廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 ハチ

廊下のむし探検 第522弾

一昨日の「廊下のむし探検」の報告が実に3回めになってしまいました。それでも、まだ全部は終わっていません。今回はハチについてです。今年はハチを少し勉強してみようと思って、この間からハバチを調べ始めました。この日も何匹かいたので、少し採集して調べてみました。

イメージ 1

イメージ 2

この2匹は採集してきました。「絵解きで調べる昆虫」と吉田浩史著、「大阪府のハバチ・キバチ類」(西日本ハチ研究会、2006)の2冊を使って何とか検索をしてみました。すると、なんとなんと、種まで達してしまいました!びっくりです。私の住んでいるところがたまたま大阪府だったというのがよかったのですね。で、これはハバチ科シダハバチ亜科ヒメスギナハバチ属カタアカスギナハバチ♀ Loderus genucinctus insulicola (Rohwer, 1910)ということになりました。初めての検索なので、間違っている可能性も高いですが・・・。それでも、種まで達すると嬉しいですね。もし合っているのなら宿主はスギナだそうです。

イメージ 3

次はこれ。どれも外観は似ていて、写真では区別がつかないのですが、これは別種のようです。調べてみると、ハバチ科シダハバチ亜科ヒメスギナハバチ属ヒメムネアカハバチ♀ Loderus eversmanni obscurus (Marlatt, 1898)になりました。これも怪しいですが・・・。ヒメムネアカというのは、♀の中胸背に赤い三角紋があることを意味しています。

イメージ 4

写真では花粉(?)にまみれて見難いのですが、図の矢印の部分が赤褐色になっています。これもスギナが宿主だそうです。

イメージ 5

次はこれ。撮影しているときはハバチの仲間だとは思わなくて採集はしませんでした。でも、中胸背の模様を見ると、やはりハバチのようです。この写真から何とか検索をしてみました。すると、ハバチ科ハバチ亜科になりました。これで、この間、「虫を調べる」で取り上げたハバチ科マルハバチ亜科、それに今回の3種を加えて4種がいたことになります。

そこで、この4種の翅脈を較べてみました。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

ポイントとなる部分の翅脈に名前をつけています。この4種を比べると、M脈とRs+M脈の2つの脈が前縁に近い脈(たぶんR脈)に合流する点の間隔に変化があることが分かります。例えば、マルハバチ亜科では合流の直前で合体していますが、シダハバチ亜科では少し間隔をあけて合流しています。ハバチ亜科だと、さらに広い間隔をあけています。また、Rs+Mと書いた脈の右に見える肘室に、マルハバチでは3つの横脈っぽい脈(Rs、2r-m、3r-m)が見えますが、シダハバチでは2本しかありません。つまり、シダハバチ亜科では2r-m脈がないことになります。

さらに、前翅の後縁部分にある2Aと書いた脈付近にも変化が見られます。つまり、マルハバチ亜科では2A脈は途中で切れ、a横脈と交わるところで折れ目が見えています。シダハバチ亜科では、2A脈は基部へずっとつながっています。従って、a横脈ははっきりと横脈であることが分かります。最後のハバチ亜科では、2A脈は基部に近づくにつれ、1A脈に接近してほとんどくっつくようにして走っています。こんな風によく見てみると、翅脈にもそれぞれ個性があるみたいです。ついでに、ヒメムネアカハバチの中胸背の赤い三角紋はこの写真の方がよく見えます(矢印)。

次はほかのハチです。

イメージ 10

これはヒメハラナガツチバチかなと思っている種です。でも、まだちゃんと調べたことがないので、はっきりとは分かりません。ツチバチは検索表があるので、次回には採集して調べてみたいなと思っています。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

あとは科すら分からないハチがぞろぞろです。こんなハチでもせめて亜科、できたら属まで分かるとよいなと思っています。これから少しずつ勉強していきますので、一つよろしくお願いします。(追記:蜂屋さんから、一番上の写真は「コマユバチ亜科のどれかですかね。シーズンなのか最近原っぱでスイーピングしてるとめちゃくちゃ網に入ってきて困ってます。」というコメントをいただきました。どうも有難うございました)(追記:通りすがりさんから、「不明のハチはコマユバチ、コマユバチ、ツチバチ、ヒメハナバチ?パッと見だけですけど・・・。」というコメントをいただきました。どうも有難うございました。これから勉強していきます

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

いつも楽しく閲覧させていただきます
ハラナガツチバチの下のハチはコマユバチ亜科のどれかですかね
シーズンなのか最近原っぱでスイーピングしてるとめちゃくちゃ網に入ってきて困ってます(笑 削除

2015/4/2(木) 午前 8:02 [ 蜂屋さん ] 返信する

四季彩やデッサンの原点…ありがとうございました。エネルギーいただきました。

2015/4/2(木) 午前 8:08 [ クリスタル ] 返信する

顔アイコン

蜂屋さん、はじめまして。

コマユバチはよく聞く名前だったのですが、こんな身近にいたのですね。採集すればよかった。スイーピングした後はどのように処理されるのでしょうね。吸虫管のようなもので吸うのでしょうか。
今年の目標でハチを始めたので、まだ西も東もさっぱり分かりません。これからもよろしくお願いします。

2015/4/2(木) 午後 1:15 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

クリスタルさん、はじめまして。
四季彩やデッサンの原点・・・。何か私のブログがお役に立てたのでしょうか。私はマンションで見られた虫をしつこく調べています。今後ともよろしくお願いします。

2015/4/2(木) 午後 1:19 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

不明のハチはコマユバチ、コマユバチ、ツチバチ、ヒメハナバチ?
パッと見だけですけど… 削除

2015/4/2(木) 午後 3:11 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、有難うございました。こんな風にパッと見で科が分かるようになりたいなと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。

2015/4/3(金) 午前 5:21 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事