どうも交尾器の形が先に載せたサイトに出ている図と違うようで、また、そのあたりの知識もなくてちょっと困っています。何枚か写真を撮ったので、今度、ブログに載せてみます。

2015/3/1(日) 午後 9:10 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事