廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

先日、クチブトゾウムシの牙について紹介しましたが、この間からたくさん出てくるクチブトゾウムシの種類も調べてみようと思って、検索を試みました。実は、だいぶ前に試みたこともあったのですが、その時はあいまいな点も多かったので、今回は再挑戦になります。

イメージ 1

最近よく見るクチブトゾウムシというのはこんな虫です。横から見てみます。

イメージ 2

体長は5.5mm。小さなゾウムシですが、今頃、廊下でよく見つけることができます。

クチブトゾウムシの検索表は、森本桂ほか著、"The Insects of Japan Vol. 3 (日本の昆虫3)"櫂歌書房 (2006)に載っています。前回、検索した時にはケブカクチブトゾウムシかなというところまでだったのですが、今回、改めてやってみたら、やはり同じケブカクチブトゾウムシにたどり着きました。その検索の過程を、写真とともにお見せしたいと思います。

イメージ 3

これがクチブトゾウムシ族(Tribe Cyphicerini)の属・種への検索表のうち、ケブカクチブトゾウムシに至る部分を抜粋したものです。これを順番に見ていきたいと思います。なお、検索項目に関係するところには写真に項目番号を入れておくことにしました。それでは①から。

イメージ 4

①はこの写真でよく分かります。前胸前縁には特に張り出しもなく、毛列にもありません。よって②に行きます。②は次の写真を見て下さい。

イメージ 5

②でいう肩はこの図で示す部分をいうのではないかと思います。従って、③に進みます。次の③は口の部分についてなので、その部分を写した写真を載せます。

イメージ 6

イメージ 7

いずれも斜め下側から写した写真です。③の大顎の剛毛はFig. 5に示すものではないかと思います。3本くらいはありそうです。ちょっと怪しいですが、これに対抗する項目では、「大顎は多数の剛毛や毛状鱗片を有する」なので、大丈夫でしょう。次の④の口上板はFig. 2に示す部分ですが、その後縁は触角の中央を越えていることが分かります。次の⑤はFig. 4あるいは5を見ると分かりますが、刺毛は2本生えています。さらに、⑥の口上板には鱗片のあることがFig. 2で分かります。特に、口上板に鱗片があることは、その後の多くの族や属を除外する重要な特徴のようです。とにかく、これでLepidepistomodes属であることが分かりました。

次は種の検索です。⑦の「前胸の基部」が何を意味するのかはっきりしないのですが、2湾状というので、おそらくFig. 3に示す部分だと思います。ただ、⑧には同じ場所を「前胸背板後縁」と書いてあって紛らわしいです。⑦で複眼間の距離を測ってみると、吻基部の0.65倍になり、ほぼ合っています。さらに、腿節の歯は次の写真を見てください。

イメージ 8

これは前脚腿節の写真ですが、腹側に鋭い歯が出ていて末端側に曲がっていることが分かります。これらの条件から、キュウシュウクチブトゾウムシを除外することができました。次に⑧に進みます。前胸背板はFig. 3を見ると分かりますが、鱗片と鱗状剛毛で覆われています。また、後縁は両側が食い込んだ格好で、これが2湾状というのでしょう。中央は確かに後角よりも後ろに出ています。これで、コカシワクチブトゾウムシを除外できます。

最後の⑨の前胸背板前縁が弧状に張り出すというのですが、弧状とはどういうものを指すのかよく分かりませんでした。たぶん、Fig. 2に示すように前縁が少し張り出していることを指しているのではと思います。残りは体表面の色ですが、ほぼ書いてあることと一致します。この項目に対抗する項目を⑨'で示していますが、体色が緑色なのではっきりと違います。これで、体色が緑であるコクロホシ、クロホシ、イシカワクロホシを除外できました。というわけで最終的にケブカクチブトゾウムシになりました。

ついでに、上翅背面と腹部腹面を拡大した写真も載せておきます。

イメージ 9

イメージ 10

上が背面の写真ですが、真珠色の鱗片に混じってこげ茶色の鱗片が見えます。翅にこげ茶色の模様があるのは、このこげ茶色の鱗片が配列されることによっています。逆に、腹部には灰色の模様があるのですが、下の写真のように細かい毛のような鱗片様の構造が配列することにより灰色の模様を作っています。なかなか凝った構造ですね。

2年前に行ったクチブトゾウムシの検索に再挑戦しました。以前よりは写真が綺麗になったので、少しわかりやすくなったのではないかと思います。おそらくケブカクチブトゾウムシでよいのではないかと思いますが、正確な検索を行うには、近縁の種をいくつか集めないとはっきりしないみたいです。なお、ケブカ、ツンプト、オオツカの3種は同一種とされ、現在ではケブカクチブトゾウムシと呼ばれています(ブログ参照)。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

やっぱりこれはケブカクチブトゾウムシになりますよね。
前胸の前縁と後縁の形で少し分かりにくかったんですが、ケブカクチブトゾウムシだろうという結論になりました。
サクラの葉を食べる個体や杭に上ってウロウロする個体を見付けたんですが、ゾウムシのくせに殆ど逃げようとしなかったのが印象的でした。 削除

2015/4/12(日) 午後 9:37 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

どうやらケブカクチブトゾウムシで良さそうです。これから他の種も出てくると思うので、その時にまた検索を試みてみます。「廊下のむし探検」を始めてからの課題だったので、ちょっと分かってきて嬉しいです。後はマツノシラホシゾウムシですかねぇ。

2015/4/13(月) 午後 3:29 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事