廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第507弾

昨日の「廊下のむし探検」のうち、甲虫とクモについてです。

イメージ 1

まずは甲虫からです。ちょっと変わった形の甲虫ですが、これまで何回か見ています。昨年の2月3日、今年の2月18日です。その時はケシキスイ科のヘリアカヒラタケシキスイかなと思ったのですが、もう一度見直してみても、結局、あっているのかどうかは分かりませんでした。

イメージ 2

イメージ 3

これはマツトビゾウムシだと思います。今日は3匹見ました。「マツ」という名前がついていますが、「原色日本甲虫図鑑IV」によると、4月ごろマツの新葉を食害するとのことです。

イメージ 4

体長2.7mmの小さい小さいゾウムシです。図鑑を見ると、ヒゲナガホソクチゾウムシというのに似ていますが、どうでしょう。

イメージ 5

マルガタゴミムシは相変わらずあちこちで動き回っています。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

ハネカクシもいろいろといるのですが、どうせ名前は分からないだろうなと思って調べていません。

イメージ 9

ナナホシテントウかなと思ったのですが、ホシが多すぎます。やはりナミテントウでしょうね。

イメージ 10

これは小さなテントウです。体長は2.8mmしかありません。図鑑で調べて、フタモンクロテントウかなと思うのですが、自信はありません。(追記:通りすがりさんから、「フタモンクロテントウではなくてフタホシテントウですね。」というコメントをいただきました。実は昨年の4月24日にも教えて頂いていたのに、すっかり忘れていました。毎度毎度有難うございました

イメージ 11

イメージ 12

こちらはもうちょっと大きいテントウです。体長は3.8mmです。周りにヒレのようのものがついているので、別種だと思われます。たぶんヒメアカホシテントウかなと思うのですが・・・。

次はクモです。

イメージ 13

一昨日もいてキンイロエビグモとしたクモです。これの目を拡大してみます。

イメージ 14

こんな風に上に4つ、下に4つの目が並んでいます。エビグモ科の特徴ですね。

イメージ 15

これはササグモです。これも目の部分も拡大してみました。

イメージ 16

先ほどのクモと目の配置が違うでしょう。こういう配置から科が分かるというのですけど・・・。

イメージ 17

これは何科なのかさっぱり分からないクモです。目の部分を拡大してみます。

イメージ 18

上に4つの大きな目が台形型に並んでいます。その下に小さな目が4つ並んでいるみたいです。この配置とSpider Eye Arrangementというサイトに載っている目の配置とを較べてみます。すると、コモリグモ科に似ているみたいです。本当かどうかは分かりませんが・・・。

イメージ 19

最後は目がよく分かりませんが、たぶん、ズグロオニグモです。目の配置から科が分かると、少しはクモも分かるようになるかもしれませんね。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

アカホシテントウとヒメアカホシテントウは特徴的な形で分かり易いテントウムシですね。
今年は庭でヒメアカホシテントウを何匹か見てます。
カイガラムシを食べてくれてる筈ですが、あまり活躍しているとは思えません(笑) 削除

2015/3/20(金) 午前 0:12 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

ああ、去年の4月24日でした。
フタモンクロテントウではなくてフタホシテントウですね。 削除

2015/3/20(金) 午前 2:12 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、いつも教えていただき有難うございました。フタホシテントウ、昨年も教えていただいたのですね。ちっとも学習していませんね。改めて保育社の図鑑を見てみたのですが、図版だけだとどうもよく分かりませんね。検索表も部分的だし・・・。テントウムシもなかなか難しそうですね。

2015/3/20(金) 午前 7:49 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事