廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第566弾

一昨日の「廊下のむし探検」の結果です。

イメージ 1

イメージ 17

廊下を歩いていたら、ラクダムシがいるのを見つけました。一昨年も昨年も見たので、このところ毎年見ていることになりますね。一昨年は4/24、昨年は5/14から3回ほど見ました。ちょうど今頃ですね。拡大するとゴツイ顔に見えますが、廊下ではどうも存在感がなく、か弱い感じです。風が吹くとすぐに飛ばされてしまうし、舞い上がったと思ったら天井の蜘蛛の巣に引っかかるし・・・。でも、肉食なんですよね。

イメージ 2

このようなカワゲラがいたら、以前ならヤマトフタツメカワゲラと言っていたのですが、フタツメカワゲラ族Neoperla属には現在10種記録されているようでそう単純ではないようです(詳細はこちら)。なお、フタツメは単眼が2つというところから来ているようです。

イメージ 3

体長2cmはあろうかと思われる大型のアリがいました。翅の脱落した後があるので、女王アリですね。初め、クロオオアリかと思ったのですが、ネットで調べると腹部の赤い種はムネアカオオアリとなっていました。クロオオアリと同じ位大きなアリのようです。

イメージ 4

こちらは雄アリでしょうね。先ほどのムネアカオオアリなのか、クロオオアリなのかよく分かりません。

イメージ 5

アメバチも多いですね。毎日のように見かけます。以前検索を行い、このように胸背に模様のない種はオオアメバチだと分かったのですが、毎回そうなのかどうかは分かりません。でも、一応、オオアメバチとしておきます。

イメージ 6

甲虫は全体に少なくなってきました。これはセンチコガネですね。

イメージ 7

翅が少し虹色に見えます。たぶん、ニジゴミムシダマシの仲間ですね。体長を測ってみると9.6mmもあるので、オオニジゴミムシダマシかなと思いましたが、確かではありません。(追記2015/07/24:触角からナガニジゴミムシダマシのようです

イメージ 8

翅に模様がなくなってしまっていますが、たぶん、いつもいるヒメマルカツオブシムシでしょうね。

イメージ 9

キイロナガツツハムシ

イメージ 10

それにナガハムシダマシらしい個体。甲虫はこれだけでした。

イメージ 11

カメムシもちょこちょこいました。これはケブカヒメヘリカメムシですね。

イメージ 12

それに、ホシハラビロヘリカメムシ

イメージ 13

それと、トビイロオオヒラタカメムシは2匹いました。

イメージ 14

これはカタビロクサビウンカですね。

イメージ 15

綺麗なハエトリですね。ミスジハエトリです。ハエトリグモは何となく愛嬌があって、嫌いなクモの中では好きな方です。

イメージ 16

クモもこうなると駄目ですね。天井にくっついていたのですが、ちょっと恐怖を感じました。大きいクモなので、名前はすぐに分かるかと思ったのですが、なぜか分かりませんでした。(追記:フッカーSさんから、これはキンイロエビグモ♂成体だと思うというコメントをいただきました。普段、成体を見かけないのは夜行性で人目につきにくいからだそうです。成体は脚が極めて長くなり、体色や斑紋の変化も多いので、図鑑とは違って見えることが多いそうです。キンイロエビグモにはハラジロ型とキンイロ型があるそうですが、これはキンイロ型のようです。詳しいご説明をどうも有難うございました

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

クモは難しいので参考程度で考えていただきたいのですが、自分の判断としてはおそらくキンイロエビグモのオスの成体だと思います。ふだん幼体を見ることは多いのですが、成体はなかなか見ないのは、5
〜6月頃に出る成体は夜行性で人目につきにくいのが大きいと思われます。成体は脚が極めて長くなるのですが、体の色や斑紋は変異が多く、図鑑とは違って見えることも少なくないです。大きく分けてキンイロ型とハラジロ型に分かれますが、ハラジロ型は体の中心が縦に白っぽくなるので、画像はたぶんキンイロ型だと思います。アサヒエビグモの成体にも似てますが、アサヒエビグモの体色はここまで暗くはならないはずです。同じキンイロ型でも、メスの場合は腹部背面に割とはっきりとした斑紋が出たりします。というわけで、100%そうだとは断言できませんが、「おそらく」キンイロエビグモのキンイロ型のオス成体だと思います。 削除

2015/5/6(水) 午前 1:23 [ フッカーS ] 返信する

顔アイコン

フッカーSさん、詳しい説明をどうも有難うございました。

キンイロエビグモはマンションの廊下でもよく見ます。小さくて可愛い感じだったのですが、あれは幼体だったのですね。成体がこんなにも大きくなんてまったく知りませんでした。天井を歩いていたのですが、遠くから見た時はアシダカグモの子供かなと思ったほどでした。写真を撮ってみると、意外に色がはっきりしているので、これはすぐに分かるだろうと高をくくっていたら、なかなか分からず悩んでいました。

クモは雄と雌で違っていて、成体と幼体で違っていて、さらには色の変異が多く、図鑑にはそれが網羅されていなくて、見てもよく分からないことの方が多いです。詳しい図鑑には見分け方が出ているのですが、もっぱら♂触肢と♀外雌器の絵や写真ばかりで、クモが苦手な私としては採集などとてもできず、どうしようもない状態です。当分、写真を見て悩まないといけないでしょうね。いろいろとどうも有難うございました。今後ともよろしくお願い致します。

2015/5/6(水) 午前 6:03 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事