廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

この間から、ハナムグリの名前を調べようと悪戦苦闘をしています。まだ、はっきり分かったわけではないのですが、とりあえずこれまでに分かった部分だけでもまとめてみようかと思って書いてみました。だから、怪しいぞ、怪しいぞと思いながら見てくださいね。

今回は3種のハナムグリを調べてみました。私のいい加減な同定では、シロテンハナムグリ、コアオハナムグリ、アオハナムグリの3種です。まず、ハナムグリの仲間かどうかから始めてみたいと思います。参考にしたのは次の図鑑です。

岡島秀治、荒谷邦雄監修、「日本産コガネムシ上科標準図鑑」 (学研、2012).

この図鑑はたいへん高価なのですが、値段に見合う価値のある図鑑だなと思いました。さて、その中のハナムグリ亜科の族への検索から始めてみました。この検索ではカナブンなどとハナムグリが分けられます。その部分の検索表を書くと次のようになります。

イメージ 1

3種のうちシロテンハナムグリかなと思われる個体について調べていきたいと思います。

イメージ 2

対象とするハナムグリはこんな個体です。体長は2.3cm。かなり大きなハナムグリです。これはたまたま以前捕まえてタトウの中に入れていました。検索表の①に関しては腹側から撮った次の写真を見てください。

イメージ 3

中脚の根元付近を撮ったものです。中央に奇妙な突起が見えますね。これが後から重要になります。とりあえずは左右の中基節がこの突起のために離れている点に注目します。従って、①'を選びます。

②は次の写真を見てください。

イメージ 4

前胸背板の後縁の角は鈍角になっています。また、そこから中央に向かって後縁は斜めに傾いています。これでカナブンを除外することができました。次は③ですが、この写真から判断できます。上翅の肩部で湾入が見られます。これにより本来は横からしか見えない中胸後側板が上からも見えることになります。これがハナムグリの一般的な特徴のようです。これでハナムグリ族になることが分かりました。

次は属への検索です。また、その部分の検索表を書いてみます。

イメージ 5

まず、④の中胸腹板突起は先程の突起のことです。この形が問題になっています。紡錘形か棒状ならばコアオハナムグリ属かハナムグリ属、うちわ状から横長の楕円形だとシロテンハナムグリ属かクロハナムグリ属ということになります。上の写真を見ると、うちわ状か横長の楕円形のように見えますので、後者の方になるかなと思いました。なお、この突起は後胸腹板についているように思えるのですが、なぜ、中胸腹板突起というのか分からず、悩んでしまいました。とりあえず、その問題を置いておき先に進みます。

⑥は前胸背板の後縁中央部が湾入していることで、上の写真を見るとすぐに分かります。また、後基節については次の写真を見てください。

イメージ 6

これは腹側からの全体像ですが、後基節はほとんど接しています。ということで、シロテンハナムグリ属になりました。さらに、進んでいきます。次は亜属への検索です。

イメージ 7

⑦と⑧はHeteroprotaetia亜属とTomentoprotaetia亜属を除外する項目で、ともにその通りなので次に進みます。⑨は♂についての項目です。このハナムグリが♂かどうかは分からないのですが、目的地であるシロテンハナムグリの説明を見ると、♂の前脚脛節の外歯第3歯は不明瞭という項目があります。その部分を見てみます。

イメージ 8

この写真を見ると、確かに不明瞭のようです。それで、仮に♂だと思って進んでいきます。⑨は腹側からの全体像を見ると分かりますが、腹部腹板の中央は平らになっています。それで⑨はOKということで、次の⑩に移ります。中脛節、後脛節の段刻というのは次の写真のことだと思います。

イメージ 9

これは後脚脛節を写したものですが、横から見ると段があります。2段目がわずかなのですが、一応、2段刻だとしますと、Calopotosia亜属かPseudocalopotosia亜属に至ります。日本産では、前者にはシロテンハナムグリほか1種、後者には1種だけが記録されています。しかし、シロテンハナムグリ以外は南西諸島だけに分布しているので、消去法からシロテンハナムグリになりました。

シロテンハナムグリの説明の載っているいくつかの特徴も調べてみました。例えば、「頭盾の前縁は明瞭に上反し、中央で深く湾曲」の特徴は上の写真でも読み取れます。さらに、「中胸腹板突起はうちわ状、前縁はゆるやかに弧を描き、表面の点刻は大きくてまばら」という点もまあまああっているようです。

