廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第524弾

昨日も「廊下のむし探検」をしてきました。昨日は暖かかったので、いろいろといるかなと思ったのですが、前回ほどではありませんでした。午前中に歩いたので、蛾が少し多かった感じです。

イメージ 1

まず初めは、この変わった形の蛾です。サカハチトガリバといいます。頭にある尖っているものは何でしょうね。後ろからちょっと覗いてみます。

イメージ 2

こんなに飛び出しています。樹の枝か何かに擬態しているのでしょうか。こんなに変わった形の蛾ですが、図鑑によると普通種だそうです。でも、マンションではそれほど多くは見ません。1年に1匹くらいかな。昨年は4月14日に見ていました。

イメージ 3

こちらは同じカギバガ科トガリバガ亜科のホシボシトガリバです。今年は多産しています。

イメージ 4

キリガもちょこちょこいました。これはアカバキリガです。

イメージ 5

これはたぶんクロミミキリガではないかと思います。

イメージ 6

そしてこちらはクロテンキリガ

イメージ 7

それにクロスジキリガです。

イメージ 8

これはアカモンナミシャクですね。昨年も一昨年も3月20日に見ていました。

イメージ 9

こんなに擦れてしまっているのですが、たぶん、同じアカモンナミシャクだと思います。

イメージ 10

天井にニジュウシトリバが止まっていました。このガは本当に変わった蛾です。「トリバ」というのですが、本当に鳥の羽が集まってできているみたいですね。

イメージ 11

さて、問題の蛾がまたいました。今回は毒瓶を持っていたので、早速採集しました。でも、これが失敗でした。毒ビンの壁にひっついてひどいことになっていました。鱗粉は取れるし、翅は破れかかるし・・・。壁にくっつかないように入れてあったティッシュペーパーがずれていて、しかも、ハエやハチが一緒に入っていたからでしょうね。針で少しずつ壁から剥がして、何とか展翅にまでこぎつけました。小さいので、今回初めて微針で展翅をしてみました。微針用の展翅板も買っていたのですが、使ったことはありませんでした。

展翅するとこんな感じになりました。

イメージ 12

でも、これで少し様子が分かりました。「絵解きで調べる昆虫」に載っている、広渡氏の「絵解き検索による小蛾類の見分け方」で科の検索をしてみることにしました。検索を進めていくと、以前候補にあがったスイコバネガ科やコバネガ科は前翅と後翅がほぼ同じ大きさなのですが、この個体は明らかに後翅が小さいので除外できます。さらに進めていくと、下唇鬚、口吻、小鰓鬚は痕跡的という項目があります。展翅する前に観察してみたのですが、口器付近はほとんど何も構造が見当たりませんでした。これらのことから、どうやら前回予測したミノガ科で良さそうでうす。前翅がかなりほそ長く、前縁が少しそったような感じになっています。そんなところから図鑑を探してみたのですが、やはりよく分かりません。そこで、開張を測ってみると10.9mmでした。この値と発生時期からハルノチビミノガ辺りかなと思うのですが、やはり?マーク付きになりました。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

サカハチトガリバは良い形をしてますね。
甲虫なら掴みやすそうな形ですが、蛾だと毛束なんですよね。

ハルノチビミノガの可能性が高そうですね。
ミノガ科の成虫は殆ど見たことが無いんで、全くのノーマークでしたよ。
止まっているところを見ただけでは分からないことが多いので、やっぱり捕獲は大事ですね。 削除

2015/4/4(土) 午後 2:52 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

通りすがりさん、今晩は。
サカハチトガリバ、あれは毛束なんですか。それにしても変わった形ですね。

あんな小さな蛾を展翅したのは初めてでした。しかも、毒ビンの壁にくっついてしまっていて・・・。それでも、何とか形を作ることができました。ハルノチビミノガだと季節がら名前通りでよいのですけどね・・・。

2015/4/4(土) 午後 9:51 [ 廊下のむし ] 返信する

顔アイコン

チビミノガは前回のものと同種かも分かりませんが、前回のものはTaleporia属っぽく見えますし、今回のものはハルノチビミノガっぽく見えるんですよね。
今回のものがKozhantshikovia属なら、出現時期からもハルノチビミノガですし、鱗粉の形でも見分けられるんですけど、ちゃんとした属の見分けが分からないんですよねえ… 削除

2015/4/4(土) 午後 11:29 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

そう言われて2つを並べてみると、確かに何となく違いますね。白い模様の入り方、縁毛のあたり、胸背の出っ張り具合など・・・。Taleporiaはハイイロチビミノガあたりですね。図鑑を見ると、ハルノチビミノガは翅脈がだいぶ違うので、こちらは展翅し終わったら調べられますね。以前の個体は採集しなかった・・・。やはり、すぐに分からない種は採集しておく方が無難ですね。でも、家の中が虫だらけになるので、標本づくりはやめようかと思っていたのですけど・・・。

2015/4/5(日) 午後 1:41 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事