廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

先日来、ささきさんにカクモンヒトリ、スジモンヒトリ、セスジヒトリの詳しい説明をしていただいたので、少し勉強のために手元にある標本で違いを確かめてみました。まず、それぞれの生態写真です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

かなり古い写真もあるので見づらいと思いますが、ご容赦ください。斑紋に若干違いがありますが、全体的には似ていることが分かりますね。

この3種の違いについて、「日本産蛾類標準図鑑」と「日本産蛾類大図鑑」で調べてみると次表のようになります。

イメージ 4

いずれもあまり詳しくは書いていないのですが、スジモンは前翅前縁基部に黒条があること、セスジは胸背に黒色縦線があること、カクモンは♂♀で翅の色が違い、また、♂の触角に長い櫛歯があることなどが書いてありました。手元の標本でこの辺りを確かめてみたいなと思ったのですが、残念ながらセスジの標本がありません。それで、とりあえず、標本のあるカクモン♂とスジモン♂を較べてみます。

イメージ 5

イメージ 6

カクモンの翅の色は黄色で、前翅前縁に近い部分に黒紋があります(矢印)。ささきさんの言われるように黒紋はやや大きく、周辺がぼけたような感じになっています。また、この個体にはセスジのように胸背に黒色縦線があります(矢印)。一方、スジモンはカクモンに比べると色が赤っぽく、明らかに翅の細長いことが分かります。また、前翅前縁基部に黒条があります(矢印)。この両者の触角も比較してみます。

イメージ 7

上がカクモン、下がスジモンですが、「大図鑑」に書かれているように、カクモンの触角には恐ろしく長い櫛歯があります。よくみると、この櫛歯の先端にさらに細い毛がでて、また、横にも細い毛がたくさん生えて全体に網目のようになっています。これに比べて、スジモンの櫛歯は短いですね。でも、細い毛はいっぱい生えています。

次に♀を比較したかったのですが、あいにく、スジモン♀の標本がありませんでした。その代わり、カクモン♀だと思っていた個体に2種類あることが分かりました。

イメージ 8

イメージ 9

仮にこれをカクモンAとカクモンBということにしておきます。翅の色から言えば、図鑑に書かれている説明とはカクモンBの方が合っているような気がします。斑紋は個体変異が大きいということで気にしないとすれば、翅の色だけでなく腹端の色も違います。ちょっと触角を見てみます。

イメージ 10

これは触角を外側からほぼ同じ向きで見たところです。ともに鋸歯状なのですが、カクモンAは鋸歯が太く短い感じです。鋸歯には鱗粉が横向けについているので、余計に太く感じます。一方、カクモンBの鋸歯は細くて尖っていて、また、その手前に白い鱗粉列があります。このように若干の違いがあるので、カクモンだと思っていたのですが、どちらかが別種なのかもしれません。そう思って図鑑を見てみたのですが、該当する種が見当たらなくって・・・。個体変異の範囲なのかなぁ。(追記:「標準図鑑」を見直していたら、カクモンAはスジモンに似ている感じです。スジモンにも黒条のないものがあるみたいですね(2-026-15)。キバネモンにも少し似ているような

追記:ささきさんから、「カクモンヒトリA♀はご指摘のとおりスジモンですね。腹部の先端にもご注目ください。カクモンの♀の腹部先端はまるでドクガのようです。なぜなんでしょうね? ちなみにキバネモンヒトリの場合は前翅の幅が広く、展翅標本ではカクモンのような四角い感じになります。大きさはカクモンとスジモンの中間ぐらい。北方系の種で、近畿には分布していないと思います。」というコメントをいただきました。いつも詳しい説明をしていただき、大変有り難うございます。勉強になります

標本が十分揃っていないのですが、雰囲気は少しだけ分かったような気がします。いずれにしても、3種の♂♀の標本が欲しくなってしまいました。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

カクモンヒトリA♀はご指摘のとおりスジモンですね。腹部の先端にもご注目ください。カクモンの♀の腹部先端はまるでドクガのようです。なぜなんでしょうね? ちなみにキバネモンヒトリの場合は前翅の幅が広く、展翅標本ではカクモンのような四角い感じになります。大きさはカクモンとスジモンの中間ぐらい。北方系の種で、近畿には分布していないと思います。 削除

2015/5/29(金) 午前 7:07 [ ささき ] 返信する

顔アイコン

ささきさん、コメントを有難うございました。

やはりこれはスジモンですか。だとすると、前翅前縁基部の黒条だけを頼りにしないで、総合的に判断しないと駄目ですね。なかなか難しい。

確かにカクモン♀の腹部先端はかなり特徴的な形をしています。図鑑を見てもみなこんな格好をしているので、見分けるのに役立ちそうです。こうしてみるとやはり生態写真だけでなく標本を作っておくというのは重要なことですね。最近は、対象を虫全体に広げてしまったので、標本作りはやめようと思っていたのですけど・・・。

2015/5/30(土) 午前 5:32 [ 廊下のむし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事