廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第590弾

今日は朝から、以前、採集した甲虫の同定をしていました。でも、とうとうギブアップです。

イメージ 1

こんなに綺麗なコガネです。全体が銅色でぴかぴか光っています。早速、先日買ったばかりの「日本産コガネムシ上科標準図鑑」の検索表で調べてみました。まず、ダイコクコガネのような食糞性コガネではないので、食葉性コガネの検索表で検索してみると、スジコガネ亜科になります。次の属への検索表では順調に進んでいけるのですが、一か所だけ♂についての形質を問う項目があって、そこで、つまづきます。これは多分♀の方なので・・・。やむを得ず両方の道を進むことになりますが、このあたりから雲行きがだいぶ怪しくなります。

一方の道を進み、中胸腹板突起はあるので、スジコガネ属ではないことは確かそうです。でも、コガネムシ属の「前胸腹板突起を中基節の間にもつ」と、ナラノチャイロコガネ属の「中胸腹板は基部で分かれる」という項目の内容が分かりません。後者については、スジコガネ亜科の各部の名称の図と突き合わせてみると、中胸腹板は中脚の上側にあるのに、ナラノチャイロコガネの図を見ると、後胸腹板の位置で「基部で2分割され、中央部におおきなくぼみができる」と説明がなされています。さっぱり分かりませんねぇ。でも、たぶん、ナラノチャイロコガネなのかなと思って、説明と見比べてみると、随所に引っかかる場所が出てきました。やはり、これはナラノチャイロコガネではなくて、ウスチャコガネあたりだろうかと思ったりして、そちらも調べてみたのですが、こちらもはっきりしません。この辺りでギブアップです。

イメージ 2

ハナムグリ4種の中ではコアオハナムグリだけが腹部が黒いと、先日、教えていただいたので、とりあえずひっくり返してみました。ひっくり返すと腹部の色も中胸腹板突起の形もよく見えますね。で、これは間違いなくコアオハナムグリですね。

イメージ 3

イメージ 4

片端からひっくり返してみました。皆、黒いです。ということはどれもコアオハナムグリでよさそうです。もちろん、ひっくり返した後はもとに戻してあげていますよ。

イメージ 5

これは死んでいたのですが、これも採集してきました。中胸腹板突起がないのは確かなので、スジコガネ属ですね。種の検索はあまり確かではないのですが、たぶん、ヒラタアオコガネかなと思っています。

イメージ 6

ゴミムシの仲間は調べていません。さて、何でしょう。

イメージ 7

イメージ 8

この手のコメツキもひっくり返すことにしています。で、間違いなくアカハラクロコメツキでした。こちらは写真を撮る間もなくもとに戻ってしまいます。

イメージ 9

これはシモフリコメツキの仲間でしょうね。

イメージ 10

これはよく分かりません。

イメージ 11

これもコメツキのようですが、たぶん、オオクロホソナガクチキでしょうね。

イメージ 12

イメージ 13

両方とも何度か見ていて、上はリンゴコフキハムシ、下はケブカクロナガハムシとしていたのですが、あまり当てにはなりません。

これでようやく21日に観察した分が終わりました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事