イメージ 10

また、これから述べる種の特徴として出ててくるので、後脚跗節第1節の外角が尖らないという点も確認しておきました。

次はこの種です。

イメージ 11

見るからにコアオハナムグリのような感じですが、マンションの廊下で捕まえたものです。属への検索表で見ていきます。いくつかの写真をまとめたものを載せます。

イメージ 12

④の中胸腹板突起は図cを見てください。先ほどの種とだいぶ違っています。図鑑にはこれを紡錘状と書いてあるのですが、そうは見えません。次の⑤の後跗節第1節の外角が尖るかどうかは図bを見て下さい。先ほどの種とは異なりかなり突き出しています。ということで、コアオハナムグリ属になりました。この属にはコアオハナムグリとアオヒメハナムグリがいて、両方とも近畿地方には棲息するようです。あまり断言はできないのですが、体全体が毛で被われているので、たぶん、コアオハナムグリだろうなと思いました。なお、図dは頭盾を下から見たところです。中央に深い湾入があることが分かります。

イメージ 13

最後はこの種です。これは外で捕まえました。これも特徴をまとめてみました。

イメージ 14

中胸腹板突起は図cに載せてあります。うちわ状でもある感じなのですが、横長ではないので、たぶんこれを紡錘状というのだろうと思って④の方を選びました。後跗節第1節は図bを見ると分かりますが、外角は尖っていません。従って、ハナムグリ属ということになります。この属にはナミハナムグリとアオハナムグリという2種が近畿地方にも分布しています。

この2種の違いは以前も書きましたが、もう一度書くと、①毛がナミは密生するが、アオではまばら、②頭楯の前縁が縁取られて中央が湾入すればナミ、縁取られないとアオ、③前胸背板にやや強い点刻が密にあるとナミ、中央部はまばら、側縁では密なしわ状だとアオ、④上翅に2対の縦隆条があるとナミ、縦隆条が不明瞭だとアオ、⑤前脛節の第2外歯が中央近くだとナミ、第1外歯に近いとアオ、などの違いがあるようです。全般的な特徴はアオハナムグリに似ているような感じですが、図dを見ると、頭楯の前縁が縁取られているような感じもします。また、図aの外歯の第2外歯はやや第1外歯に近い感じですが、これもやや微妙です。

ということで種まで行くとどれも怪しいのですが、ポイントとなる特徴は掴めたのかなと思っています。たぶん、違っているところが多いと思いますので、ご存知の方はお知恵をお貸しください。

追記:F.Yさんから、「大きさでほぼ二つに分かれます。コアオとアオヒメ、ナミハナとアオハナ。前者はちいさめで、ひっくり返すと腹の部分がコアオは黒、アオヒメは赤で区別がつきます。後者の差は体毛の違いと頭楯のかたちの違いですかね。この2種はわかりづらいかもしれません。4種の中でコアオだけは腹の部分が黒いと思いましたが…。アオヒメは地元の関東には分布していないので区別は、そんな感じでコアオだけは簡単に判別できます。というわけで、上のものはコアオ、下のものはアオハナに見えます。どうでしょうか?」というコメントをいただきました。予想とあっていたので、ほっとしました。どうも有難うございました

追記:コアオとアオハナらしい個体の腹部の写真を撮ってみました。

イメージ 15

左側はコアオ、右側はアオハナです。アオハナの腹部は銅色であるのに対して、コアオの方は真っ黒でした

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

似たような種類でコアオハナムグリ、ナミハナムグリ、アオハナムグリと3種+アオヒメハナムグリといますが、上から見るとわかりづらいですね。ただ、大きさでほぼ二つに分かれます。コアオとアオヒメ、ナミハナとアオハナ。前者はちいさめで、ひっくり返すと腹の部分がコアオは黒、アオヒメは赤で区別がつきます。後者の差は体毛の違いと頭楯のかたちの違いですかね。この2種はわかりづらいかもしれません。4種の中でコアオだけは腹の部分が黒いと思いましたが…アオヒメは地元の関東には分布していないので区別は、そんな感じでコアオだけは簡単に判別できます。というわけで、上のものはコアオ、下のものはアオハナに見えます。どうでしょうか?

2015/5/19(火) 午後 1:27 [ F.Y ] 返信する

顔アイコン

確かに、コアオの腹が黒いことは図鑑にも書いてありました。この間から捕まえているコアオらしい個体を見てみたら、皆、黒くて、ちょっと嬉しくなりました。早速、写真を撮ってブログに載せておきます。

ナミハナとアオハナの違いについてはまだよく分かりません。もう少し捕まえてきて調べてみたいと思います。甲虫はなかなか難しくて困っていました。詳しく教えて頂き、どうも有難うございました。これからもよろしくお願い致します。

2015/5/19(火) 午後 1:54 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事