廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第543弾

相変わらず虫は多いですね。昨日の「廊下のむし探検」の結果です。最近は、ハチもハエも甲虫も調べなければならなくなり、いい勉強にはなるのですが、かなり大変です。でも、今日はハチの検索が少しだけ進みました。

イメージ 1

廊下にこんな派手なハチが死んでいました。これはちょうどいいなと思って、家に持ち帰って調べてみました。これがヒメバチ科であることはすぐに分かります。でも、その後、鬼のような亜科の検索が待っていて、いつも挫折してしまいます。今日は本腰を入れて、地道に亜科の検索をしてみました。詳細はまた後で載せますが、全部で12ステップの検索の末、ウスマルヒメバチ亜科にたどり着きました。それにしても、渡辺恭平氏のInformation station of Parasitoid waspsは素晴らしいサイトですね。分かりそうにない専門用語にはちゃんと図で説明がなされていて本当に助かります。

このサイトの助けで、ついでに族と属の検索も行いました。その結果はBanchus属になりました。日本産のBanchus属には4種記録されているようです。これについては小西和彦氏の日本産ヒメバチ目録というサイトがあって、ここに種のリストと標本写真が載せられています。これと今回の個体とを比較すると、Banchus japonicus (Ashmead, 1906) ナワトゲウスマルヒメバチとかなりよく似ていることが分かりました。完全に一致しているかどうかは判定できませんが、かなり近いことだけは間違いなさそうです。ということは検索が合っていたのか・・・。ちょっと自信ができてきました。

イメージ 2

こちらはハナバチなので、先日購入した、多田内修ほか編、「日本産ハナバチ図鑑」(文一総合出版、2014)を使ってみました。まだちょっとあやふやな点があるのですが、たぶん、ヒメハナバチ科だろうと思います。だとすると、かなりの確率でチビヒメハナバチ属になることが分かりました。この属は日本産1種なので、自動的にチビヒメハナバチ♀ということになるのですが、まだ、本当かなと思っている段階です。

イメージ 3

ハチは上の2種だけ採集してきて調べたので、こちらは写真だけでまだ科も分かりません。(追記:通りすがりさんから、「マメコバチ(コツノツツハナバチ)に似てますね。マメコバチそのものかは分かりませんが、その辺のハチですね。」というコメントをいただきました。私は捕獲して検索表を見ながらでないと科すら分かりません

イメージ 4

先日までキスネアシブトケバエだけだったのですが、最近、いろいろなケバエが出始めました。この写真はキスネアシブトケバエ♂です。(追記2015/10/10:和名が間違っていました。「日本昆虫目録」によると、キスネアシボソケバエが正しいです

イメージ 5

腹部の縁がギザギザになっているので、たぶん、ハグロケバエ♂だと思います。ハグロケバエは前脚脛節の棘が尖っていないことですぐに見分けられるのですけど。採集しなかった・・・。

イメージ 6

こちらは脚が黒いのでキスネではないですね。しかも、前脚脛節の棘の長さがほぼ等しいので、ハグロケバエでもありません。この写真を使ってちょっと検索を試みたのですが、はっきりしませんでした。

イメージ 7

これは前脚脛節の棘がないので、トゲナシケバエ科であることは確かですね。実は以前、これと似た種を調べていて、その時にはPlecia hadrosoma♀にたどり着きました。多分、同じ種だと思いますが、今日は捕獲したので、もう一度調べてみます。(追記2015/04/23:♀なのでちょっとはっきりしない部分もあるのですが、P. hadrosomaで間違いないと思います

イメージ 8

イメージ 9

上の写真は同じ個体ですが、オドリバエですね。検索をしてみたら、案の定、Ramphomyia属♀になりました。亜属の検索ができなくて、いつもここで止まってしまいます。

イメージ 10

これも採集してきたのですが、かなり変わった翅脈をしていました。たぶん、ハナアブ科ではないかなと思うのですが、種までは調べていません。(追記:ハイジマハナアブの仲間かな?)(追記:通りすがりさんから、「ハナアブはEumerus属ハイジマハナアブの仲間で当たってると思います。」というコメントをいただきました

イメージ 11

タマバエ科でしょうね。この日はかなりたくさんいました。

残りの虫はまた後で。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

3枚目のハチはマメコバチ(コツノツツハナバチ)に似てますね。
マメコバチそのものかは分かりませんが、その辺のハチですね。

ハナアブはEumerus属のハイジマハナアブの仲間で当たってると思います。
この仲間は見たこと無いなあ。 削除

2015/4/26(日) 午後 6:08 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

マメコバチですか。そう言われて図鑑を見ても、似ているのやいないのやらさっぱり分かりません。ハチの修行はまだまだこれからですね。

ハイジマハナアブでよさそうですか。ハナアブ写真集を丹念に見ていった甲斐がありました。私も見たのは初めてです。

2015/4/27(月) 午前 5:50 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事