廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第515弾

先ほどの続きで、昨日の「廊下のむし探検」の結果です。この日はハエもハチもたくさんいました。特にハエが多かったですね。だいたい1mに1匹の割で、廊下に止まってじっとしています。でも、いわゆるハエ型のハエなので、今回は無視しました。

イメージ 1

イメージ 2

この日は、まいった〜という様子のミツバチが2匹いました。おそらく寒さにやられたのでしょうね。後翅の翅脈が見えるので調べてみると、共に、セイヨウミツバチでした。翅脈による見分け方については以前のブログに載せましたので、そちらを参照して下さい。

イメージ 3

ハチはいろいろいるのですが、まだ、科も分からない状態です。今年はせめて科、できたら属までが分かるようになればよいなというのが目標です。これはおそらくヒメバチ科かなと思います。一応、採集してきたので、これから調べてみます。ただ、ヒメバチ科の亜科の検索がおそろしく複雑で・・・。

イメージ 4

イメージ 5

これは何となくヒメハナバチ科かなぁと思うのですが、よく分かりません。

イメージ 6

これも同じ種なのかなぁ。

イメージ 7

これは何でしょうね。・・・という具合にハチはまだほとんど分かりません。でも、焦らず少しずつ勉強していきたいと思います。よろしくお願いします。(追記2015/03/29:類似の種を翌日採集してきて検索をすると、ハバチ科マルハバチ亜科になりました。もう少し検索を進めてみます

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

これに対して、ハエは昨年12月ごろから何度も検索をしてきたので、最近はやっと科ぐらいは分かるようになってきました。この5枚はおそらくオドリバエ科だと思います。最後の2匹については採集してきました。その結果、以前から見ているホソオドリバエ(Rhamphomyia)属だと思われます。最後の個体は跗節第1小節がだいぶ膨らんでいます。こんなところを手がかりにもうちょっと進めないかと思って、Rhamphomyia属の亜属の特徴をまとめてみようと思いました。幸い、「原色昆虫大図鑑III」には亜属の特徴が書かれているので、部位別にまとめてみたのが次の表です。

イメージ 19

字が小さくてこのままでは見えないので、拡大して見ていただくとよいと思います。「大図鑑」にはいろいろと書かれていたのですが、こうやってまとめてみると網羅的ではないですね。この表を見てもなかなか亜属まで辿り着けそうにありません。もう少し頑張ってみようかなと思っていますが・・・。(追記2015/03/29:表を追加修正しました

イメージ 13

これは以前調べたシマバエ科のHomoneura mayrhoferiでしょうね。名前が分かってくると何となく親しみが湧いてきますね。

イメージ 14

これはタマバエ科かな。

イメージ 15

これはキノコバエかな。(追記2018/02/21:翅脈のR1脈が翅の中央部程度までしか伸びていないので、クロバネキノコバエではないかと思います

イメージ 16

それにユスリカです。前脚どうしたのでしょうね。

イメージ 17

ぱっと見でオニグモかなと思ったのですが、よく調べてみると、ヒメグモ科のようです。たぶん、マダラヒメグモという外来種ではないかと思います。

イメージ 18

最後はザトウムシの仲間です。まだ小さいので、幼体でしょうね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事