廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第580弾

6月が近づいてくると、蛾の数がやはり増えてきましたね。一昨日の「廊下のむし探検」で見た蛾を紹介します。

イメージ 1

今日の最初はこの蛾からです。これはクワゴモドキシャチホコというシャチホコガ科の蛾です。「大図鑑」によると4-10月に出現しで年2回発生するようです。「廊下のむし探検」初登場ですが、だいぶ昔の7月と8月に採集していました。和名の由来は分かりませんが、「大図鑑」によると、カイコガ科にクワコというやはりクワを食べる蛾がいて、カイコの野生種だと言われいます。これに似ているからだと思いますが、同じカイコガ科にはオオクワゴモドキという蛾もいました。クワゴモドキシャチホコはクワではなくて、ヤナギやポプラを食するそうです。

イメージ 2

だいぶ鱗粉が取れてしまっているようですが、同じシャチホコガ科のウスイロギンモンシャチホコです。銀色の紋が光っていますが、以前、この光り方について実験をしたことがありました。光の当てる方向によって光り方がまったく変わってしまいます。詳細はこちら

イメージ 3

これはアカヒゲドクガです。ドクガという名前がついていますが、成虫も幼虫は毒を持っていません。脚を前に伸ばして止まるやり方はドクガっぽいですね。

イメージ 4

ヤガ科はいっぱいいたので、見た順に載せていきます。模様がはっきりしていますが、多分、オオバコヤガでしょう。

イメージ 5

ウンモンクチバとニセウンモンクチバという模様では区別のつかない種がいていつも困ってしまいます。後翅の色が暗いので、ウンモンクチバの方かなと思ったのですが、よく分かりません。

イメージ 6

地味な蛾で、木切れと本当によく似た格好をしています。モクメヨトウですね。「廊下のむし探検」初登場です。(追記:「標準図鑑」によると、以前はモクメヨトウと呼ばれていましたが、モンヤガ亜科に移動したためモクメヤガと和名を変更したとのことです

イメージ 7

似た種が多いので、一見するとよく分からないのですが、図鑑と模様を順に比較していくと違いが分かってきます。これはマダラツマキリヨトウだと思います。昨年も見ました。

イメージ 8

これはタイワンキシタアツバです。キシタというだけあって後翅の黄色いところがちらっと見えています。

イメージ 9

イメージ 10

前日も撮影したので、もう撮らなくてよかったのですが、この変わった形を見るとつい撮影したくなってしまいます。しかも前日と同じ方向から・・・。キクセダカモクメですね。

イメージ 11

これは何だか分かりませんが、たぶん、スジキリヨトウあたりかなと思います。

イメージ 12

ぱっと見でミツモンキンウワバにしたのですが、図鑑を見ると発生時期が7月以降となっています。もう少し検討したほうがよいかもしれません。

イメージ 13

それからクロクモヤガです。

イメージ 14

模様が消えてしまってはっきりとは分かりませんが、たぶん、テンクロアツバだと思います。

イメージ 15

イメージ 16

上の個体は間違いなくナミガタエダシャクですね。この蛾の特徴は前翅の後縁付近で外横線と中横線が接近するところです。ところが、2番めの写真は中横線が見えません。でも、外横線の曲がり方は同じなので、たぶん、同じ種でしょうね。

イメージ 17

鱗粉が大幅に脱落しています。こんなるとよく分かりませんが、ニセオレクギエダシャクあたりでしょうか。

イメージ 18

これは難問です。ナミシャク辺りで探したのですが、どうもぴったりくる種が見つかりません。

イメージ 19

アシベニカギバですね。南国的な色合いをしていますね。

イメージ 20

これはバラシロヒメハマキです。

イメージ 21

最後はヨツボシホソバの幼虫です。

20年ほど前まで蛾を集めていたので、蛾が増えてきても名前調べはそれほど苦痛ではありません。でも、甲虫が増えてくると大変です。最近ではハエも検索表で調べるようになったのでかなり大変になってきました。まぁ、ハエは無視すればよいか・・・。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事